2017年05月17日

4枚の花びらがモチーフ


日中は暑いくらいになってきました名古屋です
フランスでも一部で急激に日差しが戻り、30度近くになる地域もあるようです。
うーん、まだ何とも言えませんが、2017年頑張って欲しい


今日は新発売のシャンパーニュをご紹介します

BA12E0DF-B534-4D57-BEDC-22FB217EBEE1.jpg

JMラブリュイエール プロローグNV

先月末に醸造家のナディーヌ・ギュブランさんが来日してくれた際に初お披露目になったシャンパーニュです

D7FD43C4-856D-43AA-B5F7-01331E04C5A4.jpg

発売元はブルゴーニュのジャック・プリウール

9A540A72-7439-4FCB-9651-A1C262D5CCB5.jpg

シャンパーニュは本日、ようやく初入荷となりました

37DF8BFE-5644-41AC-B3D0-D9E3402A3AC0.jpg

赤と黒のアクセントがいい感じです✨

共同経営者のラブリュイエールの名前が付けられたこのシャンパーニュは、
ヴェルズネイのレコルタンの畑を買収し2012年から始まった新しい銘柄です
(JMは創業者のジャン・マリーさんの頭文字、元はマコンのワイナリーです)

メゾンの最も基本となる今日のプロローグは、ピノノワール70%、シャルドネ30%で3年熟成。
12年のワインをベースに11年をブレンドしています。
ドサージュは僅かに4.8gです。
一番搾りのキュヴェのみ使用、プルミエタイユ以下は売却。

2016年デゴルジュマン、その後半年寝かせて出荷されました

非常に香ばしく、既に十分円熟しているピノノワールのコクを感じます
今飲んで、すごく美味しいですよ
流石の出来栄えだわ

てんちょ、こういうの大好きです
ピノノワールのシャンパーニュが好きな方に、是非お試しいただきたいです

初回入荷分は全て完売、ミツクラにも割り当てとなりました

モンターニュ・ド・ランスと言うと、この頃はブジーアンボネイばかり登場してるような気もしますが、
ヴェルズネイもいい畑が沢山あります
面積がまーまー広いのでどこの斜面に区画を持つかは重要ですが。

集落は他のシャンパーニュの村と同じく非常に小さくて、あっという間に通り抜けられてしまう程ですが、
北側の丘の上にマムの風車があって、遠くからでもよく見えます
これがヴェルズネイの目印です。

蔵には今のところあと二つ、ロゼとブランドブランがあります
どちらもノンヴィンテージですが、てんちょ、プロローグしか試しておりません。
一度揃えて飲んでみたいわ〜

ジャック・プリウールは超有名・人気ドメーヌですが、昨今の品薄&高騰でここもとにかく物がない
という事で、商品を補うために始められたネゴシアン部門ですが、それと並行してシャンパーニュへも進出したというワケです。

ナディーヌさんのお話にもありましたが、ブルゴーニュのドメーヌがシャンパーニュに進出するのはたやすい事ではありません
長い歴史の中でし烈なライバル競争を繰り広げてきた両地域には、やっぱり「あそこにだけは負けたくない」という意地がお互いあるようです…

…甲子園の真ん前に読売の合宿所はマズいよねぇ、って事です

そういう点からも「ラッキーだった」というレコルタン買収ですが、今後が楽しみです
あなたも飲んでみませんか〜









posted by cave MITSUKURA at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする