2017年08月12日

イタリアンで久々感動


昨日の夕方の豪雨には参りました
ほんの30分程度でしたが、ミツクラのある伏見も土砂降りでした…
極端な天候変化は怖いですねぇ

昨夜は仕事を早く上がらせてもらって、珍しくイタリアンに行きました

普段、自分が(個人的に)行く場所など書かないのですが、気まぐれで紹介します。

てんちょがイタリアン褒めてるの珍しいでしょ💦
しかも、写真撮ったんだよ✌️😘

行ったのは池下のヴィノテカ・オオサワさん
http://vinoteca-osawa.com/

非常によかったです

アミューズは、
愛知県産トウモロコシのパンナコッタ、ウンブリア産サマートリュフのせ ↓

B8F9E807-4C26-43BA-A673-BF58579456D3.jpg

てんちょ、サマートリュフがあんまり好きじゃありませんでした
香りが少ないし、調理するとぼそぼそしちゃうも物が多いから。

でも、このサマートリュフは非常に良い香りでした
トリュフーって香りがして、下層のトウモロコシと一緒に食べても、香りがずーんと出て来て美味しい。

 06F50E69-FF4B-41DB-9C66-834C0FAB4D54.jpg
自家製パンもどれも美味しいです✨

続いて、前菜その1 
豊川産スズキのカルパチョ 野菜のソースとオレンジパウダー ↓

394A81D3-1769-4ED8-BBDC-E88F9A7AED71.jpg

このスズキも美味しかったです
色んな理由で、スズキが料理屋で美味しい事は非常に稀なのですが、数少ない例外(← 暴言?)

そして前菜2
イタリアのどこかの女性シェフ(だったかな)のスペシャリテ
茄子とトマトのテリーヌ モッツァレラとバジルペースト ↓

4A29C9DF-CC50-41A8-B87E-1ABC119AB466.jpg

茄子が繊細に溶け込んでいます

魚料理
イワシのベッカフィーコ ↓

29E0D792-90C8-4212-820F-D279A620FCEE.jpg

シチリアの郷土料理です。
肉厚のイワシと中に巻いてあるレーズンや松の実まで調和して、ヴェルナッチャにとても合いました

パスタ
ブジアーテ(シチリアのパスタ) 長崎のタコとローストパン粉 浜名湖の青海苔 ↓

091BEB39-6A5D-45CF-ABCD-E88829E1A44E.jpg

これ、最高に美味しかった
パスタがあんまり好きじゃないてんちょ(珍しいでしょ)ですが、このタコと青海苔は気に入ったわ
香りも味も上手く調和してて磯臭くないし、生パスタの湯で加減も良くて、ワインとも相性ぱっちし。
タコがひき肉みたいな食感で、それも咀嚼の回数が増えて旨みが増したなぁ

因みにシェフ曰く、イタリア南部や島ではオイルでローストしたパン粉を「貧乏人のチーズ」と言っていたそうです💦
確かに小麦粉とオイルでチーズっぽくなるかも

てんちょ、焼いたパン粉が嫌いなんですが(揚げてあるのはOK)、このくらいオイルがしっかりかかってれば大丈夫です。
そしてごく少量なので、そもそもそんなに存在を感じません。

メイン
国産牛のサガリ じゃがいものピュレ イチジク  レバーのペースト ↓

4A5E8D73-A379-467D-8CC2-5271F4907653.jpg

レバーペーストをお肉と一緒に食べて欲しい、との事で。
シェフの言った通りフォアグラみたいなコクが出て、赤身の肉肉しさが一層引き立って旨みも増えた
アクセントにたまにディジョンマスタードを付けて、最後まで飽きずに食べきれたました

デザート
クレーム・カラメーラ ↓

AFFD43C7-E3B9-40F8-BBAA-05E22429D5D0.jpg

要するにプリンですが、ほぼ卵黄だけの超濃厚な味
じっくり焼いて火を通してあります。カラメルも香ばしい。

一緒にオリーブ茶。オリーブの派手作ったお茶です。
写真ないけど、香りは杜仲茶の極薄い感じ(かなぁ)
味わいは極めて穏やか。

イタリアン、久しぶりに行きました
そして、すんごい良かったー
最後まで失速せずに、ちょうどいい配分で食べきれました。

ワインも飲みましたが、4人で2本(だけ) ↓

E0D62B1D-9910-4334-BA97-3D2641E7F31B.jpg

ワイン会やってもいいそうです
てんちょ、待望のラザニアが食べられるかも
やったー‼️

やろう、絶対やろう
って事で、今からネタのワイン探すわ

皆さんもヴィノテカ・オオサワさん、行ってみてくださいね〜
予約必要ですよ


















posted by cave MITSUKURA at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする