2018年04月07日

マルケ州って分かりますか


今朝は寒いです
空気が冷たくて、コート着たいくらいです。


てんちょ、読みたいを手に入れたんですが…
これが予想以上にぺージ数があった💦 厚みが10センチくらいあるなぁ
と言う事で、寝転んで読めないので座って読むしかない。

それはワイン関連の本ではありませんが、フランスで買ってきたワイン関係の本もデカい&重いので容易に開けない
そうすると段々読まなくなる… という勿体ない状態に結構陥ります。
たまには読むか。


では、今日のワインを紹介します
今日のはイタリアの白ワインです。
70BC92B4-DA2E-4BEE-A86E-3093F3125CC4.jpg

12278F9E-1DA9-4041-944E-F900534E324F.jpg

ウマニ・ロンキ トレッビアーノ・ダブルッツォ モンティパガーノ2014

緑色が好き

トレッビアーノはイタリアで最も栽培されているブドウ…と思いきや、
2018年の教本によると一番はカタラット・ビアンコですね(2010年の統計)
カタラットはシチリアで栽培されているブドウです、マルサラの原料にもなっています

で、2番目がトレッビアーノです

DOCからテーブルワインまで広く利用されています。
が、どうしても大量生産=安くてイマイチ、なイメージもあるんですよねぇ
実際に、感動したトレッビアーノって極々僅か、しかもブレンドだったりするので

今日のトレッビアーノは、その点、大変優秀です
生産者はマルケの一等賞、ウマニ・ロンキですから

ウマニ・ロンキは1955年創業、南部は後発のワイン産地なのですが、その中ではいち早く畑の管理、醸造設備の最新化に取り組み、マルケ州の赤ワインとして初めてインターナショナルワインチャレンジで3部門最優秀賞を受賞したり、ヴェロネロリ、ガンベロ・ロッソでも沢山の受賞歴を作りました

当時、マルケ州のワインはテーブルには馴染みがあっても高級品は皆無、世界で通用するようなワインだとは思われていませんでした…
それをこのウマニ・ロンキの受賞によって、一気に注目を集めた、という訳です

てんちょ、4年前に行ってきました
ずーっと前にも載せましたが同じ写真使います。

アッシジから遠かった…
朝7時に出発して4時間以上バスに乗ってたと思う。
一瞬だけアドリア海見ました。

この日は寒くて(10月)、社長のミケーレさんはダウンベスト着てました ↓

326581D7-A83E-4A1F-8DAF-8FDC90E75755.jpg


畑も行ったけど、お天気よくない ↓

5D757256-BE3F-4744-8133-93807A9E243B.jpg8DAFF3BD-1041-4878-ABFC-3C41D61D45DF.jpg

斜面を掘って作られたセラーは湿度管理の為に壁には多孔のレンガを仕様 ↓

45062A4D-F405-4FBD-9486-30B9FB43D66E.jpg

このレンガに水を撒くと湿度を調整してくれる訳です

綺麗なセラーです ↓

B4216122-38B0-411E-AA5F-A121491CA7B3.jpg

試飲も沢山させてくれました ↓

C8131892-DFD7-43E1-915D-5B95616D3367.jpg

が、何が嬉しかったと言って、魚料理がやっと食べられた事に一同狂喜乱舞

7D107B5A-B299-484E-B21E-AD765FBA354A.jpg9682DD7E-0F06-49A9-8B02-49EA6C8C771B.jpgEE8C7FF3-D010-4035-BAC1-30093E175FC7.jpg

ずーっと、肉肉肉の連続だったので、魚が嬉しかった
すんごい美味しい料理でした。

ワイナリーの隣にあるレストランで、以前はウマニ・ロンキが経営してたそうですが、行った当時は既に他社の経営に移行してました。

ウマニ・ロンキは赤も白も素晴らしいワインばっかりです
白だと、今日のトレッビアーノよりもこちらの方が有名でしょうか ↓

レ・ブスケ.jpg

ウマニ・ロンキ レ・ブスケ

IGTのマルケ・ビアンコです。
ヴェルディッキオとシャルドネ、爽やかな辛口ですがコクもあって香りが非常に華やか

で、今日のトレッビアーノですが、こちらは全て有機栽培のブドウを使用しています
ワイン自体もオーガニックの認証を取得。

畑はアブルッツォにあります(だからアブルッツォのDOCなんですけど)
レ・ブスケよりももっとさっぱり軽やかな辛口で、多くの魚介料理に良い相性です
あっさりですが余韻もちゃんとあって、料理の邪魔しないけど存在感もある、良いバランスです

暑くなってくるとこういうワインが一層美味しくなりますね〜
ランチに飲んでもいいと思う

先月の試飲会のブラインドで使ってみたけど、結構正解者多かったですね
とってもお手頃な値段ですので、イタリアの定番白って事で飲んでみてくださいね〜










posted by cave MITSUKURA at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする