2018年04月18日

信頼の証


曜日の感覚がいまいちな近頃。

てんちょは今日が木曜の様な気がします、が、水曜だ
まだ今週は仕事しないと。 ← 別に土日休みじゃないけど💦



皆様、このシールを見た事ありますか?? ↓

banniereSiteCGA.jpg

ワインボトルに貼ってあったり、チーズやオリーブオイル、その他いろいろな農産物にも付いています

…このワカメみたいなのは何の葉かなぁ、カンヌ映画祭みたいなパームじゃなさそうだし💦


これは、パリ国際農業見本市(Salon international de l'agriculture à Paris)の中のコンクールのメダルです
見本市はSIAと略されていますね。
コンクールだけを指すときはCGAと言われます、が、これは必ずSIAで行われるんでどっちでも通じますけど。

日本語だと、サロン・ド・アグリって言ってる方が多いでしょうか

concours general aglicoeと上部に書かれています。
これを略してCGAです。


賞は3ランクあって、
Madaille d'Orが金賞で最高栄誉、
それにArgent銀賞
Bronze銅賞と続きます。

このコンクール見本市はかなりの巨大規模で、だいたい毎年2月にパリ郊外のヴェルサイユで10日くらい開催されています

会場には生きた牛や羊から、ロバ、ヤギ、家禽(家畜の鳥の事)、何故か犬まで、フランスでトップクラスの家畜が勢ぞろいしています
家畜2000頭、生産者1800とか、参加してますから、そりゃもー想像しただけで凄い

更に、農産物であるバター、チーズ、オリーヴオイル、ジャム、ハム、そして花などの園芸も展示があり、この部門にはフランス以外からの出展もありますので、ワインだけを取ってももんのすごい数になっている訳です

パビリオンいくつもあって迷子になっちゃいますよ…
とても一日では回れません

行ってみたいけど、てんちょ、行った事ありません。
結構入場料が高いんです、しかも中で飲食するともっとかかります(大体70~100ユーロだって)

このコンクールが行われているのは由緒正しい見本市で、18世紀に始まった家畜品評会を受け継ぎ1870年にパリでCGAが開催され、これを元に現在のSIAの形になっていきました
第一回目のSIAは1964年ですが、年を追う毎に新しい部門が加わり、当初は農業従事者を対象にしていたのですが、
現在では一般消費者を対象にセミナーなど啓もう活動が盛んに行われています。

主催はCENECA(Centre National des Expositions et Concours Agricole)という団体です。
が、運営団体は他にもあって、この辺は大人の事情が面倒そうだなぁ ← 偏見?

これ行ってみっちり勉強したら、さぞかし有意義で疲れるだろーなー

と言う通り、

この見本市はフランス国内のみならず農業関係者には非常に重要なもので、ここでの受賞はその後の評価、商品の売れ行きにも大いに影響するんです
なので出品者の本気度は高い。

ワイン関係には星の数ほどの品評会がありますけど、このコンクールの賞は昔から信頼できますね

「金賞受賞」と言ってもどんなコンクールかが重要です。
何でもかんでも「金賞」だからいいって訳じゃないんです

しかし、今日のコンクールは違います。
特に金賞(もちろん1つではありませんよ)取ってるワインは、知らなくても安心して試せるように思います

このシール、覚えておいてくださいね〜


てんちょ、昨年にブルゴーニュ行った時も、スーパーで部屋飲みワインを買う時には、

日本で売っていない銘柄
低価格

の物を探しましたが、この金賞シールがあるワインばっかり選びました

これなんて、スーパーで1000円以下でしたが、フレッシュベリーの香りと綺麗な酸味でシェーブルチーズによく合いました ↓

IMG_6446.JPG

クリュボジョレーです。
他にも安くても当たりでした




ようやくワインの紹介です

IMG_7163.jpg

IMG_7164.jpg

シャトー・フォンガバン2011


ボルドーの赤ワインです。
AOCはカスティヨン・コート・ド・ボルドー
(昔はコート・ド・カスティヨンって言ってましたが法改正で今の名称になりました)

右岸でサンテミリオンの上流にある地区です
右岸上流の典型的な石灰粘土質の土壌で、メルロー90%、フラン10%です。

てんちょ、飲んだ事ありません。
でも、信頼できる営業さんが勧めてくれたのと、CGAで金賞取ってるので迷わず買いました

しかも、値段が税込み1580円だ
素晴らしー

来歴保証があるので安心、古いヴィンテージでもないのでリスクありません。

このワインはラベルに予め印刷されてますね ↓

IMG_7165.jpg


メルローの勉強にも良いですね
まだ沢山あるので、お試しください。

















posted by cave MITSUKURA at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする