2019年02月18日

幸せのセニョリータ


最低気温がも少し上がってくれたらいいのになー
快晴の名古屋です。


イベントページに「シャトー・シャロン会」のご案内を載せました
興味ある方、ご参加くださいませ

57FD6FCF-0743-4DD2-B1BE-BDA9347C7700.jpg

ヴァン・ジョーヌ及びシャトー・シャロンの解説は過去のブログをご覧ください、予習できます ↓
http://cave-mitsukura.seesaa.net/archives/201805-1.html

620だし、10名にしておこうかなぁ…



では、今日はイタリアワインを紹介します
ラベルが素敵なので、それも人気に一因ですね

C153B320-E6AC-400A-9E36-C8E1E85F47F1.jpg

DC4CBB6A-179D-44EB-BBAD-E167B83644F3.jpg

ドンナ・フガータ プリオ2016

ドンナフガータは有名ですね、イタリアのシチリア島のワイナリーで、283haものブドウ畑を持つ大会社です

現在で5代目になるこのワイナリー、名前の由来は「山猫」から。

ビスコンティの映画、もう一度みたいな〜
アラン・ドロンのタンクレディ伯爵がかっこよかったけど、バードランカスターのサリーナ侯爵も渋い。
DVDあるかな

今日のプリオはカタラット100%の白ワイン。
シチリアの土着品であるカタラットには亜種が沢山あり、このワインにはルーシドと呼ばれる種が使われています。

プリオとはシチリア方言で「幸せ」の意味なんだそうです
2014年に初リリースの新しいワインです

HPもラベル同様にかわいいです ↓
https://www.donnafugata.it/en/

沢山の畑を所有するドンナフガータですが、今日のプリオはコンテッサ・エンテリーナの畑からとれるブドウを使っています。
こんな畑 ↓

ドンナフガータ2.jpg
HPより、以下同様

ドンナフガータ.jpg
収穫風景

パイナップルレモンの香りを持つ爽やかワイン、もちろん辛口です
夏向きかもしれませんけど、春先にふさわしい華やかなアロマが楽しめそうです

熟成の短いフレッシュワインなので、綺麗な酸に期待したいです

27日の試飲会に出しますね〜
あと3名くらいは入れます










posted by cave MITSUKURA at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする