2019年02月25日

二人姉妹の畑・解明


てんちょ、感激です

ブルーノ・コランさんにダモワゼルの畑の件でメールしたら、すぐ返事くれました
ありがとー、嬉しいよぉ

ネットが繋がって便利になっても使わない方もいますし、返事来ないこともまま、ありますのでとてもよかったです

ダモワゼルの所有者は、今4人だそうです(4社というべきか)

ブルーノ・コラン(弟)
フィリップ・コラン(兄)  ←この二人は両親からの継承です
シャトー・ド・シャサーニュモンラッシェ← いつの間に
聖アドボン社? ← SCIですが教会などの団体かなぁ、ここがアミオにメタイヤージュしてるそうです

へー、そうだったのね

所有者が言うんだから間違いないね
大変ありがたく思っております。




今日は午後から業界向けの試飲会に行ってきました

 8E8E1874-1F91-406D-B89F-A133A35D95B3.jpg

知ってるワインの確認、新しいワインのテイスティング、とても有意義でした
買ってみたいワインもあったので、また来たら紹介します。

ラングドックのワインが欲しいなと思いましたよ

449AC02D-2F15-4818-A506-0158CF127A74.jpg

コルビエールの赤です

プロヴァンスラングドックがごっちゃになってる方が多いかもしれませんが、ラングドックは広大な産地でその中に細かい産地を内包しています
(コルビエールはラングドック)

しかも、その詳細産地がくっついていないので、バラバラなイメージでなんか統一感がないというか理解が進まないというか…

ラングドックって非常に沢山のAOCがありますが,全部言えなさそうだわ
補助産地を併記で来たり、似たアぺラシオンもあるので特にややこしいかも。
(因みに、IGPもどっさりあります)

個別のAOCを勉強したい方はこちらをどうぞ ↓
https://www.languedoc-wines.com/en/languedoc-decouverte/les-aoc-du-languedoc

ラングドックワイン委員会、日本語ないですが

ピクサンルー
ミネルヴォワは特に最近よくなっていると思います

南イタリアのプーリア州のようにけん引してる蔵がありますし。
昔からサンシニアンも好きです

ラングドックにこだわるのは、カスレが好きなのでカスレに合わせるワインが欲しいんですよねー

カスレというのは南仏の伝統料理で、豆や野菜とソーセージ、豚肉などを煮込んだシチューをオーブンで焼いて食べる物です。
冬の料理ですけど、中々食べられるお店がないのですよねぇ。
1軒、リクエストしてあるので食べたら報告します。






posted by cave MITSUKURA at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする