2019年06月06日

さよならコルマール


初日のトラブルで書けてませんでしたが、

日本で留守番してくれてる二人のスタッフにとても感謝してます‼️❤️
安心して出かけられます⭐️

ありがとう。


さて、今日でアルザスともお別れです🚗
アルザスとてもいい所ですね、もっと滞在したいです🇫🇷

昨日はようやく、念願のシュークルートを食べました✨

673F1DE4-9931-41E8-AFFA-C0C31DCABDD6.jpg
二人でシェアしてちょうどいいです。

9F8A3E7D-D88B-49E1-B11A-9229524CFA1E.jpg


旬のホワイトアスパラもシェア。
茹で加減は最高でした⭐️

お宿のブラッスリーです  ↓

E4E3282B-B344-4459-B136-9F5177A4CB96.jpg

CB7FA45A-1BB0-456F-A80E-2B05B56A7B15.jpg
↑  部屋からの眺め


中庭がブラッスリー

二人でアペのクレマンをグラスで飲んでから、
ボトルを3本も飲んでしまいました

…実はその前にも別のお店で飲んでたんですけどね💧

調子出てきたかな😘

広い部屋、素敵な家具、バスタブと揃って素晴らしい宿でした🌸

7B0A5EB5-1727-4D61-B6AC-F42748CEC150.jpg

そして珍しく朝食付きでした  ↓

D45F4809-FD29-4E8D-A419-F83285918FCF.jpg
朝からチーズ食べたら飲みたくなっちゃうじゃん
(運転あるので飲みませんよ)

794C52A5-F47E-45AE-8202-03472DA48F57.jpg

00F61121-40CC-4CFA-9B16-9370A8901181.jpg

昨日まで、二日連続で30度超えの真夏でした。
日傘がなかったら私、気が狂ってたと思います💦

今日は曇りで涼しいです。
明日のランスはどうも雨みたいです☂️6月だ仕方ないですね

posted by cave MITSUKURA at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴァインバック訪問


昨日はとても有意義な一日でした⭐️✨

午後からは名門ヴァインバックへ行きました🚗

A1B3416B-1F0C-4437-A4B1-348BDD0AA740.jpg

特級シュロスベルクの真ん前にドメーヌがあります‼️
そしてもちろん所有する区間も真ん中(とあと何箇所か)です。

建物はカプチン修道会に由来する、由緒ある物で、その周りにあるブドウ畑も修道院の所有でした。

8C4925A0-0C77-4C6F-B6E6-0C4103F7D556.jpg
塀で囲われてる区画はアルザスで初めて見ましたね✨

…正直に言って、午前中のマルセルダイスでかなり精力を使い果したせいか、ヴァインバックでは写真があんまりないのです🌀♠️

…我ながら情け無い💦

BEF06D73-D150-4F6C-84E5-C3F47DDC7FA7.jpg
↑ 案内してくれた息子のエディさん

AA05B63E-D0F3-409F-8F73-E5FC0F585CA7.jpg

ただ今、新しい醸造所を建設中だそうです。

EBCB47C0-90E4-4003-B29D-973FD687E434.jpg
↑ 素敵なテイスティングルーム

ファレール家のマダムと息子のエディさん、あと日本人のスタッフの岩崎さんがいらっしゃいまして、試飲とドメーヌのお話を聞かせていただきました🍷

CB4B3914-7F4A-4679-A2D1-9D0693EA2A21.jpg

資料とお土産ワインまでいただきまして感激です❤️


posted by cave MITSUKURA at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイス訪問 その2


ダイス訪問、非常に有意義な経験になりました‼️

テイスティングの前に醸造所とセラーに案内してくれました✨

5C8D1059-44C3-4191-8AE1-D202DD8CB41B.jpg

プヌマティック(空気圧圧搾機)と、オートマティックプレスを併用して、ブドウを絞っているんですが…

通常、圧搾は短時間で済ませ、果汁にストレスをかけたり酸化するのを防ぐようにするのですが…

ダイスの圧搾には実に12時間も掛けることがあるそうで‼️

嘘でしょ😱
恐るべし

ただし、かなり低温で管理してるようです。
そうでないと、酸化やバクテリア汚染のリスクがあるからです。

そして…

やっぱりダイスも持ってる‼️

EFEFE07C-BA8A-47AF-A75E-B8E08AB7DE35.jpg

アンフォラ⭐️

発酵は全てが全房です、アンフォラも同じ。
デブルバージュもバトナージュもなし💦

甕の中はこんなです  ↓

CF834C83-E55A-49F8-A711-437CEB4005E2.jpg
明かり用に差し出してくれたマチューの携帯にフォーカスしてて、ごめんなさいです💦

でも、壺の中に果帽が浮いてるのは分かりますよね。

自然に気温が低く保たれていて、外は30度以上あるのに、セラーはかなり涼しいです。

E3C77ACA-46AF-4981-A2C8-8FAB24D510CF.jpg
伝統的な大樽

熟成中のワインを試飲🍷❤️

1BF0986D-21CE-4F5A-AAFC-80460062AE69.jpg

↑  グリンシュピール、まだとてもさっぱりしてますが余韻がいいですね。
若くてもバラバラしてない✨

8B82CB45-DCEC-4E29-B5B9-E7160898EE65.jpg

7433CB24-60B7-4AFE-9D31-32E0D0646FEE.jpg

特級アルテンベルク2018もいただきました❤️

76199993-17E9-4E8A-9BFB-88D6B9D3DB21.jpg

まだ濁ってます。

ですが、この特級アルテンベルク、素晴らしい味です‼️
既にいい飲み頃と言ってもいいかも⭐️

この特級と天ぷらを合わせるのが大好きなのです、と言ったら、マチューさんも日本食の繊細な味にも充分対応できるよね、と賛成してくれました。

マチューさん、熱心で、私の話もよく聞いてくれました。
その通りですね、とよく口にしてくれて、嬉しい❤️

輸出の最大取引先が日本だそうです。
今日は大変、よい経験をさせてもらいました。
マチューさんの熱意と歓待に感謝です。

ランチのお店までご配慮いただいて、予約してくれました⭐️

51FF41AA-6CCC-411C-8FB9-5E12D59FA8E5.jpg
アルザス名物、タルトフランベ

229637B7-B44B-4CD2-9293-2826BDEEB2B0.jpg
テラスで、ビール飲みながら


ダイスを飲んだ事ない方には是非飲んで欲しいです。
ビオとか考えなくていいので。

本当に良いワインというのは蘊蓄や余計な語りは無用だと、改めて今日思いました⭐️







posted by cave MITSUKURA at 01:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

ダイス訪問 その1


完璧に当初の予定に戻して、今日は2軒の生産者を訪ねました🚘☘️

一軒目はマルセル ダイス‼️

4CCC7882-6D96-4E12-8FC7-0B25E0722130.jpg

ファンがおおいですよね~
マルセルの息子のマチューさんが案内してくれました。

彼は5年前にミツクラのお店に来てくれた事があって、再会となりました⭐️

9D29F618-FC4B-440A-9B9F-8335A828505A.jpg

まずは畑へ🚗

一番大事なグランクリュ、アルテンベルク ド ベルクハイムへ。

D1D5FEFF-0360-4FF4-A597-61A20C6E2210.jpg
ベルクハイムの町が一望できます✨

ご存知の通り、マルセル ダイスはビオディナミ、畑は混植なので、この写真のブドウもこれはリースリング、これはミュスカと1本ずつ言ってくれるのですが…

さっぱり見分けが付きません💦

マチューさんにどうやって見分けるのか聞いてみたんですが、
難しいねぇ、と。

てんちょの葉っぱコレクションにピノブランをもらったのですが、
「ミュスカかも」って💧

現地の専門家でも葉っぱだけではよく分からないのね♠️

64A3F512-F26F-401E-9D86-4676ABEA691D.jpg
アルテンベルクのライムストーン

77EB04A5-EE2E-43F1-A5E2-2438AEDF623A.jpg

ビオディナミについて本当に熱心に語ってくれました‼️

真剣に繰り返して聞かせてくれました。
丁寧に説明してもらい、例えも色々だしてくれて、めちゃくちゃいい勉強になりました⭐️

笑顔で情熱的な語り、素晴らしいです❤️
スマホで書くのは限界だわ💦

畑は3箇所回ってくれました🚗
グリンシュピール
ビュルグ

431EA196-4A89-485F-B646-8C49548C1448.jpg
ここはビュルグ

戻ってテイスティング  ↓

A7A26160-2B0E-47BA-8CB1-586AF4EF8298.jpg

畑の位置と土壌、画像を見ながらでとても分かりやすい✨
(ただ、話は複雑です)

土壌の予習が功を奏して、結構話ができた❤️
嬉しい。

で、たくさん飲んだー🍷
写真ないけど。9種類かな。

E300780D-7744-497A-A44F-205F7FDA5AE8.jpg
当然、特級3つも飲んだよ

2に続く






posted by cave MITSUKURA at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コルマール初日

コルマールは観光地ですね⭐️
旅行者たくさんいます。

ストラスブールでもそうですが、今日は最高気温が32度もあったそうで、お天気はすごくいいんですが、日差しがたまらん💦

B37C1AAA-76A0-4A52-84C7-6247FEA719C7.jpg
夜でも10時過ぎまで余裕で明るいです

てんちょ、何百人もいるなかで一人だけ日傘差してました。
でも別に平気、見られてたかもしれませんけど個人主義とはそーゆーもんです😊

日本人はやたら人目を気にしてますよね。

今日一日だけでも結構日焼けしたなぁ、という実感があります💦
運転してるし、ある意味仕方ないのです♠️

泊まってる宿は文化財にもなっている歴史ある建物です  ↓

EF5316F1-A209-42EA-BB6E-5372F69FBA85.jpg

中庭 ↓

8109F2D8-7404-4E9A-BE66-C0737A719A58.jpg
下で飲んだり出来ますよ

A17A776F-BA28-4522-BA2B-C39E3F4CBD7C.jpg4E52503A-4670-45AB-ADA5-5BA44A1914F3.jpg

アルザスらしいです。
まだ何もお土産買っていませんので、明日か明後日に調達したいです。

昨夜のレストランはとても美味しかったです❤️
旅の食事編書けたら書きますねー








posted by cave MITSUKURA at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレイデンヴァイス訪問


予定通りに軌道修正して、午後からクレイデンヴァイスさんへ行きました‼️🚘

てんちょ、運転してますのであんまり余所見できませんが、

アルザス来たー‼️
って思う感動的な眺めです⭐️

254D4471-CB02-4159-9193-5CE59F9454F3.jpg

赤い屋根、ぶどう畑🍇
広がる景色はブルゴーニュともロワールとも違いますねー

A28CFF19-3FF8-46C3-954D-0B9103B59945.jpg

クレイデンヴァイス、醸造所とショップ、事務所を兼ねてます。

C08C7FD4-24A7-4B51-AE82-619F945E1425.jpg
2階の事務所
裏は直ぐぶどう畑、このさらに頂上に
ラ フォンテーヌ オー ザンファンの区画があります。

けど、この斜面、すんごい急斜面なのです‼️ ↓

EC9308E8-47B0-41EF-A32B-9963CB3CF4C7.jpg
これで下の小道に真っ直ぐ立って撮影してます。
靴が脱げそうになる💦

お話の中でも何度もsteap=急斜面という単語が出てきました。

66F10033-5E55-4E24-B98C-3BB203B55289.jpg

お相手してくれたのは、右のマーテン ヴァン ブールデンさん。
左は、マルクさんの長男のアントワーヌさん✨

クレイデンヴァイスでは、89年から全てのワインをビオディナミで作っています‼️

子供達に自然と健康を残したいと考えての転換だそうですが、
当初は周りに気が変になったと言われたそうです。

収量が減る上に、作業が増えるような行為を敢えてするのが、周囲には理解されなかったんですね💦
新しい事に取り組む人はいつもそうです。

当然、醸造も何もせず、僅かにSO2を使うだけ。
発酵もほったらかしなので、 下手すると1年くらいかかることもあるとか💧

ユルチッチも同じ事言ってましたねー

試飲は9つ‼️

3D1ADE1E-F33C-4176-8E32-B950446161F0.jpg

A53334C9-C110-4219-98F8-FAA2F3969509.jpg

それぞれ畑の場所と、土壌について詳しく説明してくれました☘️

クレイデンヴァイスでは、全ての区画を別々に醸造しています。
畑が比較的近隣に集中しているので、やり易いそうです。

テロワールを反映させたいとの意向ですね‼️

同じブドウ品種
同じ作り手
同じ醸造方法

なのに味が香りが違う所が、テロワールだと、納得の説明です✨✨

中々じっくり飲む機会のない、ピノブランを中心に飲ませていただきました。
クレマンやヴァンダンジュ タルディブ、南仏のカリニャン100%など9種類も❤️

お、全部の写真ない💦😥

マールを買って帰りたかったのですが、残念ながら売り切れでした。
代わりに感動したヴァンダンジュタルディブを買いました。日本に輸入されていないものです。

お土産貰って、畑を少し散策してコルマールへ移動🚘

とても良い経験になりました⭐️⭐️
帰国報告会やりましょうー



posted by cave MITSUKURA at 14:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リカバリー後半編


当初の予定に間に合うべくストラスブールへ着きました‼️
あー、良かった💦

物凄く疲れましたね💧

8FCB8539-A316-4F08-9D96-7AF5088C286E.jpg
ストラスブール駅

正面だけ、繭のようなデザインのガラスで覆われてます、
なんか変なの、どうしてこうなったのだろう…

時間ができたので、ストラスブール大聖堂(ノートルダム)へ🚘

残念ながら、塔は修復中で登れませんでした😭

067F7094-5D77-41F9-A15B-995EEF931A7C.jpg

CC4235BD-10AF-4794-9CE6-78FB740FF551.jpg250A3A49-60EA-4B4A-8771-19AFC80FD714.jpg

そして予定通りに、クレイデンヴァイスへ‼️
素晴らしい訪問となりました✨

猛烈に眠いのでまた明日。
明日はダイスとヴァイバックへ行きまーす⭐️

posted by cave MITSUKURA at 05:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遅延リカバリーしました 前編


今、コルマールの夜10時です。

E1CE8873-B883-4493-ABF0-220D93EA60C4.jpg
可愛い町です

が、
今回は2日目にして、昨年の5倍くらい疲れました💦🌀

振り替え便には乗らずに電車移動に切り替えましたが、
今朝フランクフルトを出る列車がベルリンから来るのですが、ネットで調べてみたら「必ず遅れる」などの書き込みが多くて、慌ててアプリをダウンロードして朝チェックしてみたら…

やっぱり遅れてるー‼️
しかも、乗継間に合わないよ💦

ほんと、ネットやアプリあって良かったー

という事で、急遽出発を1時間以上早めて、フランクフルト駅で切符を変更しました。

7482EE5C-2FEE-4A36-843C-D4C140C28CFF.jpg

こんなカウンターで自分の番号が表示されるのを待つ。
銀行と同じです。

余談ですが、上の写真載のカウンター、番号がついてるの見えますか?
左から、8.910となってますよね。

日本人の感覚だと、向かって窓口の左にその窓口の番号がくるはずなんですけど、
こちらドイツでは窓口の右がその番号になります。
なので、(前から見て)写真の8の左に8を担当する方が座ります。

違和感ありまくりでしだ💦

そして無事に切符を変更して、いざストラスブールへ出発✨🚃

2D8F7FEE-455E-4145-B6C6-89BAE3E6015B.jpg

A9626869-676F-4CD5-975D-B1EA9DFD7884.jpg

↑  駅の中はこんな感じ。
改札なし、検札は来た(ICE=特急みたいなの、だから)

2等の自由席でも 車内は結構綺麗です ↓

A1634E0A-800B-4393-9D99-F0484BEE79BF.jpg

FDF52037-9954-42EA-8F81-27088B27FD5B.jpg

ナント発のTGVの10倍綺麗です。
でも、座席固定で進行方向はまるで考慮されていません😥
何だかなぁ🌀

そして、数分遅れは誰も騒がないねぇ😥

途中のオッフェンブルクなる所で、小一時間あるので外に出て早めのランチをしました  ↓

C132DAC1-F595-485D-B9B6-A0798B3B1CF6.jpg

630A5E13-0F65-4BB1-A231-934539615DC4.jpg

764F9A61-407E-4538-9068-94FF10FF3025.jpg
昼から運転なのでお酒控えてお水⭐️

小さなカフェなのですが、
ハムやベーコンはやっぱり流石の美味しさです‼️
塩味がはっきりしますけど、保存食だから。

もう多分この駅に来ることはないんだろうなー ↓

9B45FAB6-75D1-4A99-B852-5F3B89AFF989.jpg
しみじみ

そして余裕でやっとストラスブールに着いた‼️

C9C40091-B01E-4364-9D3D-DD879A2E4D36.jpg

後半リカバリー編に続く











posted by cave MITSUKURA at 05:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

誤算と経験値

大誤算
まだ、フランクフルトアムマインにおります✈️

乗継便が悪天候でキャンセルになり、飛びませんでしたー🌀

再予約やその他で、物凄い時間がかかりました💦
づがれた…

明日、朝からリカバリーします。
予定の変更は最小限で済みそう、済ませます‼️


期せずして、フランクフルト駅にも来てしまいました  ↓

27BB2051-4705-4F2F-A2B7-20B857055A30.jpg

ビールもゼクトも飲みます
飲まないで、ただらひたすら待つなんて無理です💢

C83A31AB-0E5F-4EF2-B85E-E78DCFD389F1.jpgD50D3A5A-37FB-42BC-BACC-70EF0257C6CE.jpg3CBE001A-4092-41C4-8476-F0EDFF96062E.jpg
 
明日は軌道に戻りたい
posted by cave MITSUKURA at 07:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

積めない瓶だった

今日から6月、早いもんですねー💦

フランスではローヌやボルドーの南部では既に、シャンパーニュでも開花が始まっています✨
早いです‼️

1582FBF6-5DA5-4B8A-826F-400E75BCDE95.jpg
ボーカステルSNSより

ブドウの花って地味ですよね🌸

6月下旬くらいが平均だったのですが、やはり温暖化のせいかここ20年くらいは早まっています。

これでも去年より1週間ほど遅いとか💦



昨日のロベール グロフィエ会はとてもいい経験になりました✨

A10410E1-8D47-4D9C-B52B-7A46550F6813.jpgEA511C4F-C446-464F-A518-1FF9871C5D3E.jpg796AECC3-B94F-435D-BF45-B412DA618C04.jpg

グラスの写真はお客様より。

レザムルーズは特に、アミオ・セルヴィルやヴォギュエとも違う「グロフィエらしさ」がありました⭐️

ボンヌマールはよく、特級ミュジニーなどヴージョ側の区画と比べて、厚みがあって温かな印象だと語られる事が多いようですが、グロフィエではレザムルーズと共通の可憐さがありました✨

全てのワインがラズベリーのような甘酸っぱい香りと後味で、ハーヴや下生えのフルーツではない香りも加わっていてとても複雑でした🍷

パストグランやレジョナルでもレベル高いです。

飲み頃になっているのは、何とか12年でしたが、それでも本当はまだ数年は待ちたいところですね💦
無理無理🌀

一口飲んで感動するような単純なワインではなく、むしろ地味なくらいですが、しっとり食事と共に楽しむべき素晴らしいワインでした‼️

参加してくれた皆様、流石、こういうワインの良さを分かっている方ばかりで嬉しいです❤️

この経験を次はレストランで生かせたらいいけど、レストランで飲んだら一体いくらになるんだろう💦

「積めない瓶」はエッチング入りの特注品でお高いのですよ‼️

また違うブルゴーニュやりたいです⭐️✨
興味ある方、是非ご参加ください





posted by cave MITSUKURA at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする