2019年07月20日

収穫まであと一ヶ月ちょっとか


今年の作柄は一体どんな感じか、まだ不明なのですが…
毎年の恒例、ボジョレーヌーボーの予約が各社始まっております

早いって

定点観測隊のカーヴミツクラとしましては例年通りのラインナップで行こうと思っております

15DEB5A1-8CDE-489D-A361-4319DAC4A406.jpg
去年の写真です

暑いみたいですので、早い収穫になるでしょうか??
収穫が早いと出荷までにゆとりができて、醸造としては有利です
このままだと暑さのせいで粒が小さく、凝縮したワインになりそうですね。

今年の解禁は11月21日木曜日です
今年も1杯300円やりましょうー

ノヴェッロもやろかな


ボジョレー地区にはとても尊敬できる生産者がたくさんいます
ミツクラに来てくださった生産者でも、

モメサンの若き醸造家のジャン・バティスト・バシュヴィリエさん(セミナーすごく良かった) ↓

EDA33D9D-CDDB-42BE-AB72-1E86243A0644.jpg

ティボー・リジェ・ベレールティボーさん(てんちょが短時間あっただけですが)↓

76264393-FF1A-42F4-AB83-1E513A42AD1C.jpg
と、素晴らしい方がいました。

コート・ドールのワイン生産が限界になってきて、高騰も著しい中、生産者たちの目がまだ余裕のあるマコネーやボジョレーに向いています
そしてガメイの可能性にも再びスポットライトが当たるようになってきています。

ヌーボーの事を考える季節になったんですねー
早い




posted by cave MITSUKURA at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする