2019年12月03日

気まぐれ特価


プロヴァンスのデスクランモエ・ヘネシーグループに株式の55%を取得されたと言うニュースを見ました
悪い事ではないものの…

ガリュ.jpg

デスクランはガリュという超高級ロゼワインを作るプロヴァンスのドメーヌで、ボルドーのメドック4級、プリウール・リシーヌの次男さんだかその弟さんだかがアメリカ資本を得て起こした蔵です

当時からロゼのみを4種類生産していて、今から15年以上前、日本円でも3万円もするロゼに誰もがびっくりしたものです。
3万円… しかもロゼだよぉぉ ってな具合
誰が買うんじゃぁー、って思ったわ

このデスクランが今のフランス・ロゼワインブームを作ったんです
流石にガリュは高額過ぎて日本でもそうは売れないでしょうけど、下のクラスのウィスパリング・エンジェルでも十分上品で美味しいのです。
てんちょ、大好きです

LVMHと言えば、普通の方は最近のティファニーの買収の方がよくご存知でしょう

業界通ならば、14年にドメーヌ・ド・ランブレイを買収した事が新しいニュースでしょうか。
あれ、そんなに前だったっけ??

クロ・ド・タールの買収とイメージがごっちゃになってますかね
(モレサンドニの特級畑で900年に渡り細分化されることなく単独所有を保ってきたクロ・ド・タールは、17年にモメサンからシャトー・ラトゥールのオーナーであるフランソワ・ピノー氏の法人に売却されました。
売却金額は300億円とも400億円とも言われてました)

もー、ワイン業界は経済界の縮図です
有力企業が次々と名門を買収しブロック化してます。

設備投資や販売網の拡充など悪い点ばかりじゃないですが、価格は絶対に下がりませんね
こうして、富める者は更に富み… 以下省略

末端の我々にできる事って何もないんだなぁ



さて、特に理由がある訳じゃないんですけど、
1セットだけ超特価でブルゴーニュワインを販売します
 
0DA20B0C-A6C6-4774-B6EB-8054929204AB.jpg

アルマン・ルソー ジュヴレイ・シャンベルタ2013

メオ・カミュゼ ヴォーヌ・ロマネ2005


こちらのワイン、説明不要なくらいに有名だと思いますが、やはり人気なだけに高いです
店頭の税込価格で、
アルマン・ルソーが28520円
メオ・カミュゼが30350円

普通なら二つ合わせて税込58870円なんですが

1セットだけ、2本で税込40000円で販売します

ラベルやボトル、液面など特に問題がある訳ではありません。
じゃあ.なんでだ、と言われると、本当に特に理由はない、のです

何となく、数を減らそうと思って

取り置きしませーん、カード払いもOK
誰か買ってちょ


ちょっとだけ、メオ・カミュゼの説明しておきます。
有名なんですけど、あんまり露出がないかも。詳しくご存知の方はどのくらいいらっしゃるでしょうか

充実したHPがあります、これ見たらもう以下は読まなくてOK ↓
http://www.meo-camuzet.com/en/

メオ・カミュゼはお気づきでしょうか、メオ家とカミュゼ家が一緒になってできたドメーヌです。
因みに両家は親戚です。
ジョイントネームはブルゴーニュやシャンパーニュにはとても多いのです。

ルイ13世の時代から記録が残る名門のメオ家ですが、出身はディジョンの北にあるクロンジェという村で、現在はACブルゴーニュからは外れている場所です。
革命後一族の子孫はパリで活躍していたようです。
19世紀になって、当主のエチエンヌ・カミュゼはヴォーヌ・ロマネにブドウ畑を取得(婚姻によりコンフュロンの一族から継承)し、ここからドメーヌが始まります。

とは言うものの、ご当主は村長でもある名士なので、当然畑仕事は小作人たちが行い、彼は書類の管理やできたワインを堪能するのが主な仕事だったでしょう。
でもクロ・ド・ヴージョのお城を買うくらいのお金持ちだったのに、エチエンヌ氏は忙しくてワインどころじゃなかったみたいです。
そしてエチエンヌ氏の死後にドメーヌを継承した親戚のジャン・メオもパリ住まいの政治家でブルゴーニュに行く時間もないくらい忙しいという。
当然畑とワイン作りは任せっぱなしになっていたでしょうね。

ところで、
第一次世界大戦前までは、屋敷に使用人がいたり小作人がとても安い賃金で働かされていたのは当たり前の事で、生まれによる階級の差は絶対に越えられないと言う価値観が当然だったんです。

私達には、戦争と言えば太平洋戦争(第二次世界大戦)がもっとも直近の大戦争だという人が多いでしょう。
日本人も戦前と戦後では大きく価値観を転換させることになりますが、ヨーロッパではそれがグランド・ゲール(大戦争=第一次世界大戦)だったのです。
4つの帝国が無くなり、社会主義の台頭もあって、各国で領主さまが大きな地所を維持していくのが大変になって破産する貴族が続出。
ヨーロッパは戦前の価値観を大きく変える事になります。
フランスは革命でイギリスみたいな貴族がいなくなっていたのが、かえって無意識に階級意識を存続させたのかもしれません。


ちょっと話が逸れちゃいました、元に戻ろう。
小作の話と言えば、メオを語る時には絶対に名前が挙がるアンリ・ジャイエについて

社会構造が大きく変わったフランスですが、それでもブルゴーニュの様な「小さな田舎」ではブドウ栽培が連綿と続けられていきます。
戦後も名門メオ・カミュゼは小作人に所有する畑を任せて、折半耕作を行っていました。
ブドウ畑を貸与して、できたワインを領主と小作人で山分けするのが折半耕作で、ブルゴーニュでは賃金による小作制よりも多く行われていました。

メオ・カミュゼの小作人の一人であったアンリ・ジャイエは、あのリシュブールクロ・パラントーの畑を任され、素晴らしいワインを作っていたんですが、1980年代の後半に折半耕作の契約期限が切れ、メオ・カミュゼではこれを更新せずに自社でブドウ畑を管理するようになりました。
そりゃ、メオ・カミュゼのリシュブールが美味しかった訳だよ

リシュブールの畑を失った事がアンリ・ジャイエを引退させた一番の原因だと言われています
もちろんメオ・カミュゼのドメーヌが悪い訳じゃない。

ジャンの後を継いだジャン・二コラはヴォーヌ・ロマネに引っ越し(パリの金融界で活躍してた金持ちなのに)、ワイン作りに取り組むことになったのが89年です。
今となってはもう3decadeの一昔ですが、当時のジャン・二コラの写真を見ると流石、若い(当たり前)

長ーい歴史がある特級畑の数々、今では価格が高騰しちゃって全然飲めやしない
いやそれよりも見かけもしない

日本への正規輸入では全くかすりもしない、うちのお店
案内すら来たことがない

と言う事で、特価の2本はフランス代理店からの輸入物です。
2万円で2本買ったと思えば超お買い得。
5人で8000円ずつ出し合って飲んでみる、とか。

お試ししてみてください〜








posted by cave MITSUKURA at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする