2017年08月02日

トスカーナでポムロルでナパ


今年は暑さのせいか、あまりよく眠れません
冷房が寒かったり、切れると暑かったりで目が覚めちゃいますし
夏バテしないように気を付けよ。


さて、8月はちんまり大人しくしてる予定ですが、何故かワインは大量に入荷して来ました
気が早いですが、年末に向けて売れればいいかと思ってます。

イタリアの最高級ワインも来ました

939F8BE6-561C-4A22-BDB7-45B29E42A184.jpg

オルネライア マッセート2013

包み紙を開けたくないので、HPの画像で ↓

bottiglie_masseto.png

このワインがイタリアワインの最高級品であることに異論がある方はいないでしょう
お値段もね…

オルネライアはイタリア中部のトスカーナ州のワイナリーですが、フィレンツェやシエナのあるトスカーナの真ん中・キャンティ地区から西へ行った海沿いのボルゲリという地区にあります。
ボルゲリには同じく高級ワインのサシカイヤを作るサン・グイドもあります。

そして、有名な話ですが、オルネライアとサシカイヤは親戚同士、ついでにアンティノリはオルネライアのお兄さんのワイナリーです。
親戚だらけ。みんな爵位持ち

アンティノリ家の次男、ロドヴィーコ侯爵はお兄さんがアンティノリを興すの見て、最初はカリフォルニアでワイナリーを始めるつもりでした。
ですが、カリフォルニアで出会った有名な醸造家アンドレ・チェリチェフ氏の勧めで故郷トスカーナへ戻ってワイン作りを始める事になりました。チェリチェフ氏もコンサルタントとして同行します
だからここのワインはみんなボルドー品種です

今日のマッセートはメルロー100%

Massiとは大きな石ころの意味で、粘土質の畑には大きな石がゴロゴロ転がっています。
この保水効率の良い土壌がメルローに非常に向いている訳です
「ポムロルの土壌にカリフォルニアの気候」を持っていると言われ、非常に凝縮した力強いワインが生まれます

2013年は春が遅くブドウの生育が遅れていましたが、例年通りの暑い夏がやって来てブドウの成熟が進みました
夏の嵐のせいで収穫が例年より少し遅れたものの、エレガントで新鮮な風味のヴィンテージなりました

んー、毎年そんなに違うんだろうか…
めちゃめちゃ濃い、ってイメージしかないんですけど💦

醸造はステンレスタンクで細かい区画ごとに行い、新樽100%のフレンチバリックで熟成。
MLFも樽中で行います
その後ブレンド、1年熟成を経て出荷されます。

マッセート.jpg
モダンなセラー、HPより

下手なボルドーよりもフルボディのフレンチスタイルだわ

そして、オルネライアは2005年からフレスコバルディの傘下に入ってますので、マッセートの管理も同様です。ルーチェと仲間になった訳ね

しっかし、高級品で年間2万本のワインがあっという間に完売してしまうんですが…
なんだこの値段は

諭吉のバスケチームじゃ足りません

3リットルとか美味しそうだけど、一体いくらするんだろ










posted by cave MITSUKURA at 15:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]