2017年10月06日

ディッサン報告とありがたーい泡


今日はしとしと雨ですね

水曜はシャトー・ディッサンセミナーでした

5F032C9E-3E72-4DEF-A64C-CF7A1DBDD081.jpg

ご来店いただきましたお客様にはお礼申し上げます。
お席がご用意できなかった方には大変申し訳ございません。

まさかの事態と言うのはですね…
過密スケジュールのせいかクルーズ氏が体調不良になられたそうで、
もしかしたら開始を遅らせるかも

と連絡があったのです
どーしよーと思っていたのですが、午後に休憩をはさんで回復されたそうで予定通りに開催できました。

シャトー・ディッサンはとても古いシャトーで1152年のアキテーヌ妃エレオノールとヘンリー2世の結婚式でふるまわれたという記録があります
865年も前の話です

マルゴーの中心にあるシャトーの裏に広がる畑は17世紀に作られた壁に囲まれています。
ボルドー版の「クロ」な訳です

ディッサン.jpg
HPより 上記の写真の右奥の壁が逸れですよ。

HP,日本語なので是非見てみてください ↓
http://www.chateau-issan.com/ja/

また、
シャトーではカベルネとメルローしか栽培していません
フランやプティヴェルドは一切植えていないという伝統を引き継いでいます。

425AFA5A-81F5-435B-9D9B-6A203D5A9F2C.jpg
試飲は4種類

ファーストはカベルネ比率が高いのですが、最も手軽なムーラン・ディッサンではメルローが90%と非常にまろやかで親しみやすい味わいになっています
12年と14年のディッサンは全然違うスタイルです。
お客様の好みもちょうど半分に分かれました

やっぱり現代の格付けシャトーはどこも洗練されていて美味しいですよね
非常に久しぶりにディッサン飲みまして、良かったですね〜

ミツクラには98や05の在庫もありますので、その内飲んでみたいです

最後に。
クルーズ氏は抜栓したコルクを逆さまにしてボトルに差すのがとにかく嫌だそうで…

見つけるなり、すぐさま抜いてました💦 上面が下になる事で埃とか気になるのかしら
でもさー、液面下だと入らないんだもん。
ストッパー使えって事なのかなぁ…



では、新入荷シャンパーニュのご紹介です

BF5881EF-7EC1-49D5-B38E-CA8517447041.jpg

アンドレ・クルエ ドリームヴィンテージ2006&2009

3回目の挑戦でやっと買えました
これまで、2004,2005,2008と買えず、次の2002も買えなかった
入荷数が少ない上に人気の銘柄なんで、ちょっと出遅れるともう完売…

これはシャルドネ100%のヴィンテージシャンパーニュです

アンドレ・クルエは特級ブジーの生産者です。

ブジーとアンボネイの自社畑でピノノワールだけを栽培しています
なので出来上がるシャンパーニュは当然全てグランクリュ

ポール・バラジョルジュ・ヴェッセルエドモン・バルノーなどみーんなご近所です

ですが、
今日のシャンパーニュ、ドリームヴィンテージはシャルドネ100%なんです

あれ?ピノしか作ってないのに??
って思いますよね。

アンドレ・クルエのご当主はてんちょよりも年下のジャン・フランソワ氏ですが、同じく特級のメニル・シュル・オジェ(サロンやドラモットのある村)でシャルドネを作る友人からロゼを作る際の赤ワイン様にピノを分けて欲しいと頼まれ、自分のピノと交換したシャルドネでブラン・ド・ブランのシャンパーニュを作る事にしたんです

てんちょが訪問した時(10年以上前)には「ピノノワールしか栽培する気がない」ときっぱり言ってましたので、
ブラン・ド・ブランを作ったのはこういう理由からでした

ジャン・フランソワ氏、めちゃめちゃ面白い人ですよ
冗談が次から次へと出て来て、一人漫才状態。
もちろん真面目に醸造の話もしてくれましたけど。

ラベルの綺麗な色は、50年代のキャデラックの色なんだそうです
古き良き夢のある時代の象徴ですね。

1B8F2277-92AB-4564-AEFA-54E851328084.jpg
左の06年はピノで作られるシルバーブリュットに似ていますよね。

因みにこれが買いそびれた前の分です ↓

ドリームヴィンテージ.jpg
綺麗な色

出荷の直前まで蔵にあって、直近でデゴルジュマンされてますのでいいコクがありそうですね〜

各6本しかありません
お早目にどうぞ。

くー、てんちょも飲みたい










posted by cave MITSUKURA at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]