2017年12月28日

スペイン贔屓なのです


あー、寒い

出勤途中の路上で、急にビル風が強烈に吹き付ける瞬間がありまして、
前を歩いていた恐らく30代の男性が、いきなり振り向いて泣きそうな声で「寒ーい」と一言
てんちょと目が合って、恥ずかしそうにそそくさといなくなりました
後に誰もいないと思ったのかな…

天下の公道、歩いているのはあなただけじゃない
油断禁物

今日の名古屋は、
サルが出没して警察出動(名東区)とか、
地下鉄工事で火災発生で鶴舞線運休(八事)とか、
どーなってんの??
です…

どうか後、何日か、皆様健やかにお過ごしくださいね〜

夜になって流石に静かになったかな、ミツクラも。
今年を思い返しても、あまり変わり映えのしない一年だったように思いますが
何事もなくて良かったです

そー言えば、来年から輸入元が変わると連絡があったワインがありまして…
資料を確認して、値段にびっくり

ワインはこちら ↓

ウニコ.png

ベガ・シシリア ウニコ 

スペイン、リベラ・デル・デュエロの赤ワインです。
ブドウはテンプラニーリョ(ティント・フィノ)95%、カベルネソーヴィニヨン5%
(セパージュはヴィンテージによって多少異なります)

文句なしにスペインのNO.1ワインです

今では、シルシオンやレルミタなど高額のワインもありますけど、ウニコは昔からスペインワイン界に君臨する頂点のワインです

フルボディの超熟ワインです
でも優雅で洗練されています。

これのお陰でリベラ・デル・デュエロの名前にも箔が付いてるし

てんちょ、15年以上前にマドリッド行った時にワイン専門ショップ探して、ウニコ買いました
流石に現地でも1万円くらいしてたかな〜
当時、日本では2万円くらいだったかと。

それがですね、今や、なんと
2006年で64300円ですよー
しかも税抜き

06年が現行品という、とんでもなく熟成の長い蔵なんです。
その点は素晴らしいのですが、なんじゃこの値段は

ここはベガシシリア以外のブランドも持っています ↓

アリオン  
マカン
ピンティア


アリオンは「ウニコの弟」的存在で、まだお手頃な方
12900円税抜き

最近では白も作っていますね
ハンガリーのトカイも傘下にあります。

久々にウニコ飲みたいなーと思ったけど、この値段じゃ難しいなぁ 











posted by cave MITSUKURA at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]