2018年02月23日

歌じゃない方だよ


多少暖かくなってきたかもしれませんが、やっぱり今年は寒いです
太平洋側で快晴続きの名古屋ですが。


今日はミツクラにブルゴーニュ、シャンソンからゼネラルマネージャーのヴァンサン・アヴネルさんが来店してくれました

D94A4675-764C-4B88-B0F5-44CB47DCF3DB.jpg

朝一から試飲ですが、午前の方が味覚的には優れていますのでいいかも。

アヴネルさんは以前ブシャールでも6年ほど働いていた経験があるそうで、日本人の西山さんの事も良くご存知だそうです
ブルゴーニュワイン業界も狭い。
その前はボルドー、ロワールと各地で経験を積んできた方です。

シャンソンはボーヌのネゴシアンで、1847年創業、260年以上経つ老舗です
現在は自社畑も所有し、経営はシャンパーニュのボランジェの傘下になっています。

シャンソンはボーヌに5つ現存しているバスティオン(城塞)の一つを所有しています。

これはブシャールのバスティオン ↓

367B42A2-B69B-48FD-AED5-F1B91F89E0AF.jpg

ブルゴーニュ王国がフランス王家の物となった時に威圧的な城砦は一部が取り壊され、ボーヌの街を貫く大通りが作られました。
現存するバスティオンはその名残ですが、ワイン醸造、保管には最適です

ブシャールですが、詳しくは過去の記事をご覧ください ↓
3つ目の記事です
http://cave-mitsukura.seesaa.net/archives/20170906-1.html


今日は2015年を4つ試飲させていただきました

31CEA91E-4864-4E68-BB71-BDCB30DB7943.jpg

ペルナン・ヴェルジュレス1erカラドゥー白
ブルゴーニュ・ピノノワール
ジュヴレイシャンベルタン
ペルナン・ヴェルジュレス1erレ・ヴェルジュレス赤


2015年は暖かい年で昼夜の寒暖差があり、非常に良いヴィンテージとなりました
レジョナルは既に美味しく飲めますね、これは他ドメーヌも同じ。

ペルナンの赤白は今後とても楽しみです
後は値段

シャンソンも他社と同じく、全房発酵を段々取り入れています
10年前は30%以下だったのに、今では7割以上が全房発酵だそうです。

てんちょ、ぶどうだけのピュア&ジャミーが好きですけどね

近年ではどこのドメーヌでも全房発酵を行っていますが、
こうした傾向で一番納得がいく説明が、温暖化の影響だと言う事です

暑い夏が確実にやって来て完熟を約束してくれるようになった一方で、アルコール度数が上がり過ぎて酸味が不足し、新世界のワインみたいになっちゃう昨今のブルゴーニュでは、フィネスを如何に出すか(保つか)は重要な課題です

しかし一方で、ブドウが完熟するってことは、茎も青くない状態で収穫できると言う事です。
(どーも、ブドウの茎って、美味しさと正反対のとこにあるように思えるんですが…
てんちょが思うほどの青い茎とは違うようです

利点としては果梗まで熟した状態でブドウを房ごと発酵させる事で、香気成分やタンニンを抽出し、複雑さを出すことが出来ます。
タンニンが増える事でストラクチャーは増すので、長熟ワインに仕上げる事も出来ます
外観も完全除梗に比べて薄い色になり、アルコール度数も下がります。

その一方で設備が整っていないと雑菌の繁殖を招いたり、汚染されるリスクも高まります
醸造家の腕も必要です。

甘くジューシーだけど、だらだらのフルーティワインは確かにブルゴーニュらしくはありませんね
そうしないための工夫、と言う訳です。

そして、シャンソンでも15年は売れ行きが早いみたいで早く買わないと無くなる銘柄も沢山出てきそう
既にコルトンシャルルマーニュとクロデムーシュ赤は完売だそう。

レジョナルは店頭にも置きたいですね
半年も経てばずっと開いた香りがしそうです。

「15年の様なヴィンテージは後4,5年すると一旦閉じる」
と言われましたが、そうーかなー💦

80年代や90年代初めには「寝てる」ワインにまぁまぁ出会いましたけど、2000年以降では明らかに寝てそうなブルゴーニュってまずいませんね

これはいい事かどうか分かりませんが、寝ないって事は化けないって事でもあるなら、イカンかな
でも寝てる状態で開けるリスクはなくなるから、いつ飲んでもそれなりに美味しいと言うべきか

確かにワインの熟成は直線ではなく、特にブルゴーニュは3次曲線的な熟成ですが、
最近のブルゴーニュはどーなんでしょうね???
店頭でも10年持ってるワインが一つもないですし、そこまで熟成して待てる飲み手が減っていますよね
ただ、真相は待ってみないと何とも言えません。

てんちょ、30年も待てないわ

こうした事情も15年、20年前とは全然違いますね
あー古酒が懐かしい。

ブルゴーニュの詳しい畑の地図いただきました

DE681378-71AA-4E51-B32C-F676B241290C.jpg

壁に貼っておきます

これ見て畑の場所を覚えよう










posted by cave MITSUKURA at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]