2018年04月21日

所の神ありがたからず


今日はもうですね
流石に店内でもひんやりはしていません💦


スワジランドの国名変更のニュースを見て…
レソトの故モショエショエ2世みたいな国王を想像してたら、結構違ってた

オーストリアもオーストラリアと間違われるから、という理由で日本では「オーストリー」として欲しいと一時期なっていましたが、
イベント関係などは今も相変わらず「オーストリア」のままですね

…確かに東京でタクシーに乗って「オーストリア大使館」へ行って欲しいと告げると、かなりの高確率で「オーストラリア大使館」へ行ってしまうというのは本当です



あーぁ、足元を見てみれば、


シャブリの値上がり
に頭が痛いです

日本ではあまり感じないでしょうが、シャブリの人気は世界的には急上昇していまして、どこの生産者も軒並み値上げしています。
ここ何年も生産量が増えていないのに需要が上がる一方ですし、生産者もコスト上昇を理由に強気の値上げです。

日本だけですね、シャブリを「なんだ、シャブリか」って言ってる人が多いのは

ちゃんと自分の価値観に照らして判断せず、メディアや大衆の曖昧なイメージに左右される人が多いのは残念。
飲まなきゃ分からないワイン、道は永遠に続いています

本当に値上がり著しいシャブリ、グランクリュも昔の様に何千円で買うのはもう無理です…

シャブリに限らず、ちょっと前までの価格の常識が通用しなくなってますので、ご注意


少し先ですが、今年もウィリアム・フェーブルから限定のプティ・シャブリ2016が発売されます

キメリジャンのない土壌のシャルドネで作られるプティ・シャブリ、シャブリ全体の値上がりで以前より注目されています
去年のは非常に美味しかったですよ。ミネラル感も十分ありましたし。
予約のみ、売り切れたらお終いですが。

去年とは違うオリジナルラベルで牡蠣をイメージしたデザイン、お見せできるものがなくてごめんなさい💦
6月入荷予定、来たらご案内しますね〜

今日みたいな日はシャブリも良いですね
久々にドーヴィサ飲みたいなぁ

そう言えば昔、トロワグロのオリジナルシャブリ飲ませてもらった事ありましたけど、今も同じなんですかね
ロアンヌは(心情的にも)遠いからなぁ

オリジナルのシャブリって、ここ以外に見た事ありません。
どこかあったら教えてください
供給元はどこか、って興味津々ですよね。

誰か美味しいシャブリ、一緒に飲みませんか




















posted by cave MITSUKURA at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。