2019年06月09日

観光セラーツアー その1


今日は土曜日。
天気予報では雨でしたが、一日降らないで済んでます☂️
ただ、風が強くて寒いですが❄️

強風のせいで、大聖堂のタワーツアーが縮小になってしまい、外に出られないという事で(鐘楼の中までは登れるけど)、やめてしまいました💧

朝は、トラムに乗って移動
これがチケットです、簡単楽ちん🎶  ↓

483C1FB5-4357-492B-8EB0-1D52547525CB.jpg

少し歩いて、
GHマムへ行きました‼️

今日は業務のアポではなくて、個人予約の観光です⭐️

0C518342-8A0A-45C0-B18F-76EF22A0BCAE.jpg
通りの向かいにビジターセンターがあります。

CC413917-A628-4E61-905A-1D04D2F1E2E0.jpg

EA475233-6FE8-461B-9ACD-4B9BE607710E.jpg
広いロビー

予約の時間を1時間間違えてて、早く着きすぎちゃったのですが、受付に頼んだら早いツアーに変更してくれました⭐️

70B612D5-D6F5-4904-B396-A0616EDC8CF2.jpg
広々エントランス

そして、その回の参加者は我々二人だけでラッキー✨
てんちょ、仕事してますと打ち明けました。
だって話が早いでしょ

3E40268C-8FEF-4275-B03C-D5D5C36ACF4F.jpg

↑ 地下セラーは「魚の骨」と呼ばれる構造です
迷子にならないように村の名前が付けられていました。

21FA407E-9988-47E8-A707-8E5C756E3270.jpg

↑ ビジターはこの赤いライン=コルドンルージュの沿って進みます。
もう使っていないコンクリートバット
今は一時発酵は全てステンレスタンクです。
マムにも樽は全くありません。

E13F19DB-15C6-4A10-BFC6-0B01E392AC7F.jpg

↑  瓶熟中のボトル、王冠で澱を集める為にキャップを一緒にはめています(どこでもやります)

7年以上の瓶熟をするボトルにはコルクを使っているそうです。

不思議ですが、7年を境にして王冠では一気に酸化が進むらしく、コルクの方が結果的には寿命が長くなるという事でした。
7年を境に何が起きているのでしょうか?

219EA6F4-8C65-4756-8525-E030F907F0B4.jpg

↑ ルミアージュの仕組みを解説しています。
ボトルを回して倒立させていく過程が分かります。

DA3B9085-E35D-4C03-B995-7B656164482F.jpg

↑  ずーっと続くセラー、寒いです。
壁は石灰質で湿っていて、柔らかい。
爪で引っ掻けばすぐに線が付きますよ

お待ちかねの試飲  ↓

D022660B-15EE-4742-97AA-CBC3CD026CC1.jpg

その前に香りのサンプルをいただきましたが、分からなかったー💧💦
情けない ↓

9F9CFFDC-1C2D-4D5C-ABEB-1A1200B76B72.jpg

レオナール フジタ ロゼのボトル、日本未発売なので買ってみました‼️
これ以上荷物は増やせないけど💦

で、フジタのチャペルは一見もせずに帰って来てしまいました♠️

マム、良かったですよ⭐️❤️
ランス行くことあったらおススメします。





posted by cave MITSUKURA at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。