2019年06月10日

オマージュ オー フロマージュ


今回の旅行では、明日こそ雨☔️だと天気予報を見つつ、結局これまで雨らしい雨には降られないで済みました。
今日も今は晴れてます☀️

曇りがいいかも。
日焼けしないで済むので💦

今日で訪問は終わりです、あっと言う間の滞在です。
早いですねー
色々ありましたが、とてもいい経験になりました🇫🇷

今、泊まってるホテルは大変素敵なんですが…

0B1BB756-E281-464D-9FFC-E8213C83CD61.jpg

4729DB96-EC82-4B71-A5CF-16A041909C99.jpg
(やっぱりプールには無縁💦)

建物が古いせいか、廊下や上の部屋を歩く音がまる聞こえです🌀💧
ミシミシ、カタカタ…

バスタブは溺死できるくらい大きくて嬉しいです㊙️


旅の食事を振り返って、毎度楽しみなチーズの紹介をしてみます❤️

一応わたくし、チーズプロフェッショナルの合格者なのです。
専ら食べるの専門ですが。

チーズ、見てすぐ分かるのでお店の方にへーって顔されます。
ワインリストも然り。
だって仕事だもん🎶


1808D0DA-0F7F-4B68-AE9A-90F024E9C541.jpg
↑  コルマールの魚料理が得意なレストラン

チーズにサラダが付くのが普通なのですが、てんちょ、葉っぱ食べないのでいらないわー💦
なんでサラダなのかな。
(もちろん、コンフィチュールやドライフルーツのお店もあります)

アルザスなら、マンステールです‼️
当たり前でしょうけど、どれも状態良くて食べ頃で美味しかった❤️❤️❤️

アルザス、シャンパーニュと来て特に思ったのが、チーズを食べる時には有名なAOCを考えがちですが、そうではなくて、

産地呼称がなくても地元のチーズを大事にする

という姿勢がどこにもありますね‼️

なので、コンテみたいに見えるけれど違う(コンテはジュラでなくてはいけないので)とか、サンネクテール風?とか、似てますが違うというチーズがたくさんありました。
そして、そういうチーズ、特に名前がなかったりします💦

漬物と一緒⭐️
その家々の味がある。自家製でなくても土地のやり方があるのです。

順番バラバラですが…

二つ星クレイエール ルピック ↓

549B2C14-48F5-4CDE-8006-97EBEC0D38EF.jpg

↓  ランスの駅近のレストラン
ナイフフォークでルッコラは食べづらい💦

95352A29-F747-433F-B682-BB7C28A5488E.jpg

↓ ランチの定食についてきたサンネクテール
嘘でしょっていう多さで食べきれない🌀

4AACFA49-7BCB-4785-88FB-426BFF1D1B81.jpg

↓  シェーブルはサントモール率が高い

17FD3FEC-DEA4-4943-8A3C-C79C10B7A09A.jpg

↓  1ポーションが日本の3倍はある
EPA頑張って

やはり、シャンパーニュでは、ラングルシャウルスですな❤️

22BEAEB7-B019-4E8B-A5F1-C5BD0643B66B.jpg

99F25E08-0AA0-4D3D-B053-652E8FD43D75.jpg
↑ 上の2枚はランチです

0E4E026B-201F-4FF8-9769-8BB2739D6FCA.jpg

ガリュ(プロヴァンスの高級ロゼ)を合わせました。
マグナムから注いでくれます
(ビルカール サルモンのグラスシャンパーニュも飲んでますけど)

お料理にもそうですけど、クミンやパクチーが流行りみたいです💦
出汁や昆布を意識したお皿もありました。

正直、私にはちょっとなぁ、照り焼きが苦手なので甘辛い味にして欲しくない。
上品なんですけど。
フランス人は喜んで完食してました⭐️

日本のフレンチはこちらの皆様には少なすぎるんだろうなーと、しみじみ思う毎日です♠️







posted by cave MITSUKURA at 15:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。