2019年09月08日

11周年ワイン紹介


今日は真夏に戻ったような名古屋でした

東の方では今夜から台風だと言うのに、片鱗も感じさせないカンカン照りでした
もう暑さはいいからさぁ



さて、イベントページとFacebookに「カーヴミツクラ11周年パーティー」の案内を載せました
皆様、是非ご参加ください。

今回も大きなボトルを持っていきます

一人750ミリ換算で1本以上にはなりますので、ワインが足りない事は絶対にありません。
ただし、昼間のお酒は酔いますので酒量の加減にはご注意ください

追加のマグナムがスパークリングワインを中心にあると思いますが、主なワインを簡単に紹介します

IMG_9540.jpg

左から、

シャトー・デュルック2001 アンぺリアル(6リットル)


ボルドー、メドックの、サンジュリアンACです。
4級格付けのブラネール・デュクリュのセカンドワインです
作付け面積はファーストでCS70%、ME22%、CF4%、PV4%となっていますが、青さのない柔らかいメドックワインです。
元々が固くありませんし、01は大当たりとは言えないヴィンテージなので、かえって6リットルの寿命ん長さが確認できそうで期待しています。
ブケを堪能したい

クライン アンシェントヴァイン・ジンファンデル2016 3リットル

こちらはカリフォルニア、ソノマのワイナリーです
ローヌ品種で知られる古い蔵ですが、このボトルは樹齢の高い特別な区画のブドウから作られる赤ワインです。
元はイタリアのプリミティーヴォと同じ(だった)ジンファンデルですが、イタリアワインとは全く違います。
果実味豊かなリッチでコクのあるフルボディです。
蝋キャップでソムリエさんがちょっと大変かも

サンテロ 天使のアスティNV 3リットル

イタリアで最も有名な甘口スプマンテですね
マスカットの仲間であるモスカート種で作られる、非常にフルーティで甘いスパークリングワインです。
アルコール度数も低いのでお酒が弱い方でも安心です
てんちょは、こんなでっかいアスティ、初めて見ましたけど

アンリ・ジロー エスプリ・ナチュールNV ジェロボアム(3リットル)

こちらはシャンパーニュの辛口です
ナチュールは「自然派」の意味ではなく、「自然と共存する」という意味で名付けられました。

ピノノワール80%、シャルドネ20%
樽発酵、アンフォラ熟成などの変わった手法の作り手ですが、エスプリは非常に爽やかで良いキレがあります。
特級アイの森の樫材を使用した樽を持ってます。

ヴァルディヴィエソ ブリュットNV 3リットル

こちらはチリのスパークリングワイン、ヴァルディヴィエソ自体はスティルワインも作る巨大メーカーです

ここが南米で最初にスパークリングワインを作ったのです
シャルドネとピノノワール、デイリーではまず飲む弧とのないリットルです。

ミラヴァル・ロゼ2018 3リットル

ブラッド・ピットのワインとして有名ですね
こちらは南仏、プロヴァンスのワイナリーですが、オーナーの俳優よりも生産や栽培をボーカステルのペラン家が面倒見てる事が素晴らしいのです
サンソー、グルナッシュ、シラーなど。

瓶の形のせいか、ワインに見えませんね
リキュールかなんか見たい、辛口ですよ。

ヒューゲル ジョンティ2013 マグナム

毎回、周年パーティに登場してる定番マグナムです
フランス、アルザス産。
ようやくいい飲み頃なのに実はこれが最後の1本。
リースリングやゲヴェルツ、ピノブランなどのブレンド、辛口です。

瓶が長くて注ぐのが大変っていう
グラスが遠いのです。

ボングラン ヴィレ・クレッセ2009 マグナム

大好きボングラン
こちらはブルゴーニュのマコンにある最高の蔵です

樽を一切使用せず、完熟した良質のシャルドネだけを使って白ワインのみを生産しています。
一番安価なマコンでもとっても美味しいのですよ〜
(ヴィレ・クレッセは白のみの名称です)
こちらのマグナムが不味い訳がない

まだ、続く…

ルチェンテ2015 マグナム

こちらも有名ですね、
イタリア、トスカーナの高級ワインルーチェのセカンドワインです
メルローとサンジョベーゼのブレンド、良いフルボディです。
お店のシャルキュトリーとめちゃくちゃ相性が良さそうです

ヴィーニャ・ファレルニア カルムネール2016 マグナム

こちらはチリの赤ワインです。
メルローの親戚みたいな品種、カルムネールです
まろやかですが、そこそこ濃い目。

ファルネーゼ ファンティーニ カサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノダブルッツォ2016 3リットル

これもイタリアワインです。
アブルッツォで高品質ワインを作るファルネーゼのブランドの一つですが、今やここは数多くのワインを作る巨大メーカーになってます
まろやかなモンテプルチャーノが多い中で、これは比較的凝縮したフルボディです。
しかも容量が大きいので、数年じゃ全然変わらさそうです、飲んじゃえ

これで全部、11本
合計30リットル

750ミリ換算で40本分です

もしご参加人数が35名を下回るようなら何か削るかもしれませんし、40名様以上になるなら何か追加します。

6リットルの隣にあると、3リットルも大した大きさに見えませんよね
マグナムで普通、みたい…

通常のボトルを真ん中に置いてみたら、こうなります ↓

IMG_9541.jpg

中央のブルゴーニュが750ミリです。
ちっさ

お問い合わせもどうぞお気軽に。
皆様のご参加をお待ちしております〜






posted by cave MITSUKURA at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。