2019年09月15日

大西洋を望む緑の地


朝晩が涼しくなった名古屋です、今日の日中は暑そうですが
もう来週はお彼岸ですもんね、早いものです。


この前のワイン会の帰り道で、路上で寝ころがる意識不明のサラリーマンらしき若い男性を見かけました

酩酊→泥酔→今ここ、って感じ。
まだ日付は変わってなかったですが、18時くらいから飲んでればああなってもおかしくはない。

手荷物らしきものは無かったですが、最初からないのか盗難に遭ったのか…
てんちょもお酒飲んでましたので、とても一人ではお助けできそうもなかったですが、見知らぬどなたかがおそらく警察に電話してくれてたのでそのまま帰ってきました。
呼びかけには多少返事してたような…

これから寒くなるので、家の布団で寝た方が断然いいですよね



金曜に開催しましたアルザス帰国報告会ですが、楽しく有意義に飲めたと思います
ご参加の皆様ありがとうございました。

何名かの参加者の方が地図を見るために使っている「世界のワイン」が気になったようで ↓

EF2A152B-3E35-4802-B5A8-5C624B7FE182.jpg

この本、全てカラーで詳細な地図や等高線があるのでグーグルマップなどと併用するととても便利です
この本だけでは、市街地や周辺の道路環境などは分かりませんし、
グーグルだけでは、畑の名前は確認できませんので。

てんちょ、もう10年以上これ使っています。
これ以降も改訂版が何度か出てると思いますが、フランスはじめヨーロッパの産地に関しては買い替えなくてもこれで十分

ただ、大きくて重いので寝転がって読む事は無理
「4000シャンパーニュ」も同様です、高かったのにあんまり読んでない…

昔はネットがなかったので、こうした本はとても大事な情報源だったんですよ



さて、久しぶりにワインの紹介します

57197158-8EF5-468F-AED6-727BECE58D72.jpg

キンタ・ダ・カルサーダ ラゴ ヴィーニョ・ヴェルデNV

夏に大人気のヴィーニョ・ヴェルデ
ここ数年で輸入量も種類も随分と増えたと思います

このカルサーダでなくても飲んだ事ある方、多いのではないでしょうか

ヴィーニョ・ヴェルデは「緑のワイン」という意味のDOPで、そのまんま、フレッシュな白ワインです。
微発泡してる事も、ままあります。

産地はポルトガルの北部、ミーニョ地方
スペインのカリシア地方から南に下ったところ、海側にあります。

ミーニョ地方は広大な産地で、ミーニョ川という川が大西洋に流れていて国境になっているのですが、そこから来た名前です。

ポルトガルワインはスペインと地続きなのに、独自の発展をしまくっていまして、その代表的特徴が固有品種の多さです
土着品種はどこの国にもあるものですが、やはりまだメジャーなワインとは言えないポルトガルワインでは知ってる品種の方が少ないくらいだったりします

ボルドーでいくつかポルトガル原産のブドウが採用されることになりましたので、今後は耳にする機会も多くなるかもしれません

で、ヴィーニョ・ヴェルデの規定ですが、ミーニョにはヴィーニョ・ヴェルデ、たった一つのDOPしかありません
1万8千haを超える広大な面積がある産地に2000を超す生産者がいると言う、うじゃうじゃな地域なんですが。

なので、ヴィーニョ・ヴェルデにはサブリージョンが9つもあります
勉強する人、頑張って。
今日はここはスルーで

今日のワイナリーのカルサーダは、サブリージョンの一つ、アマランテにあります。
この地で最も古いワイナリーの一つとして認定されている、100年以上の歴史のある蔵です
同じ名前でホテルも経営しています。ワインもいくつもブランド持っています。

imagem-vinha3.png
HPより、以下同様

3VINHAS-ENOLOGO_ajustada-1.jpg

ヴィーニョ・ヴェルデでは伝統的には、エンフォルカードなどと呼ばれる棚に似た仕立てにするようですが、
(これがよく分からん、きっとリアス・バイシャスみたいな低い棚かと思う💦
    木にツルを巻きつけて伸ばすって、説明が一般的ですが、それってどんなだろうって思いますよね)

最近は、グイヨにすることも増えてるようです、写真もそうですね。

セパージュは、ロウレイロ25%、アリント25%、アザル25%、トラジャドゥーラ25%

くーっ、アルバリーニョ入ってないとさっぱり見当がつきません
字だけ見てたら、赤か白か区別がつかないですね。

スクリューキャップでNV(ヴィンテージなし)、早飲みのさっぱりタイプです
良く冷やして、ランチにでもどうでしょうか、あっという間に1本飲めますよ〜
アルコール度数も10%しかありませんので。

しかも、大変お値打ち
野口君一人で余裕でおつりが来ます

まだ暑い日中ですし、お試し下さい‼️






posted by cave MITSUKURA at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。