2019年10月29日

新聞スタイル


一雨ごとに寒くなる季節になりましたね
街路樹の金木犀がいい香りです、テルペン香バリバリ。

もう10月もお終い、本当に年の瀬を意識する時期になりました

さて、明日30日は2019年半球最初の新酒の解禁です
解禁されるのはイタリアのノヴェッロです。

イタリアの新酒、ノヴェッロはIGP以上の呼称に広く認められた規定で、それ故ブドウ品種は産地に応じて結構何でもアリなんです。
マセラシオン・カルボニックで作ったワインが40%以上入っていなければいけません。
ヴィンテージ表記は単年で必要です。

ミツクラには、これが来ています

F37434D2-14F5-48E1-9540-871F86A87BAD.jpg
ファルネーゼ ファンティーニ ノヴェッロ テッレ・ディ・キエティ2019

NEWSの文字が目印の「新聞ラベル」です
昨年も人気であっという間に売り切れでした。

ファルネーゼはアブルッツォ州を中心に150haもの自社畑を所有し、さらに契約農家からもブドウを仕入れ傘下に沢山のメーカーを従えて非常に多くのワインを生産しています
大会社なんですが、ドのワインも品質が良くてコスパに優れた良いワインばっかりなのが素晴らしい

本当にファルネーゼのワインは何でも美味しいですよ

ノヴェッロを生産するファンティーニはファルネーゼのブランドの一つです
赤白ロゼ、スプマンテと沢山作っていますねー

ノヴェッロはアブルッツォ州のアドリア海に近い二つの畑のブドウから作られます。

ファルネーゼ abruzzo-hd-01-1024x576.jpg
HPより

きれいな畑、起伏がありますね。
アペニン山脈の南東から海へも近く両方の影響を受けてます。

モンテプルチャーノサンジョベーゼのブレンドですが、マセラシオン・カルボニックに30日もかけてるそうで…
長い

規定ではアルコール度数11度以上でなければいけませんが、これは13度あります。
流石イタリア

去年は結構ボディがありました、今年もきっとそうだろうなー
MC特有のフルーティな香りですが、味わいは割としっかりしてて軽いワインじゃなかったです。

リッチな新酒を明日から楽しめますよ〜
お試しください





posted by cave MITSUKURA at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。