2018年12月18日

早飲み韋駄天ブル


あと10日ちょっとで2018年も終わりだとは信じられませんね…
仕事はいたって普通。平和だ。

↑ ダメじゃん



2016年の割り当ての少なさにムキーってなってました、デュジャックですが追加入荷ありました
ドメーヌだよ。

68DDD01F-589F-4497-B290-6C74BCBA6CEA.jpg

2016年は本当に少ないです… 6本ずつです。
が来たのが何気に嬉しい

ピュリニーなんて作ってるんですね、知らんかったわ。
デュガ・ピイのムルソーみたい。

ラマルシュしかり、16年って早く飲めるものが多いですよね〜
飲んじゃダメなのは、ヴォギュエとラショーか。

誰か一緒にホリゾンタルやりませんか???



ブルゴーニュ繋がりで。
この前ビアンヴニュを紹介したついでで、買える在庫がないかと思って見たらこれがありました

75B8150C-4718-44B0-A7CF-6E75F216E928.jpg

ルフレーヴ・エ・アソシエ モンテリー 1er スー・ラ・ヴェル2011

赤ワインです、ピノノワール100%
こちらは2009年から始めたネゴシアンのワインです。

白が有名なルフレーヴですが、赤もやっぱり素敵です
栽培から関わっているだけあって、エレガントで綺麗なピノです。

このモンテリーはヴォルネイのクロ・ド・シェンヌに繋がる1級の区画です。
ここ ↓

ルフレーヴ・アソシエ.jpg
ブルゴーニュワイン委員会より

何故ここなのかと言えば、親類のエリック・ド・シュールマンシャトー・ド・モンテリーを持っているからでしょう。

因みにリュリーのネゴスもありますので、それも同じ供給元であろうかと思われます。
公開されてはいませんが

モンテリーはマイナーなアペラシオンだったせいか、未だに値段は高くなくお手軽に試せますよ。
11年だし、面白そうですね


ルフレーヴはさておき、来年のワインネタもぼちぼち揃ってきてるかも

最大の野望はアルザスに行くこと、かなぁ














posted by cave MITSUKURA at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

真のオリジナルワイン


12月ももう半分終わりましたね。

このところ、数年を経て久しぶりに食べてみたいと思った物が期待したほど美味しくないという不幸が続いて…
何故だろう

味覚が変わってるのかなぁ??
味が落ちたのか??
…なんにせよ、多分もう挑戦しない

ワインは当たり続きで結構な事ですが
先日飲んだルイ・ジャドの特級たちには大変感動しました

8602FD89-FA4B-474F-8491-BBDBE8583BEA.jpg
こっそりDRCも飲んだし



今日のワインは珍品だと思います

ゾラ5.jpg

ゾラ カラシイ2015

このワイン、どこのワインでブドウ品種が何か分かる方、かなりのマニアですね
てんちょ、さっぱり知りませんでした。

産地はアルメニア、ヴァヨツ・ゾルって地方らしい、 ← それは一体どこ??
その中のイェゲグナゾル 地区にあるリンド村だそうです

ここ ↓

ゾラ.png

もっと大きな縮尺で見るとこうです ↓

ゾラ1.png

アルメニアって海がないんですね…
黒海沿岸だと勝手に思ってました。

首都はエレバン、初めて聞きました
アルメニア語と独自の文字を持っています、全然読めませんね。

旧ソビエトですが、その前第一次世界大戦時にはオスマン帝国軍にいながら裏切り者とされて命を落としたアルメニア人が多くいます
アルメニアはキリスト教国ですので、トルコでもソ連でもどちらでも迫害の対象になってしまい、
海外に移住した人が現人口よりも多いという悲しい事態になっています。

オーナーのゾリック・ガリビアン氏もイタリアに移住したアルメニア人です。
彼はイタリアでアパレル産業に従事し成功します
その後、故郷でワイナリーを興すべくイタリア人醸造家アントニーニ氏と共にアルメニアで最良の土地を探しブドウ栽培を始めました。

地球上でもっとも古いワイン作りが行われていた地域だと隣のジョージアと共に注目が集まっていますが、アルメニア南部には旧約聖書に出てくるアララト山がありますので、ブドウ発祥の地=世界最初のワイン産地もうなずけます

有名な話ですが…
アララト山は大洪水の後、ノアの箱舟がたどり着いたとされる山で、ノアは最初カラスを放ちますが暫くして戻ってきます。
数日後に今度は鳩を放ちますが、これもまた戻ってきてしまいます。
その後、再度鳩を放つとオリーヴの枝をくわえて戻り、もう一度放した鳩は戻らず、水が引いたことを知ったという「伝説」です。
近年、こうした大洪水の神話は単なる伝承ではなく史実ではないかという研究が盛んですね。



ワイナリーの設立は2001年、初ヴィンテージは2010年と実に10年もかけてやっと最初にワインが出来た訳です

今日のワインのブドウ品種はアレニ・ノワールという古代品種でアルメニアの固有品種です ← 未知のブドウだわ
他にも白の固有品種を栽培していますが、聞いたこともない品種だー
(ヴォスキアット、ガランドゥマック)

アレニはこんなブドウ ↓

ゾラ3.jpg
HPより、以下同様

葉っぱが特徴的ですね。
この品種は実に6000年以上も前からこの地にあり、古くからワインにされてきたそうです

ブドウは全て自根、畑は標高1400メートルの高地にあります

ゾラ4.jpg

ゾラ2.jpg

醸造はコンクリートタンクで発酵の後、カラシと呼ばれる素焼きの大壺で熟成を行います。
発酵には天然酵母だけを使用、一部の壺は土中に埋められています。
所謂アンフォラですね。(埋めてあるのは地震対策と温度管理のため)

一体どんな味なんでしょうか???
香りはどうかしら??

19日の試飲会に出しますね















posted by cave MITSUKURA at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

賢者バルタザールの恩恵か


季節とは何の関連もありませんが…

100円ローソンを「ひゃくろー」って略すのにいつまで経っても違和感がなくならないてんちょです
名古屋だとホワイト餃子なイメージ先行です。

ま、てんちょもかつてはサークルKを「くるくるけー」って言ってましたけど💦 ← 略してないし



来年の話で恐縮ですが、
新年の福袋は2019年も発売します

5000円で3万円以上のプレステージシャンパーニュが当たるかも
赤ワインはどうしようか思案中。

年末年始の営業は、
12月31日まで無休
1月は4日から営業 毎日11時から21時です


お店は4日金曜からですが、福袋の発売は12日土曜日からです
売り切れ次第終了です。



それでは、今日のワインを紹介します

エヴォディア.jpg

サン・アレハンドロ エヴォディア2016

スペインの赤ワインです
ご存知の方はどのくらいいらっしゃるでしょうか??

てんちょ、この前久しぶりにこれを飲みまして美味しかったので早速再注文してみたという訳です

サン・アレハンドロはスペイン北部のアラゴン州にある協同組合です。
DOカラタユドって分かりますか??

ここです ↓

エヴォディア1.png
縮尺がかなり大きいですが、これ以上小さいと多分地理感のない方には地球のどこか分からないと思う

カラタユド、マイナーですかね…

スペインのDO=産地呼称って、知らないうちに膨大な数になっていて、すっかり浦島太郎なてんちょです
もう一回勉強しないとね。

因みに上記地図上で、ログローニョがリオハ、バヤドリッドがリベラ・デル・デュエロになります。

組合の設立は1962年、フランシスコ修道会に遺骨があるとされる聖人の名前にちなんで名づけられました
エヴォディア以外にも3つのブランドを持っています。

冬には雪も積もる北部の赤土の大地には、スペインの固有品種の他にもボルドー系の品種も植えられています。
組合のメインとなっているのはガルナッチャです。
カラタユドがガルナッチャの産地なのです。

エヴォディア2.jpg
HPより、以下同様

エヴォディアもガルナッチャ100%樹齢100年を超す古木も含まれています

3エヴォディア.jpg
株仕立てですね

青い岩盤のシストやスレート土壌で標高の高い土地に畑はあります。

余談ですが…
ガルナッチャが地中海沿いに南フランスへと渡り、グルナッシュとなった事は有名ですね。
グルナッシュは元はスペイン品種なんですよ

このエヴォディア、スペインワインでも柔らかくエレガントです
多少のスパイシーさはありますが、ドライ過ぎずしっとり落ち着いた味わいでです。
アルコール感もさほどありませんので、飲み疲れることがありません。

ほんと美味しいです

樹齢の古さと標高の高さがもたらす恩恵でしょう

価格も非常のお手頃、千円ちょっとなので
美味しいガルナッチャは毎日の食卓でも十分満足できると思います〜

メグスタ・エスパーニャ
あー、スペインに遊びに行きたい







posted by cave MITSUKURA at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

ようこその畑見たっけ


今日は風が強くて寒く感じますねー

733646EF-9D4E-4166-9A79-9AE7085C80B5.jpg

街中のライトが青いのが何となく寒々しい感じで嫌だったてんちょですが、
「青い光には犯罪抑止効果がある」事から採用してるみたいですね。知らなかったです。
それならいっか。



水曜は今年最後のワイン会、
ドメーヌ・ド・ヴィレーヌの会はとても有意義でした

A11DFCD2-7534-4783-8561-4A43124EEE16.jpg

てんちょがもっとちゃんと説明しないといけなかったんですが…
飲むだけ〜(いつも通りか) …すみません

特にシャルドネが素晴らしい
お値段に差がない事もあり、どのアぺラシオンでも十分な飲みごたえがあります。
ヴィンテージの差もありますが、既にいい飲み頃に入っています

もう2,3年したらそりゃ―完璧になるでしょう

ピノはその点ではどれもまだまだ若いです、承知で飲んだのですけど…
ポテンシャルは高いですよ、持っている方はまだ飲んじゃダメ

509C952E-1659-4203-86E3-44B26A288357.jpg

シャルドネは写真では色が薄く写りますけど、良い黄金色でした
ミネラルと酸、樽の風味が上手く調和していて、飲み辛さは全くありません。
香りの変化も嬉しいくらいに綺麗です。

やっぱりバターやクリームを連想させますけど、塩鮭にも合うというご意見が興味深い
ブルゴーニュとしてはお手頃価格なのでおすすめですよ。

ピュリニー・モンラッシェみたいに楽しめます

いいコルクですね 、流石 ↓

2549E57A-9C2B-4F6E-9A95-6B934EB3D18B.jpg

やっぱり、一度に飲むと非常に理解が容易で良い経験になります
来年もこういうしつこい会をやろう、やろう。



では、ワインの紹介します

4B95E2BC-2287-4957-9836-33D06D7AEFB4.jpg

ルフレーヴ ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ2013

正規品です
モンラッシェを語る上でルフレーヴは絶対に外せませんよね。

D0FE0ED2-098D-4435-84DA-B7F41535E57B.jpg
シリアルナンバー入り

ドメーヌの歴史は100年以上、先代のマダム・アンヌ・クロードが有名ですが3年前に鬼籍に入ってしまってます。
後継ぎは甥のブリス・ド・ラ・モランディエール氏で、工業系の会社を経営して大成功していましたが、まったく異なる分野のブドウ栽培&ワイン作りに転身しました。
そういう変化って望むべくして起こるんでしょうか…

ルフレーヴはピュリニーモンラッシェに25haもの畑を所有する大ドメーヌで、そのほとんどが特級と1級という驚異的な内容です
長らくシュヴァリエ・モンラッシェを頂点として大変高評価を得ていましたが、1991年にモンラッシェも取得しています。

80年代に早くもビオディナミを導入して一層レベルが上がったと言われます
ルフレーヴはオーナーよりも醸造家にスポットが当たる事も多かったですね、
歴代の醸造長でもピエール・モレの名前は記憶に新しい所です

ドメーヌとしての赤の生産はありません。
お値打ちラインではマコンの白を生産していますし、赤はネゴシアンとしてシャルム・シャンベルタンなども作っています

今日のグランクリュは何年も前に(2015年発売)とっくに売り切れたんですが、この度輸入元から再オファーがありました
13年なので価格は安くはありませんが、15年や16年と比べたらまだマシ。

因みに、
2016年で税抜80000円でっせ…

ビアンヴニュなんて変名前ですが(ようこそって意味、しかもバタールって庶子って事です)、そこは伝説が正しいのか。
知らない方お調べください、店頭にいらっっしゃれば説明しますよ

この区画はモンラッシェの5つの特級の内、ピュリニーモンラッシェ村のバタール・モンラッシェの南東にあっ3.57haの小区画です。
一番小さいのはクリオバタールモンラッシェの1.57haです、クリオはシャサーニュ側です。

こんな感じ、ピュリニーモンラッシェ側だけですが ↓

ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ.jpg
ブルゴーニュワイン委員会より

5つの特級の内、クリオを除く4つを生産しているルフレーヴ。
ビアンヴニュにも最大の1.15haを持っています。

最近は割り当てですし全然入荷してきません(16年のモンラッシェは生産がありません)
16年は買いませんでした〜

この13年はまだ飲んじゃダメでしょうけど、店頭に残っているルフレーヴを集めて飲んでみるのもいいかもしれません

買ってもいいなという方はお早目に。











posted by cave MITSUKURA at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

地味か滋味か


流石は太平洋側、冬でも快晴の名古屋
日本海側の方々には信じられない光景らしい。

ところで…
19日の試飲会のお申し込みが取っても少ないですー

皆さん、12月はお忙しいでしょうか…
ま、少なくても楽しく飲みましょう


今日は今年最後のワイン会です

9A80F234-20CB-48FE-A39B-E8F4041A7AFB.jpg

7F5FFF87-578E-429B-886C-A83F1FB4DE06.jpg

ドメーヌ・ド・ヴィレーヌの会

ちょっとワインは若いですが、区画違いの飲み比べがしてみたいのです
数が多いのでアリゴテはなし。
グラスは一人11脚‼️ ↓

D0E6FB1A-FB4D-43E8-8D01-5DCE9AFB9BCB.jpg


今年最後でありますが、もう何をやっても「平成最後」ですね

次の元号は何だろう…
やっぱり「か行」かなぁ、京〇とか、恵〇とか。
イニシャルKで。

それとジャクソンの資料が見つからない
こりゃ、捨てましたね

あほー、どあほー











posted by cave MITSUKURA at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

サングリエ限定ラベル


寒い 急に寒い
いつもの冬の店内になってしまった…

寒くてストーブの前から動けない


皆様、クリスマスや年末年始のワインの準備はいかがでしょうか?

てんちょはまだ何にもやってません💦
クリスマスは無縁ですし、年末年始も下手に準備すると飲み過ぎるだけ、というオチが


今日はちょっと気が早いかもしれませんが、お年賀にぴったりなワインですよ

テッレ・デル・バローロ2.jpg

テッレ・デル・バローロ バルベーラ・ダルバ スペリオーレ2015 猪ラベル

普段、干支や年号を意識する事が滅多にありませんが…
来年は亥年、己亥=つちのとい、です

テッレ・デル・バローロはイタリア、ピエモンテ州の協同組合です

名前の通りバローロを始め、バルバレスコやネッビオーロダルバなどお値打ちで高品質なワインを生産しています。

こちらのワインは日本でもかなり人気があると思います、店頭でも人気ですよ
ほんと、ここのワインは何飲んでも美味しい
しかもお手頃で素晴らしい

このラベルに見覚えのある方は多いかも ↓

テッレ・デル・バローロ.jpg

現在組合員は400を超える大規模組合です。
バローロに認定される11の村の全てに畑を所有しています

こちらのバルベーラなんですが、通常は普通クラスのバルベーラ・ピエモンテのラベルが猪デザインなんです ↓

テッレ・デル・バローロ1.jpg

しかし、
今だけ限定でバルベーラ・ダルバ スペリオーレのラベルが猪デザインで発売されています
それが今日のワインなんです。

通常のバルベーラ・ピエモンテに比べて選別され、熟成させたワインを使用しているスペリオーレです

抽出も濃く、500リットルの新樽で1年熟成させた飲み応えのあるワインになっています。
バルベーラなので真っ黒になったりしませんが、コクがあって良い香りです

価格もとってもお手頃です

ピエモンテと言うとどうしてもネッビオーロにばかり目が行っちゃいますけど、こういう素敵なバルベーラもあるんですよ
新年をこれでお祝いしてみてはどうでしょう???









posted by cave MITSUKURA at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

ルビー色のシャンパーニュ


急に気温が下がって、名古屋も冬になりました
今日は手袋あっても良かったなぁ

お天気は快晴ですけど、流石に店内は寒い…



今日はシャンパーニュの紹介をします

7ED64422-B2C7-4909-9F4C-4B7C85AD3553.jpg

シャルリエ・エ・フィス プレステージュ・ロゼNV

てんちょには個人的に懐かしい銘柄です
昔務めてたシャンパーニュ・バーで「ロゼ祭り」をやってたんですが、その時に初めて扱いました。
10年以上前で、当時はまだ正規代理店がなかったです。

このシャルリエ、とても好評でした
ラベルが今と違ってましたが、同じように赤いロゼでしたね。

シャルリエはマルヌ川の北、エペルネから7,8キロ西にあるモンティニー・シュル・シャティヨンという村にあります。
ここ ↓

シャルリエ.png

小さな村ですが(シャンパーニュの村は大抵どこも小さい)周りにもレコルタンが色々あります
十字軍の遠征を決めたローマ法王ウルバヌス2世の出身地なので銅像が立ってます。

シャルリエ1.jpg
綺麗ですね、HPより

1892年に樽職人のペラン家が伝統的な大樽でシャンパーニュを製造し始めたことに起源をもち、現在は4代目になるシャルリエ家が経営を担っています。
生産は色々あるのですが、日本への輸入は現在ロゼだけ
マール漬けのチェリーとかすんごく美味しそうなんですけど

しかし、このロゼも素晴らしい

こちらのロゼはロゼ・ド・セニエといい、赤と白のワインを混ぜて二次発酵させる通常のロゼとは違う製法を採用しています

セニエという言葉はスティルワインのロゼの製法で聞いた事がある方が多いと思います。
この言葉は「瀉血」を意味するのですが、赤ワインのマセラシオンの途中で果汁を抜く事で作られるためにそう呼ばれています

シャンパーニュでも同じく一次発酵の時点で果皮を漬け込んで色を付ける製法です
シャルリエで12時間から16時間マセラシオンしているそうです。

しかし、
果皮と液体を分離するタイミングがとても難しく、気温やブドウの状態によって毎年異なるために寝ないで見張っていないといけないそうです


さらに。
シャンパーニュの規定覚えていますか??

シャンパーニュにはブドウの搾汁規定がありましたね

2000キロのブドウから1番搾り(キュヴェ)で2050リットル、2番搾り(プルミエタイユ)で500リットルの果汁を取ってもいいことになっています。
セニエで果皮を漬け込むとこのタイユが非常に面倒で厄介なんだそうです。
だからうちはやらない、って言う生産者に会ったことがあります

絞った果汁に皮を戻すんじゃないのでしょうか…
それだけならそんなに難しくないような気もしますけど💦

因みにシャルリエではキユヴェのみを使用、あとはフィーヌに回しちゃいます‼️

ブレンドに比べてセニエのロゼの方がしっかりした骨格や酒質の厚みを感じます
とは言え、やはり繊細なシャンパーニュには変わりません。

セニエのロゼは果皮を漬け込むのでブドウは全て黒ブドウです
シャルリエではピノノワール80%、ピノムニエ20%

こちらは樽発酵に続いてMLFも行い、さらにバトナージュもしています。


このロゼはなんといっても香りが素敵です

最近のスティルのロゼもそうですが、味わいは白と変わらない辛口で食事にもよく合います
しかしやはりロゼ特有の華やかな香りがありますよね。
あれと同じです

フローラル&フルーティですが、甘さだけを連想させるような香りではありません
コクがあって華やか、食事をずっと通して楽しめます。


今ならマグナムもありますよ

AB21E377-7FF9-413A-B135-9BC95E6DDF27.jpg

飲んでみてください〜









posted by cave MITSUKURA at 14:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

メルヘンラベルなのは何故


今日はちょっと寒いかな、本格的な冷え込みは明日からのようですが


来年もワイン会をやっていきたいと思っておりますが、さて、何をやろうかと

ボーカステル
アンリ・グージュ
グロフィエ
も一回ボングラン、今度はマグナム

そして、そろそろやらねば…トロタノワ

FA3FFC79-FB9C-4091-BFE8-B29553EE3CC2.jpg

なるべく多くのヴィンテージを飲み比べたいのですが、いつも上手く揃えられる訳でもなく…
今後は増々難しくなっていくと思う


そう言えば、揃っているとは言えませんが、これの会をやってみたいです

0A58E6B0-A628-4521-8E43-B267E8C41634.jpg

ポッジョ・スカレッテ カポガット2015

イタリア、特にトスカーナの新進ワイナリーがあまり得意じゃないてんちょですが、これは別です
しかし、このカポガットは初めてですね、数がないのです。

スカレッテと言えば、やっぱりこれですよね ↓

0B6E242D-7714-4D5B-A439-14F243364BD5.jpg

イル・カルボナイオーネ2015

キャンティ・クラシコ2015

輸入元ではカポガットもカルボナイオーネも完売
店頭にもあと1本ずつしかありません💦

人気だなぁ

ポッジョ・スカレッテの記事は過去にも何回か書いたことがあります。
オーナーのヴィットーリオ・フィオーレ氏はイタリアワイン業界ではめっちゃめちゃ有名な人です

アルトアディジェ出身の彼は、農業学校を卒業していますが自分のワイナリーを興す前に多くの年月を他州のワイナリーで経験を積みました。
カパルツォ
ヴィッチオマッジョ
テラビアンカ
モンテヴェルディ
など、一流メーカーばっかりです
そしてフィオーレ氏のおかげでこれらのワインの名声があると言っても過言ではありません

イタリア醸造技術協会の理事にまでなった彼は37歳でついに自己ブランドを確立します
最初から全く妥協のない畑と醸造設備はイタリア人の気質を考えるとかなり例外的です

これくらいいっか…
まぁしょうかないよね…
という事が一切なく完璧に管理されています

畑は、第一次世界大戦直後に植樹されたサンジョべーゼ・ディ・ラモーレのオリジナルクローンが占めています
フィロキセラでイタリアのサンジョベーゼが全滅した後の最初のクローンが植わってるという事です
うーん、すごい。

畑のある場所は、グレーヴェ・イン・キャンティというフィレンツェ近郊 ↓

ポッジョ・スカレッテ.png

因みに今ではキャンティ・クラシコがありますが、
イル・カルボナイオーネと他のワインは
IGTアルタ・ヴァッレ・デラ・グレーヴェです

なんじゃ、そのIGTは。知らないなぁ
DOCGキャンティじゃないんです…

初ヴィンテージは1992年
最初はイル・カルボナイオーネだけを生産していました。
1種類だけを妥協なく作ってんですよー

今では白も合わせて5種類のワインがあります

現在、蔵は4男のユーリさんが仕切っています。
カポガットはユーリさんは07年に作り始めた銘柄です。
彼はボーヌの醸造学校を出ています、他のお兄さんたちもみんなアメリカや南アでワインビジネスに従事しているワイン一家です

カポガットは、サンジョベーゼじゃなく、
カベルネ、メルロ、フラン、プティヴェルドが25%ずつのボルドーブレンドです

白も手に入らないかなぁ…
一緒に飲んでみたいのです










posted by cave MITSUKURA at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

アモリーノとは小さな愛


今年は本当に暖かい…

なので、グリューヴァイン(ホットワイン)が全然売れません
週末には寒くなるようですが、ようやく冬の気温になるのでしょうか。


カストラーニの赤と白が入荷しました

C4A0B7A7-B0D5-4736-83AE-A118ECA473D8.jpg

アモリーノ ロッソ
モンテプルチャーノ・ダブルッツオ2013

アモリーノ ビアンコ
トレッビアーノ・ダブルッツオ2017

です。
どちらも本当に美味しいです
もう一度飲んでみたいなぁ

赤は13年⭐️
落ち着いたいいフルボディですよ。

ボトルにはカストラーニの名前入り、特注品ですね✨‼️ ↓

CFEA4601-B7A5-432E-A1D2-3A2F330467C1.jpg

そして、このラベルに描かれているのはペンダントなんです‼️

その昔、村の女の子に恋した男性が求婚の返事を確かめたくてその女性にペンダントを贈りました。
もし、好意を受け入れてくれるなら、次の日曜の教会のミサにそのペンダントをしてきて欲しい、と。

果たして…
その女性はペンダントを着けていました✨❤️

こうしてめでたく結ばれた二人ですが、その話を聞いた彼女の父親がそれはいい、とそのペンダントを商品化したんです‼️

お父さんのお仕事は宝石商でした💦✨

それをラベルに採用した、アモリーノ。
小さな愛という意味です。

バレンタインにはもってこい、だと醸造家のアンジェロさんが言ってました‼️㊗️



来年も沢山の生産者さんに来て欲しいです

頑張ります


…いかん、やっぱり書いていられない
明日事、長々ワインを語りたい



posted by cave MITSUKURA at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

今日も書けません


す、すみません
ブログがちっとも書けません…

紹介したいワイン色々あるんですが。

明日こそ
posted by cave MITSUKURA at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする