2017年04月23日

歴史お勉強 こんどりぅ


朝晩は多少肌寒いですが、気持ち良い陽気です

今日は仕事前に名古屋市長選挙に行って来ました。
てんちょ、名古屋に住んでもう20年以上、もうちょっとで人生の半分が名古屋になります💦


ところで私、Facebookのミツクラのページに先日の「ピエール・ダモワの垂直試飲会」のご案内を載せたはずなんですが…
見当たりませんね

「満席になりました」とコメントに書いたんですけど…
誤って削除しちゃった???んなアホな。
もう終わっちゃったし、満員御礼で問題ないからいいけど、なんでかな〜 夢か?

次の縦飲みはこれのつもり ↓
BDEA6E98-CEF7-451B-8DC2-D5A858D702B8.jpg

そしてこれも ↓

75F59D16-4FBC-4AB1-AF37-E53E94E2DE66.jpg

ブルゴーニュばっかになってますね

間にボランジェ挟もうかな
RD2002の美味しさを一緒に味わいませんか



さて、今週は月例の試飲会「ローヌ・南仏」ですが、まだ余裕です
誰か来ませんか〜

価格的に流石にコート・ロティは出せなかった💦
シラー100%をニューワールドと比較したかったんだけど、ロダニエンヌで。

コート・デュ・ローヌはフランスで2番目にAOCの多い産地です
最近でもケラーヌなど、新しいアペラシオンが増えています。


試飲会で最も経験すべきなのは、やっぱりコンドリューでしょうか

D5C0999A-C7A6-4F58-9CF9-CD72E49C75A8.jpg

この二つ出しますね。

コンドリューって、名前は知ってるけど、普段飲む機会がないという方が多いと思います

香りの高い辛口白ワインです
香りはゲヴェルツと比較されることが多いでしょうが、ヴィオニエ特有の香りがありますよ〜

ヴィオニエはフランスでも最も古くから栽培されている品種の一つです。
病虫害に弱く、収量が少ない上に、十分な日照に恵まれないと著しく品質が落ちるという、
とても厄介なブドウです

コンドリューにはローマ時代からヴィオニエが植えられていましたが、
ローマ帝国第11代皇帝のドミティアヌスは92年にヴィオニエの栽培を禁止してしまいます
当時は兵士の給料の一部がワインでも支払われていたのですが、ヴィオニエのワインは兵士に有害だと考えられたそうです。
多分、よっぽど美味しかったんでしょうね〜

甘い物がない古代では甘口のお酒はそれはそれは重要で、普段ローマ市民はワインを蜜などで甘くして飲んでいました
完熟したヴィオニエの甘い香りと味わいは、大変魅力的だったんだと思います。

しかし、その後3世紀に軍人皇帝プロブスが再び植樹を命令し、ヴィオニエは復活します

中世にはリヨン司教の所有となるコンドリュー地区ですが、ワインの評判は高く、
アヴィニョンの法王に献上されたり名声を築きます

19世紀にはキュルノンスキーと呼ばれた美食家のモーリス・エドモン・サイヤンに「フランス最高の白ワイン」と言わせていますね。

しかし、そんなコンドリューは名声に恵まれながらも、近年は苦境が続きました

フィロキセラ
グランドゲール(第一次世界大戦)
世界恐慌

そうして、ローヌで最も歴史のあるコンドリューの畑は打ち捨てられ、
市場の縮小とと共にヴィオニエのワインはほとんど消滅してしまいました
第一次世界大戦での人口の減少はフランスでは著しく、国が傾くほどだったんです…

AOC制定時には170haほどあった畑は僅か10haほどになって時期もあったとか…
当初3つの村から始まったコンドリューのワインは、後に周辺の4つの村へと広がりますが、
80年代になり、生産者たちはワインの品質を守るためにヴィオニエが完熟する畑だけを残して、以外はAOCから排除する決定を下しました。

そんなこんなの長ーい歴史を経て、今日のコンドリューがある訳です

畑はコート・ロティと同じく、こんな急斜面です ↓

condrieu-cf001106.JPG
ローヌワイン委員会より、以下同様

condrieu-cf001019.JPG

ブドウ樹がに結んであるの、お分りでしょうか?
こうしないと、斜面の下へと傾いて行っちゃうんです…

くちなしの花の様な華やかな香りのヴィオニエ、楽しみです〜






























posted by cave MITSUKURA at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

ボンドのシャンパーニュ


今日は風が強いですね〜
日傘が役に立ちませんでした…💦

木曜は大阪へシャンパーニュの一大メゾン、ボランジェのセミナーを受けに行って参りました

去年は二次発酵前の原酒(ヴァン・クレール)の試飲を含む大きな会だったのですが、
今年はラ・グランダネ2007のお披露目を兼ねたテイスティング会でした。

コマーシャル・ディレクターのギィ・ド・リヴォワール氏が今年も来てくれました

732646AD-32F3-4873-9FB9-95A993F0AEF8.jpg

因みにこちらが去年の記事 ↓
http://cave-mitsukura.seesaa.net/archives/20160407-1.html
(改めて読むと肝心な事を割愛していますね

今年も一番前に座ったので、よく目が合いました
そして、勉強になりました

毎年、順調に生産数が増加していそうなシャンパーニュですが、
2016年のシャンパーニュ全体の消費量は2.1%の減少
フランス国内では-2.5%、輸出で-1.6%

これはテロの影響だそうです
観光客が減り、フランス人も外出を控えてホテルやレストランでの消費が下がったり、
クリスマスや年末の最大の需要がある時に、前年ほど売れなかったようです。

これは日本への輸出量でも同様に減少していますが、
2016年には輸入第3位のドイツを抜いて日本が3位になりました

ボランジェだけの販売統計では、日本は7位
昔からイギリスで売れていたボランジェは、やはりイギリスが1位。
んで、国内(フランス)が2位で、3位はなんと、オーストラリアです。
これはアングロサクソン系に強いからでしょうね〜

007のシャンパーニュですしね

でも、日本は高額のシャンパーニュ(クリュッグは2位ですし)やロゼが占める割合が多いので
シャンパーニュメゾンにとって、日本は非常に重要なマーケットなんです
いいお客なのよ

ボランジェは大手メゾンとは言え、特異な点がいくつかあります

ヴィンテージ以上は全て225リットルなどの樽発酵で、
リザーヴワインはマグナムボトルで保存、
自社で樽職人(クーパー)を抱える唯一のシャンパーニュメゾンで、無形文化財に指定されています

樽発酵って、めっちゃくちゃ面倒なんですよ。
早い段階から果汁を少しずつ空気に触れさせる事で、より熟成の耐性を付けることが出来るそうで。
これ、昔から何度も聞いてるけど、果たして本当にそぉなの???
(個人的にはどーも腑に落ちん)

自社畑の比率も高いですね
170haもの畑を持ち、ヴィンテージに至っては全体の70%を自社畑のブドウで賄っています
買いブドウに頼る事が大半のメゾンにあって、これはすごい事です

ブドウの主体はピノノワール
メゾンが特級アイにある事からも、ピノノワールを一番の主軸に据えています。

試飲は4種類。

8851B82B-774E-4CD6-ADB1-045D5898E763.jpg

2007年のグランダネは日本では4月1日に発売になったばかりですが、
当初は難しいヴィンテージと考えられていました

春が寒く、開花が遅れた上に雨の多い6月になりブドウの健全性が懸念されました。
7月には天候と気温が回復して、遅れを取り戻しました。
8月31日にヴェルズネイから収穫をスタート、雨が降る恐れがあったので急いで作業し、最後はキュイのシャルドネを収穫して終了でした

その後、一次発酵後のテイスティングで予想以上に出来が良かったので、
ヴィンテージを作る事になったそうです

2008年6月に瓶詰め、その後最初のロットが2016年5月にデゴルジュマンされるまで、
実に8年も瓶熟されていたことになります

05よりずっと円熟感がありますよ
既にいい飲み頃になっています、早くはないですね。
04年がいい感じですが、それよりも早くピークが来ているようです

それにしても、RD2002は素晴らしく美味しいですね

RD.jpg
ヴィンテージ違いますが

去年もすごく美味しいと思いましたが、今年も全く変わらず美味しかったです。
まだまだ熟成するでしょうし、今後数年以上、頂点が長く継続するでしょう

最期に貴重な赤ワインもありました

コート・オーザンファン.jpg
スティルワインです

ボランジェの作るコトー・シャンプノワは、コート・オーザンファン(子供たちの丘)と呼ばれる単一畑のピノノワール100%です。
良いヴィンテージのみの生産ですよ。
アイの北の急斜面にあるこの畑は、あまりにも斜度があるために「敏捷な子供くらいしか登って行って収穫作業が出来ない」という意味で先の名前が付けられています

子供の遊び場って訳じゃないのね…

ヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズに次いで生産量が少ないこのワイン、
てんちょ、3年くらい前に2009年を飲んだ時には強烈な印象でした
固くて固くて、まったく飲み進められない…

が、13年は優しかったですね〜
無理なく飲めて、果実味も豊かですし、アロマが豊富で非常にいい出来です
あれ?って思うくらいしなやかだったわ…
13年からは一部全房発酵を取り入れたそうで、14年以降は本格的に始めたそうです。
スタイルが変わってきましたかね??

そんなに飲んだ事なくて、あまり「これがコート・オーザンファンだ」って言えないの

もう多分09年もこなれてきているとは思いますよ
ボランジェ会やろう、秘蔵ボランジェあるんです。

因みにこの赤ワインが、グランダネのロゼの色付けに使われています

「あらゆる果実のアロマを体現する」というボランジェ、
機会があれば是非飲んでみてくださいね
























posted by cave MITSUKURA at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

ダモワの13年制覇


うーん、4月も後半だというのに花粉が一向に収まりませんね

昨日はピエール・ダモワ2013水平テイスティングでした
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。
E7467C08-F482-4CA3-9BFE-A8705843E292.jpg

結果から申し上げますと、非常に満足です
(そりゃそーだわ)

てんちょも入れて13人で11本なので、余裕でしょ、と思っておりましたが…
結構減りませんでしたね
13年は寒い年で収量も少ないのですが、予想したほどシャープではなくてエレガントでした
しかも、07や09と比べて色が薄い
08年の様な酸はなかったですね。

クロ・タミゾも透明度が高くて、チャーミングでした。
私、居並ぶ特級よりもこのクロ・タミゾが一番好きです。
たみぞうさ〜ん

当然ながら、13年ではまだ飲み頃の手前なので、アルコール感もはっきりしてて酸味もバリバリですが、
そこまで辛い訳でなく、非常に美味しいです
アロマがとても豊かで複雑でしたね〜
これがあと5年10年したら、もっといい香りになるんでしょうね
(とても待てませんが)

ダモワの力強さやジュヴレイらしさよりも、エレガントさやふくよかさを真っ先に感じた13年です
当然まだ若いですし、ワインだけで飲むにはちょっと厳しい感じですが、食事のお供には既に問題なさそうですよ。
9349D960-8068-4508-96FC-AA85E48090DF.jpg

しかし、価格は正直ですね〜
並べて飲むから一層、価格の差がはっきりしちゃいます…
特級になると途端に香りも味も一段上がって、全然別物です

やっぱり、1級と特級では格段に違います、こういう所はシャブリモンラッシェに似てますね
特級への力の入れ具合が1級や村名とは全く違うのがよく分かります、特級を飲んでみないと分からない世界です。

クロ・ド・ベーズは流石の香りと余韻です
余韻が長いってホントいいワインです。
あーぁ、4万超かぁ…

皆様、真面目にワインに向き合ってくださって嬉しかったです。
結局飲み会になっちゃうんですが、それでいいのさー

また、何かネタを探してやりますので、興味ある方は是非ご一緒に体験してください






posted by cave MITSUKURA at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

エレガントリッチよ


18時なのに、もう結構な酔っ払いかも…
仕事しますよ、できますよ(やって当然ですけどね💦)

今日はブルゴーニュの大ドメーヌ、ジャック・プリウールのメーカーズランチでした

醸造家のナディーヌ・ギュブランさんがわざわざ来名してくださり、
D7FD43C4-856D-43AA-B5F7-01331E04C5A4.jpg

新シリーズのネゴシアン物
「ラブリュイエール・プリウール・セレクション」
↑ 日本人には言いづらいけど、名字が二つくっついてるだけ

これまた新シリーズのシャンパーニュ
「JMラブリュイエール」
↑ 1850年マコンで創業した当時のマダム、ジャン・マリーさんの名前を取ってます

の二つをドメーヌワインと共に試飲、解説いただく会でした

試飲は5種

9A540A72-7439-4FCB-9651-A1C262D5CCB5.jpg

でも、全然試飲じゃなくて、結構飲んでしまったかも

62A7A1F6-4E7A-4C55-9469-1D621677643C.jpg

集まってくださったプロフェッショナルの方からも、とてもいい質問があり、
ディアムコルクとスクリュ―キャップの話
プレモックス(プレマチュア)の話
など、真面目で丁寧な解説を聞くことができました

知ってた事も知らなかった事も含め、一人の醸造家としてそうした問題に向き合っている彼女の真摯で誠実な姿勢がよく分かりました。
市場のせいにしたり、消費者の問題にせずに、率直で潔い印象です
販売を行う業界のプロにもはっきりそうした点は言及されてましたね。

が、また細かい話は後で書きます
(ネタがない日に書くね)

四間道レストランの食事も美味しかった✨

988DB71B-2AFE-479A-B655-7F81FDFD1878.jpg

43D8AC2F-947E-4E99-BCF1-D1C63248B16C.jpg

FD379BFF-8D29-409A-B8FE-A1606ACE55BA.jpg
一部だけ

もう少し頭を整理してから、書いた方がよさそうだわ💦

だって、今日はその後ワインコンプレックス(業界展示会)行くだけ行って、
知ってる業者さんと業界人に挨拶して終わってしまったくらいバッタバタで、
発見は二つくらいと言う、ていたらくな収穫で…

だりー

21時までお茶を濁したら(こらこら)、はよ帰って寝よ。
明日は大阪でボリンジャーの勉強で、その後ピエールダモワにとんぼ返りだて


まーかん。

いや、ちゃんと勉強しましたよ😘✌️



posted by cave MITSUKURA at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

珍品あったわ


雨も上がって快晴になりましたね
が、今年の花粉は多くてしつこいです〜今日も辛い…

急に暑くなった日本ですが、フランスは寒さでピンチです

4月なのにほぼ全土で気温一桁です。
シャンパーニュでは展葉が始まっているのに、気温がマイナスになりそうで…
やめてー、今年も波瀾万丈のヴィンテージの予感

で、名古屋ですが、
明日と明後日は何かとワイン関連のイベントが重なっておりまして、大変かも💦
いつもそうですが、何故同じ日にやるのぉ

明日は名古屋初のワインコンプレックス(業界向け展示会)なので、生産者も来てるところが多く、
あちこちでセミナーやらメーカーズディナーやらありますが。
てんちょ昼の部でダブルヘッダーするから、これ以上余力ありません

また報告します。

今日のワインは間違いなく珍品です
ご注文いただいて、そういえばあったな、と思い出すほどのセラーの肥やし状態

ワインはこちら ↓
47E5BFFB-1638-40FA-9F50-5F25542E29D1.jpg

ミレスチ・ミーチ 
トランダフィール・モルドビ1986 & ネーグル・デ・プルカリ1986


何だか分かりますか??

これ、モルドヴァのワインです

こんな可愛いワイナリーです ↓

ミレスチ・ミーチ.jpg
HPより

ワインの噴水〜

写真の右は白の甘口、左は赤ですが、何にも分からないです
ヴィンテージは86ですが、瓶詰めは2005年との表記です。
手書きだ、全部で2500本程度の希少品らしい。

ワイナリーはシャルドネやメルローのような国際品種と土着品種の両方を栽培しているみたいです
土着品種はララ・ネアグラ、サベラウィ… ??

今日のワインは通常ワインとは異なる「コレクションシリーズ」です
HPのコメントにも「珍品」と書いてあります。

ロウキャップで長熟ですが、果たしてどんな香りと味がするんでしょうか?

うーん、こういうの買ってくれる人いらっしゃるんだなぁ〜
マニア万歳







posted by cave MITSUKURA at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

カベルネの過去のポートレート


今日は快適な気温ですね、いつもこうならいいのに(花粉さえなければ)

イベントページにマルセル・ラピエールのクリュボジョレー会のご案内を載せました

751.jpg

興味のある方はどなたでも歓迎です
ワイン代はほとんどタダみたいなモノなので、めちゃくちゃお得な会です

甥のパカレも入れてみました(モルゴンないからムーラン・ナ・ヴァンね)
15年のサンスフル(so2無添加)の話もしますね〜

ガメイかぁ… という人は来ないでください

この話を会場のラヴィッスマンの野村さんにお話ししたら、即答で、
「いいですね〜、バックヴィンテージが凄く期待できますねと言っていただけました
(そして、よくそんなワインありましたね、とも)

ラピエールやシャトー・デジャックなどの優良生産者のクリュボジョレーをちゃんと飲んでいる方は、熟成の素晴らしさ(まるでピノ、間違えても不思議はない)や、元の酒質の高さをよくご存じですね
ヌーボーしか飲んだ事なくて、ガメイを低級のブドウだと決めつけてる人には永遠に訪れないであろう経験。

ま、好みは自由ですから。

ロウキャップですし、元から強めのモルゴンなので、自然派ワインだと言う事抜きにして、良い熟成しててほしいなぁ
悩ましいお料理(メイン)ですが、そこはお店に丸投げ
期待してまーす。

今回、シャトー・デジャックは入れませんでした💦
ラピエールとは毛色が違うんですよね、それはそれでまた機会があれば

…てんちょ、シャトー・カンボン2009を持っていたはずなんですが、どこを探してもない
99%飲んじゃったんだと思うんですが、何故この機会まで待てなかったんだろう…
ばかばかばか

きっと、
「まー、いっか。これで」と深く考えもせずに、一人で開けたんだと思います
お酒は飲んでなんぼ、くよくよするでない(自己憐憫)


さて、新入荷ワインの紹介します
今日のは高級ボルドーです。

IMG_0047.JPG

シャトー・ラ・ミッション・オーブリオン1996


高くなったわね〜

現行の13年でもおっとびっくりなお値段です。
(アンジェリュスの値上がりも絶句だけど同じくらいだわ)
ついぞ飲んでいません、この銘柄💦

ボルドー、グラーヴ地区の赤ワインです
AOCはペサックレオニャン、1級オーブリオンの向かいにあります。
ラ・ミッション自体も超有名シャトーですし、お向かい同様に500年以上の歴史があります
1983年にオーブリオンのディロン家に買収され、同じ経営となっています。
この時、ラ・ミッションと一緒に所有していた、ラヴィルとラ・トゥールの二つのオーブリオンも売却されたので、4つのシャトーは同じ経営者に属することになりました。

似た名前が多いですが、整理しましょう

シャトー・オーブリオン
1級5大シャトーの一つ、現在のラ・ミッション・オーブリオンはここと同じ所有者です。

シャトー・ラ・ミッション・オーブリオン
今日のワイン、ワインしか作っていません。

シャトー・ラヴィル・オーブリオン
ここは逆に白だけのシャトーでラ・ミッションと同じ経営でしたが、売却に伴いオーブリオンに帰属。
その後、2009年に名称を変更して「ラ・ミッション・オーブリオン・ブラン」となり現在に至る。

シャトー・ラトゥール・オーブリオン
ここも赤だけ。ここは元は上記二つの所有者とは異なる経営でしたが、当主のクストー氏が亡くなった後、近所の親しかったラ・ミッションのウォルトナー氏が未亡人の為に醸造を含む経営を引き受け、その後譲渡されています。オーブリオンに買収後、2005年を最後に生産は中止、現在はラ・ミッションのセカンドにブレンドされています。

お分りいただけました??
グラーヴは赤も白も作っているシャトー、片方しか作っていないシャトーがあるのでややこしいですね
しかも、格付けが赤のみ、白のみ、両方あり、となっているので、
どのシャトーがどれを作っていて、どっちが格付けだったか、良く忘れます

普段触れないシャトーは全然整理できないまま、毎度調べることになるわたくしです

んで、今日のラ・ミッション・オーブリオンですが、
96はカベルネの権化です

10年以上前に何度か続けて飲んだ事ありますが、カベルネソーヴィニョンのアロマがぎっしりでした
刈りたての芝生と墨汁とインクが濃厚に混ざっていて、むわん〜とピーマン、
青いわ、強いわ
カベルネって果実の香りが全然しないって驚きましたよ💦

今では考えられない、素直なフルボディです
もちろん熟成していますので、まったく同じ香りはしないでしょうけど。
当時、カベルネソーヴィニョンが好きならこれだね!って全員、文句なしでしたよ。

現在はメルローの比率が高めで半分はメルローです、
83年の経営統合以降から同様の対応だった用ですが、それにしては96は青々だったわよ

日本語のHPありますよ
http://www.mission-haut-brion.com/jp/

シャトーのコメントも、
「長熟型のスタイル、カベルネの良い年に見られるクラシックなスタイル」となっています。
まだまだ飲み頃の途中、余裕でしょう

このシャトーには面白い「伝説」があります

有名な話だから聞いた事ある方も多いと思います。

ラ・ミッション(伝道師)の名前の通り、このシャトーはラザリスト修道院の所有でした。
今でも、シャトーはサン・ヴァンサンを祀っていますが、ラザリスト会の創設者も偶然サンヴァンサンと言います。

シャトーが祀っているのは「ワインの守護神」サンヴァンサンです。

4世紀に殉教した司祭らしいですが、何故ワインの守護神なのかは、いまいち定かでない。
聖ヴァンサンのお祭りはブルゴーニュにもありますし、ヨーロッパでもあちこちで聞く名前です。

聖人となったサンヴァンサンは天国でのどが渇いて仕方ない、理由を考えると地上で飲んだワインの味が忘れられないからだと気づき、天使に頼んで一時だけ地上に返してもらいます。
彼は真っ先にラ・ミッション・オーブリオンへ行き、ワインをたらふく飲んだそうですが、
時間が来ても戻らないので、天使は彼を石に変えてしまいました。
この石は今でもラ・ミッション・オーブリオンにあるそうです。

それくらい美味しいワイン、という訳です

値は張りますが、これを選ぶ人は渋い鑑識眼をお持ちですね
あー、飲んでみたいわ。









posted by cave MITSUKURA at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

うっとりスーハー


昼間はもう暑いくらいですね、日傘デビューしよ

ようやくスマホをiPhone7に変えました
6を使っていたので、8が出るまで粘りたかったけど、どうもここら辺が限界みたい…

しかし、どことは言わんが、携帯屋さん、色々と問題あるよな〜

オンラインショップでシュミレーションしたプランに「申し込めません」と言われたり
(↑ 印刷して持ってったら申し込めた
ある程度はお仕事だし仕方ないけど、やたら営業トークが長く、しつこかったり
(↑ いらんオプションなんて一切申し込みません

違うキャリアでも大差ないみたいね

今回、夜中に酔って最初の設定をやり始めた私。
案の定上手くいかず、翌日素面でやり直そうとするも、
6桁のパスコードがどーしても思い出せない

片鱗も出てこないし、やればやるほどロックされていくだけ
バックアップ復元する前だったし、初期化して事なきを得たけど、時間は無駄になった 

たしか、20年以上前に初めてパソコン買った時にも、
酔って設定始めたが故に、後々、何かと厄介な事になったよなぁ…

教訓
パスワードが必要になるデジタル関連の初期設定は酔ってやってはいけません
(当たり前だ)


くだらない話は置いといて、ワインのご紹介します
まーた、ブルゴーニュなんですが💦

IMG_0045.JPG

イヴォン・クレルジュ ヴォルネイ1er カレル・スー・ラ・シャペル2005

ブルゴーニュ、コートドボーヌの赤ワイン、ピノノワール100%
一度売り切れましたが、再入荷です

イヴォン・クレルジュはヴォルネイで1268年からブドウ栽培をしている超老舗ドメーヌです
「ブルゴーニュで最も古い家系」としてギネスに載ってるらしい

1400年代にはパリの宮廷に納品していた記録があるそうです。
1936年にモノポールのクロ・デ・ヴェルセイユを取得。
現在の当主はティボーさん、スイスでワイン醸造の仕事をしていましたが83年に先代の逝去を受けて帰国しています。

所有畑は、ヴォルネイ、ポマー、ムルソーに6ha。
ブドウの一部はネゴシアンに売却もしています。
ホテルもやってますね〜

今日のカレル・スー・ラ・シャペルノ畑はヴォルネイの真ん中、広めのシャンパンの北隣です
完全除梗で発酵後、228リットルの樽で18から20か月熟成。
新樽は30%以下で、香りにはあまり感じません(それがいいの)

とにかく香りがいい
ワインの魅力は一番に香りだと思うてんちょ、このワインは最初からいいですわー

非常に出来の良いヴィンテージとなった2005年、リリース直後にあった固さはもう全くありません
しなやかで、伸びやか、正にエレガントとはこういう事だよというワインです。

どっしり重厚なポマールに比べて、軽やかなでシャープさもあるヴォルネイ。
てんちょ、ポマー派なんですが、このヴォルネイはお勧めしたいわ〜

他にも来てて、全部で4種類

IMG_0046.JPG

07や09だよ〜
諭吉で余裕で買えますので、ブルゴーニュ好きにはお勧めします








posted by cave MITSUKURA at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

甘口賛歌


強風の名古屋、花粉も多くて…
まーかん、エー加減にしたってちょ

ワインが続々と入荷してきました

スカスカだったブルゴーニュもだいぶ充実しました
んが、ちょっと買い過ぎたかも…
ま、1年かけて売りますから大丈夫


今日のワインはちょっと変わり種です

153B6E6E-B786-4FD1-9D67-C058BEBB5046.jpg

4BC1D3EE-5A91-47FB-8272-1F9DA0690646.jpg

シャトー・ドーリニャック ピノーデ・シャラントNV


これ、何か分かりますか?
ブランデーみたいな色ですが、蒸留酒ではありません

これは甘口ワインです

ワインの種類としては、ヴァン・ド・リキュールという名称です

ブドウ果汁にブランデーを混ぜて作るお酒です。
発酵前の甘い果汁にアルコール分の高い蒸留酒が混ざっていますので、甘口ですがアルコール度数は20度前後あるんです

似たようなお酒に、ヴァン・ド・ナチュレルっていうのがありまして、ワインの勉強する人は大抵セットで覚えるんですが、こっちは「発酵途中の」果汁にブランデーを添加するんです。
そこが大きな違い。
南仏のルション周辺に多いですね、こうした酒精強化のお酒は

バニュルスがおそらく最も有名でしょう
ミツクラにもありますよ。

他は名称が細かくて沢山あるから記憶が追い付かない…
いつまで経ってもうろ覚えなんです

で、

ヴァン・ド・リキュールも産地によって更に細かい名称があり、
今日のピノーデ・シャラントはコニャック地方で作られるヴァン・ド・リキュールの事です。
添加するのはもちろんコニャック、一応白とロゼが認められていますが、てんちょはロゼ見た事ありません💦

シャラントというのはコニャック地方の県名で、ピノーとはブドウの事です。

小さなドメーヌが作ってる事がほとんどですが、大手のレミーマルタンのピノーデ・シャラントなんてのもあるんですね
飲んでみたーい

作り手のシャトー・ドーリニャックはこの地で少なくとも800年以上ブドウ栽培をしている大変な名家です
こんなきれいなシャトーです ↓

orignac-galeriephoto-ext2.jpg
HPより、以下同様

ここも主にコニャックを生産する傍ら、今日の甘口ワインも作っています。

意外な事に、ブドウはメルロー60%、カベルネソーヴィニョン40%
ほんとかなぁ…

225リットルのオーク樽で最低5年は熟成した「原酒」をブレンドしています

orignac-galeriephoto-chai.jpg

食前酒、食後酒として飲まれる事が多いですが、
「必ず冷やして」飲んでほしいと醸造家イヴァン・メイヤーさんのコメントがあります

日本人には馴染みのないお酒だとは思いますが、
日持ちしますので、ナイトキャップに少し飲むにもいいですよ

沢山在庫は必要ないけど、店頭にあってもいいかな、と思うVDLやVDN
甘口好きな方におすすめ、
そうでなくても、たまにこういうの飲むと美味しさがしみじみ実感できますよ〜








posted by cave MITSUKURA at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

素直が一番


今日は肌寒いですね…

早速ですが、新入荷ワインを紹介します

152A8B9F-AD7D-4890-9B79-1C7FE8E9DD4F.jpg

フィリップ・パカレ ムーラン・ナ・ヴァン2015

人気ですっかり高くなったパカレ
ただの村名ジュヴレイでも1万円をとっくに超えています

なので、長らく仕入れておりませんでしたが、この度特価が出ましたので店頭に復活
最近そんなんばっか。でも、そうでもないと、なかなか買えません💦

他にも来てます ↓
02710BD6-DA33-41B7-BB35-0DD7FFCCFBF9.jpg

あと、コルトンシャルルマーニュもある。

が、今日はボジョレーを取り上げます〜

F2D29E4D-1FC6-4057-9CCA-EEE9F50D3A66.jpg
シンプルラベル

そういえば、てんちょ、パカレのボジョレーってヌーボーしか飲んだ事がなくて、
今回、初めてクリュボジョレー扱います

パカレといれば、マルセル・ラピエールの甥にして自然派ワインの代表的生産者として有名ですね
故マルセルとジュール・ショヴェの教えを最も体現している作り手です。

醸造学校時代にジュール・ショヴェに出会い、ビオの理念を教わる一方で、畑仕事や醸造の実務は叔父のマルセルから学んだフィリップは、卒業後、プリューレ・ロックで10年間醸造責任者を務めてます。
その後、2001年にフィリップ・パカレとして独立、現在に至るまで取り扱うワインの種類は増え続けて、今じゃコルナス(ローヌ)まで作っています

全て野生酵母で全房発酵、自然派と言われる手法です。

マルセルでも言われていますが、ワイン作りの基本理念は非常に合理的です
「必要ない化学薬品を捨てる為にはワインに関する化学を全て知るしかない」
ジュール・ショヴェの言葉です。

昔に比べて、力が抜けてよりエレガントになったと言われるパカレ。
確かに昔は「これって美味しいの??」というワインもあったような気がする…

素直な美味しさ、が増したそうです

このガメイ、是非飲んでみたいです
来たばっかりで、どれも飲んでません〜

実は、古いマルセル・ラピエールあるんですよ

6F206E16-33A9-4275-ACCC-5DEBC4D97421.jpg

何故かマグナムまであるんだよ。
混ぜて一緒にワイン会やりましょうか〜



posted by cave MITSUKURA at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

ローマ人を偲んで


今日は風が強いですね
夢見が悪くて朝から動揺してた、てんちょです…

あ、昨日のタイトルは「わぁ、良い泡!」です。
(分かってくれてますよね


では、ワインの紹介します

750.jpg

ニコライホフ シュタインリースラー2004

ニコライホフ、ご存知でしょうか?
オーストリアの老舗大手生産者ですよ

オーストリアワイン、最近ではあちこちで見かけるようになりました
グリューナ・フェルトリナーという品種で作る白の辛口が一番有名ですね。

ニコライホフは、オーストリアでも最も歴史の古いワッハウにあります
ドナウ川沿いの北斜面が一面ブドウ畑です。

ここは2000年以上も前にローマ人がブドウを植え、それ以来ずーっとブドウ栽培が行われています。
昔のブドウって、どんなんだったんでしょうね??

ワイナリーのシンボルは、名前の由来にもなっている聖ニコライ修道院ですが、
この建物は985年建設という、驚くほど古い物です
1894年に現在のサース一族が手に入れ、ワイナリーとして復活させました。

サース家の奥様は、クリスティーナさん
去年会いました〜 ↓

Christine_Saahs_2_1453_574456057a5.jpg

とても朗らかで優しい奥様です
民族衣装は普段着だそうで。

ニコライホフの栽培は全てビオディナミ、92年にデメターの認証を受けています
息子さん達と一緒に、今では化粧品の生産、販売もしています。
ワイナリーにはレストランやゲストハウスもあります。

ワッハウは独自のワイン格付けを持つ事でも知られていますが、皆様もご存知でしょうか?
下から、
シュタインヒューダー
ヒューダーシュピール
スマラクト
の3段階です。

最高ランクのスマラクトは緑色のトカゲの名前です
こんなのです ↓
809FE9B6-6AB3-4A32-88AD-309142EC0709.jpg

しっぽ入れずに15センチくらいかなぁ、
てんちょ、もっとイグアナカメレオンみたいなおっきいの想像してましたよ

日当たりの良い石の上で日向ぼっこしているらしいですが(トカゲが出る畑は日当たりが良く、ブドウが完熟する)、人の気配を感じると逃げちゃうので見られるのは非常にラッキーです

独自の格付け故に、DAC制度(フランスのAOCみたいなの)には参加しないワッハウですが、それではDACの権威は半減ですね…

さて、ワッハウの話をしておきながら、すみませんが。
今日のワインはワッハウ産じゃありませーん

シュタインリースラーはワッハウの東隣の地区、クレムスタール産です

ブドウはリースリング100%
フォンシュタインという畑のリースリングで、発酵後、大樽で11年以上もゆっくりと熟成されていました
瓶詰めは2016年4月。

白ワインで10年以上前の物が味わえるのは、オーストリアでは大変珍しい事です

翌年の新酒が出るまでに古いワインは飲んでしまおう
という伝統がある国なんです

これ見て、わぉ、飲んでみたいなーと思ったので、さっそく注文しました
まだ飲んでおりませんが、どんな香りかな〜

石油香するでしょうか、11年熟成とは思えない爽やかな酸味があるらしい
ちょっとお値段は高めですが、中々ないのですよ〜









posted by cave MITSUKURA at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする