2022年05月23日

バターとクリームでリッチに飲む


暑い〜
いきなり夏になりましたね、これから梅雨もあるのに。


昨日、業界のニュースで知ったんですが、

アルザスについにピノノワールのグランクリュが出来る

そうです
でもね、フルシュテンタムじゃないのです
(まぁ、あそこはグランクリュがひしめく一等地で白の評価が絶対なので)

グランクリュになるのは、
ヘングストHengst
キルヒベルク・ド・バールKirchberg de Barr

の二つ。

ヘングストはコルマールのすぐ隣、南西にあるヴィンツェンハイムにある区画です

ヘングスト.png
アルザスワイン委員会HPより、以下も同様

区画名は「雄馬」という意味。
泥灰土の土壌で、どっしりしたボリュームのあるワインが出来るそうで、名前のイメージ通り

アルザスワイン委員会のHPでも、
「このテロワールでは数十年前からピノ・ノワール(3.5%)が、力強く、複雑で、しっかりとしたストラクチュアの偉大な赤ワインを生み出しています。」
と言う表記がありますので、ピノノワールの特級認定も納得なのでしょう。
…飲んだ事ありませんが


もう一つのキルヒベルグ・ド・バールは、ストラスブールとコルマールの間の北よりにある集落です。
クレイデンヴァイスのアンドローが近い。
アルザス・グランクリュの中では北半分(バ・ラン県)に位置しています。

バール.png

(この360度ヴュー、めちゃくちゃいいですね
アルザスワイン委員会のサイトは日本語なので、アルザスワインを調べるにはまずここだ

キルヒベルグのワインはしっかりした酸が特徴で、それに支えられた堅牢な骨格が長熟を保証し、若いうちは清涼感をもたらします。
熟成向きのグランクリュらしい。
特にピノノワールには言及がありませんが、何か特別な理由があるからグランクリュになれたんでしょう。
(たとえそれが政治的な背景でも)

市場に出るのはまだ先ですが、そう言えば、アルザスの「1級畑」もどうなったんだろう…



と言う事で、アルザスワインを紹介すべきところかもしれませんが、今日はこのワインを紹介します

C55D9C8C-7DB5-424D-A5AB-B6671BC28AD0.jpg

フランソワ・ミクルスキ ブルゴーニュ・コートドール・ブラン2019

フランス、ブルゴーニュの白ワインです
シャルドネ100%の辛口

この人気ドメーヌはご存知の方が多いでしょう
蔵の歴史はまだそれほどではありませんが、名門の家系で一族のドメーヌを継承するフランソワ氏。

彼はミクルスキの名前から分かる通り、父方がポーランド出身です。
ドイツかと思ったら違った。

母方の叔父がムルソーのピエール・ボワイヨ氏で、若い内にヴィニョロンになるつもりでボーヌの醸造学校を卒業後、カリフォルニアのカレラで修業しました
84年にムルソーに戻り、叔父の蔵を手伝いますが91年に叔父さんが引退する事になり、ドメーヌを引き継いでフランソワ・ミクルスキと改名したのが始まりです

樹齢の高い、管理された畑を引き継ぐことで優れたワインを生産できた彼は、すぐに優良生産者の仲間入りを果たし、ワインは世界中で人気になります
彗星の様な登場ですね。

現在はムルソーを中心に8haを所有、だからあまり沢山作れず、最近はかなり品薄続きです

こんな方 ↓

domaine-mikulski-22.jpg
HPより

90年代のラベルが好きだった方もいるのではないでしょうか?
てんちょ、そうです
緑と紫の幻想的なデザインで素敵でしたが、デザイナーとの契約の関係で現在は使えないそうです

その後は今日の様なシンプルなラベルになっています。
これはこれでいいけれど

やはりムルソーの作り手なのでムルソーに定評があるミクルスキですが、今日のシャルドネにもムルソ―や周辺のブドウが贅沢に使用されています

村名区画だけではありませんが、それに近い場所のブドウだけを使っているので自ずと「ミニ・ムルソー」な味になっていて、非常にお買い得です
樽で10ヶ月熟成していますので、香りとコクがはっきり分かります

香りが調和するまでもう少し待つと最高でしょうが、今飲んでも早すぎる感じはしないのが最近のブルゴーニュです

2019年は18年と同様に暑い年で、成長も収穫も早めでした。
開花の時期に気候が荒れたために収穫は少な目、しかし採れたブドウの質は高い、というここ何年かと似た状況になっています。

暑さで熟したブドウですが酒石酸の含有が高く、これが高貴さや爽やかさを保ってくれたおかげで、バランスの取れた良いワインになりました
大きめのグラスでゆっくり飲むのがおすすめです。

クリーム煮やバターをたくさん使ったムニエルやコートレットなどがよく合います
余韻の相乗はそれは素晴らしいでしょう

ほんとは、夏より冬の方が美味しいワインなんですが
冷やし過ぎない方がオススメです。
これが一葉さんでおつりが来る、お買い得です

元々少ない上に、日本向けの出荷の減っているようで増々入手困難になって来ました。
輸入元では上級クラスも全て完売。
貴重なデイリーワインです。

今買って冬まで置いておこう〜






posted by cave MITSUKURA at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月22日

夏の白 フランス編


夏の陽気になって来ました
まだ梅雨がありますけど。

フランス、ブルゴーニュでは早くもブドウが開花しています

E5A82651-98CA-4A8B-BEE4-991FF584EE33.jpg
MミュニュレSNSより

2000年ちょっとまでは、開花は6月の中旬から下旬が平均でしたので、もはや1ヶ月は早まっています。
ハングタイム(ブドウは開花から収穫までおよそ100日、この期間を言います)を考えると収穫は早いと8月??
このままなら9月収穫は必至です


ところで、日本はコロナ感染者が減りませんねぇ
愛知県もずーっと2000人あたりをウロウロしてます。
一時の一桁が??ってくらい、「数字は作れるもの」なんでしょうか

それでも政府は観光客の受け入れを拡大するようですし、てんちょも早くフランス行きたいなぁ(スペインでもいいな)



今日は暑いです
冷たい白ワインやスパークリングが飲みたいです

冷やして美味しいワインと言えば、
この前、ルイ・ジャドのブーズロンが美味しいというお話をお客様から聞きまして、

そうだブーズロン会やろう
って俄かに思いました

色んなブーズロン集めて飲み比べしよう
アリゴテ万歳

ブーズロンはブルゴーニュの中南部にある地域、コート・シャロネーズの北端にあるアペラシオン(産地)です。
コート・シャロネーズはコート・ド・ボーヌの南に続く地区ですが、サントネイやマランジェが西側に曲がっているので、
シャサーニュ・モンラッシェから真南に行ったらブーズロンというイメージです

こんな感じ ↓

ブーズロン.png
ブルゴーニュワイン委員会より

赤い矢印がブーズロンの村です。
村のブドウ畑の詳細はこうです ↓

ブーズロン.jpg
同上

ブーズロンの名前はアリゴテ100%の辛口の白ワインにしか付けられません
アリゴテのみが名乗るAOCはブルゴーニュ全体でもここだけ
ブルゴーニュ全体の僅か6%程度の生産ですが、今後は増えていきそうです。

元は広域名の「ブルゴーニュ・アリゴテ」に特定の村名を付けて名乗る「ブルゴーニュ・アリゴテ・ブーズロン」だったんですが、
1997年に単独のAOCとして村名に昇格されました

それには、DRCのオーナーのヴィレーヌ氏が持つドメーヌ・ド・ヴィレーヌ(元はA・P・ド・ヴィレーヌ)の功績が大きく影響しています。
今でもブーズロンを代表するワインと言えば、ヴィレーヌ、と言う事に異論がある人はまずいないでしょう
(所在地はリュリーですが)

ミツクラの店頭には現在置いてあるブーズロンはヴィレーヌだけです

99623F8A-768A-4B2F-B85E-ECE4ED9D61EC.jpg
いつ飲んでも美味しい。

てんちょはアリゴテ好きなのでもっと置きたいけど

近年の温暖化で酸が豊富で清涼感がある事から、アリゴテの価値はとても見直されています
多くのドメーヌがレジョナルのアリゴテを作り始めていますし、優秀なドメーヌのアリゴテはやはり美味しいので市場の認知も高まっています。

どうせなら評価の高い生産者がいいけど、ブルゴーニュワイン委員会の一覧では知らない生産者も多い…
レジョナルじゃない、村名ブーズロンがいい。

んー、ちょっと頑張ってみよう
夏―って感じで冷え冷えを飲みたい













posted by cave MITSUKURA at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月21日

パカレ、メオ、ラマルシュどれがいい?


もう仕入する余裕ないんですけど、次々割り当てのレアワインの案内が来るー

…無い袖を振って買うしかない


パカレ2020白も来たけど全然、数がない

2354224F-58FF-40C4-B51A-461EF0D2BB75.jpg

全体の入荷本数を見て「ダメだこりゃ」って思いました
(因みにブルゴーニュ・ルージュ2020は希望本数を大きく下回って既に完売)

パカレラマルシュカミュゼも少ないながら普通に販売してますので買いに来てね
ただねぇ、値上がりしてますので覚悟してください

6月頭にはプリューレ・ロック2019も来ます
数少ないです



何かワインを紹介したいと思っていたのに時間切れでまた明日〜





posted by cave MITSUKURA at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月18日

夏向き島のお酒 


結局大した雨は降らずの名古屋です。
今日は暑い


暗黒時代に突入して久しいブルゴーニュとシャンパーニュですが、やはり今後も状況は一層悪くなりそうです

ニコラ・ラマルシュ
メオ・カミュゼ


の入荷割り当てが来たんですが、
少なすぎる…



今日はこのワインを紹介します

B6379AA3-CBD0-4D7E-8250-5C684F47C92C.jpg

E6E05B9D-EA7E-47AD-9BC3-AE2013B65681.jpg

アッツェイ IGPサルデーニャ サーラガト ヴェルメンティーノ・イゾラ・ド・ヌラーギ2020

名前長い

今日のワインはイタリア、サルデーニャの白ワインです
辛口。

背が低いボトル(容量は同じ750ミリ)に可愛いラベル

サルデーニャ島は、ティレニア海の島でフランス領のコルシカ島の南に位置しています。
面積はシチリア島の方が大きい。

アッツェイは中西部のオリスターノにあります
ここ ↓

アッツェイ.png

アッツェイはこのブログでも何度か紹介しております、イタリアの巨大ワイングループファンティーニの新しいブランドです

アブルッツォ
トスカーナ
カンパーニア
バジリカータ
プーリア
シチリアとワイナリーを作って、
ついにサルデーニャにも進出です

現在は自社畑ではなく、契約農家からブドウを買っているそうですが、樹齢の高いブドウを面積当たりの価格で契約して高値で買い取る事で、不作であっても同じ収入が保証され、地元の農家の支援にもなるし、自分達も質の高いブドウを得られる(金額を稼ぐために多く作ろうとするのを防げる)と言う利点があります

ブドウは同じ地区の物ばかりでなく、離れた場所の異なる品種を色々買い付ける事で、異なる個性が重なり合った複雑なワインになるそうです

雨が少なく乾燥したサルデーニャの気候の元、砂質の畑ではフィロキセラがおらず、ブドウ樹は自根のままです

容赦ない太陽に晒される昼間の過酷な暑さですが、樹齢の高いブドウ樹は根をよく張っており、暑さにも順応してるそうです。
また、夜には気温が10度くらいに下がる事で昼間の養分を使うことなくブドウに蓄えることが出来ます
日較差が大きいのは利点です。

暑い土地でいいワインを作る=いいブドウを得るには夜の気温低下が必須条件です

今日のワインの長いワイン名の内、サーラガトはこの島独特の名字だそうで、栽培家のお名前でしょうか??
他にも赤ワインの「アル」、そもそものワイナリー名「アッツェイ」も同じく、土着の名前だそうです。

イソラ・デ・ヌラーギとは「石塔の島」とでも言うんでしょうか。
ヌラーギと言うのは、サルデーニャ島で見られる遺跡で、石を高く積み上げた建造物で紀元前2000年程から1500年に渡って作られていたそうです。
こんなの ↓

220px-Silanus_-_Nuraghe_di_Santa_Sabina_(07).jpg
WIKIより

地中海にはマルタやアゾレス等、巨石文明の遺跡がありますねー、いつか行ってみたい

HPにまだアッツェイの記載がなくて、畑や風景の紹介できる写真がないのが残念

で、
ヴェルメンティーノと言う、よく聞くブドウですが、これはサルデーニャ島やコルシカ島等、ティレニア海の沿岸で広く栽培されている品種ですが、元はスペイン産です

220px-Rolle_(Vermentino).jpg

ロールrolle(フランス南部)、ピガートpigato(リグーリア)、ファヴォリータfavorita(ピエモンテ)等の別名で呼ばれる地域もあります。
シノニム、聞いた事ありますか?

ヴェルメンティーノは果皮が薄く、繊細で柔らかい口当たりになりますが、アッツェイのヴェルメンティーノの畑は海風を受ける場所にある為に塩の風味が載った、ミネラル分の感じられる複雑な香りがします

黄桃やマンゴーの様な南方系のフルーツのイメージですが、しっかりしたもありそれが清涼感を助けています
酸は重要です。

香りが複雑なのがいいですね、味わいは軽め、よく冷やした方が美味しいです。
樽は無し、ですが、ステンレスタンクでバトナ―ジュ(かき回す事)してますので、コクが出ています。

イタリア料理にはもちろん相性いいでしょう、魚貝には特に、サルデーニャ島の特産ボッタルガにも良さそうです

価格も非常に手頃です
野口君二人でおつりが来ます。

夏らしい、爽やかな辛口ワインですが、深みもあって甘い香りが魅力です
昼から飲んだらさぞ楽しかろー





posted by cave MITSUKURA at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月15日

缶ワイン進化系


昨日も今日も雨は降らず
雨続きかと思っていたので意外。

もう5月も半ばですね
早いなぁ〜



Facebookで紹介しました、
デコイ セルツァー ロゼ&ブラックチェリー

B3F17926-537C-4CA3-9168-5A94E7D261B8.jpg

美味しいです
チェリーの甘い香りがしますけど、味はスッキリした辛口です。

少し前の缶くさいワインとは全然違います
缶ワインもレベルアップしていますね

持ち運びやゴミ捨てが簡単なので、アウトドアやBBQにも最適です

このデコイの缶ワイン、実は4種類あるんです ↓

7A48E4CA-EC83-4948-AABE-B6FDD8CA3ED9.jpg

店頭にはロゼだけしかありませんが
綺麗なピンク色も好きです。

写真左から、

ロゼ+ブラックチェリー(店頭にあるのはこれ)
シャルドネ+クレメンタイン・オレンジ
シャルドネ+レモン&ジンジャー
ソーヴィニヨンブラン+ライム

セルツァーってあまり聞いた事ないですよね?
てんちょ、初耳です

アメリカ西海岸で流行ってるらしい飲み物で、Hard Seltzer=ハード・セルツァーと言うみたい

サトウキビを発酵させたお酒をベースに炭酸で割ったもので、フルーツやハーブの風味を付けた飲み物を差すそうです
元のアルコールは蒸留はしてないらしい。
ただの「セルツァー」だとノンアル炭酸飲料を差すのに対して、「ハード(アルコールの事)」なのでお酒って事になります

流行っている理由に、
低アルコール(概ね5%程度)
低カロリー(デコイで1缶当たり80キロカロリー)
があるそうで、若者に人気なのはそういう理由も大きい様です

261523523_264417018999785_2007679044423334930_n.jpg
HPより

デコイも、
グルテンフリー
糖分無添加

を謳ってます

アメリカの健康志向はアルコール販売にも大きな影響力を持ってるんですねぇ

手軽に飲めるので一度買ってみてちょ







posted by cave MITSUKURA at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月13日

村ごとの独自性を生かすワイン


雨続きですね
やっぱり雨が降ってると静かだわ

色々とワイン入荷しています。

フランソワ・ミエ2019が再入荷しました

5C10AA47-E44A-4290-B957-5E5BAD6295AC.jpg

各2本です(レジョナルだけ4本)。
フランソワ・ミエさんはヴォギュエの醸造長さんです、二人の息子さんと自宅の醸造設備でネゴシアンを始めました。

2019で3つ目のヴィンテージです

これまでの経験と人脈が活かされてるであろう、貴重なブルゴーニュです
てんちょ、まだ飲んだ事なくて(生産が元々少ない上に入荷も少ないので)、ヴォギュエと比べてどうでしょうか??


ミッシェル・グロ ヴォーヌロマネ1erクロ・デ・レア2019 160周年復刻ラベルも入荷しました ↓

F7DAE8FE-A66A-49A9-BACF-B99EE22E38C9.jpg

こちらは他の2019との5本セット販売のみ。
グロ家がクロ・デ・レアを取得した1859年から160年になるのを記念した特別ラベルです
かなり限定です
2009年の150周年を覚えてる方もいると思います



今日はこのワインを紹介します

22E6E41B-B219-4ADB-9964-A25A5F76146A.jpg

デヘサ・ガゴ2020

ホントはg(ガゴ)が買いたかったのですが、売り切れでこちらになった

今日のワインはスペイン、トロの赤ワインです
ブドウはティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)100%

トロはここ ↓

トロ.png
この縮尺で分からない人はないよね

…HPの住所にワイナリー表示がないねぇ


作っているのは、スペインの若手醸造家として活躍するテルモ・ロドリゲス氏です
この方、とても有名なので知ってる方も多いと思います。

てんちょは今日のガゴで初めて知ったかなぁ、20年以上前だね
その頃はシルシオンとか、アルバロ・パラシオスとか新しいワインの話題が次々出ていたスペイン。
輸出向けの世界標準で作られたレベルの高いモダンワインがどんどん出て流行ってました。

最近はスペインらしさを持ったワインがより尊重されるようになっています
固有の品種、土地のやり方、って言うのは大事ですね

で、テルモ・ロドリゲスさんは、
リオハの名門ワイナリーのレメリュリに生まれたおぼっちゃまです
若い頃は蔵を継ぐべく、ボルドー大の醸造学科を出てメドックのコスやローヌのシャ―ヴで修業。
1989年に実家に戻ったんですが、ワイン作りの意見が父親と対立して、彼は94年に家を出てしまいます

新しい世界を見てきた息子、これまでのやり方を変えない父親、二人が衝突するのはよくある話。

家を出た彼はボルドー大の同級生でやはり優れた醸造家のパブ・エクズギサ氏と一緒に自分のワイナリーを立ち上げます
こんなお二人 ↓

1994_Telmo_Pablo_Portrait_002.jpg
HPより

その頃のスペインはカベルネやソーヴィニヨンブラン等国際品種を植えるのが流行していて、ブドウ畑ではスペイン固有の品種からそうした国際品種への植え替えが急速に進んでいました。
このままではスペインの伝統が潰えてしまうのを心配した彼らはナバーラ近郊で古木のガルナッチャの畑を見つけます。
この畑が最初のワインを生んだ場所になります

当時のスペインでは、安いワインはマズイ、と思われていて、値の張るカベルネやメルローを買うのが確実に美味しいワインを飲む秘訣だと考えられていました。
テンプラニーリョやガルナッチャの安価なワインでは美味しくならない、と言うのが市場の常識だったんです。

二人はそんな思い込みを払拭すべく、土着の品種で低価格でも美味しいワインが作れることを証明しようと、ガルナッチャで凝縮したワインを作って売り出すと、途端にワインは評判になり、スペイン国内よりも輸出市場で盛んに販売されるようになりました

この成功を弾みに、翌年の95年にはリベラ・デル・デュエロ、96年にはルエダとマラガ、更に98年に今日のトロへと進出します
(同年に故郷のリオハへも戻り、ワイナリーを作っています)
伝統品種を使い、細かな区画ごとの個性を生かしたワインを作るのには、当時のスペインのワイン法は対応できておらず、今になってようやく時代が追い付いてきた感があります。

トロでは樹齢が古いティンタ・デ・トロが残っており、接ぎ木なしの全て株仕立てと言う伝統的な畑を入手し、デヘサ・ガゴを作りました
今では8軒の栽培農家と協力してブドウを得ています。

ガゴ002_Toro.jpg
確かにかなり樹齢高そう

彼らは地元のブドウ農家と協力する事で、伝統を絶やさず地域が発展するようにワイン作りで貢献しているんですね。
こうした事が実際に出来る人ってそうはいない、行動力・センス・人的魅力、色んなものが備わってるんだろうな、ロドリゲスさん達

目を引くラベルのガゴはグラフィックデザイナーと共同で製作したそうです。
黒地にただ「g」と書いてあるだけのラベル、シンプルですがインパクトあっていいですね

アレハンドロ・フェルナンデス(ペスケラの生産者)にもデヘサ・ラ・グランハというワインがありますが、デヘサとは牧歌的なカスティーリャの田舎の風景を差すそうです
こんな風景かな ↓

005_Toro.jpg
HPより、如何にもカスティーリャの乾燥した土地ですね


彼らの挑戦はずーっと続き、
今ではスペイン国内に合計80ha、335か所の区画を所有、43種の伝統品種を育てています

あちこちに…
地元の農家さんと共同でやってる畑も多いんだろうけど、それでもめっちゃ忙しいんじゃない??
これを「エキサイティングな旅の成果」とサラッと言えるのはかっこいいですね(HP)



今日のワインは、中々しっかり目のフルボディ、スペインらしいドライな香りが特徴的です
しっとりした感じよりも、さらっとごつっとしたイメージです。

緻密で細やかですが、全体としては骨太でアルコール度数はやっぱり14%もあります
飲んで胃
(醸造は樽なしなので、一層ブドウの凝縮感が伝わります)

岩塩をまぶした羊のアサード(炭焼き)にはとても良く合いそうです

価格も魅力的です
このリッチな内容で2200円税込

素晴らしい、試す価値ありあり
テンプラニーリョ好きな方には是非、甘い香りばかりが支配的とは言えませんがスペインの伝統を感じられる良いワインです

スペイン行きたくなってきた〜















posted by cave MITSUKURA at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月11日

今週サボり


ちょっとだけ忙しくてブログは多分金曜まで休みます
ごめんなすって。

新しいワイン来た来た、ブルゴーニュと高額ワインはネットショップに載せました
それ以外の注目ワインはまた金曜に(予定だけ

明日からまた雨ですねぇ
posted by cave MITSUKURA at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月07日

夏の午後にはこれだ


気温が上がった名古屋、昼間は半袖で十分な陽気です



カーヴミツクラは名古屋プレミアム付き商品券の利用可能店舗になっています

sample.png
公式HPより

10000円で13000円分の利用が出来ます
3000円もお得

名古屋市に在住の方が対象なので、市外の方には申し訳ありません。
ただ今申し込み受付中で、応募過多の場合は抽選になるそうです。
ご利用は6月23日から



ワインの木箱も残り少なくなってきました
やっぱり欲しいと言ってくれる方は多いですね
沢山売れました。



さて、今日はこのワインを紹介します

065A9C0B-06D5-42A3-88E8-0B1E0AC438EB.jpg

リベルタス シュナンブラン2019

2年くらい前にこれの赤を紹介したはず
今日のは白ワインです。

シュナンブランと言うブドウがフランス、ロワール地方で広く栽培されている事はご存知の方が多いでしょうか

百面相ブドウ=シュナンブラン、と、てんちょは思ってます

エクストラブリュットのペティアン(クレマンよりもやや気圧が低い発泡ワイン)から、極甘口の貴腐ワインまで様々なワインがあるシュナンブラン
ロワール川の河口に近いアンジュー地区のサヴィニエール、トゥールの近郊=トゥーレーヌ地区ののヴーヴレイが代表的なAOCです。
(でも、多分全く同じシュナンブランじゃないはず、見た目も味も全然違うのです)

フランス以外の産地と言うと、最初に名前が挙がるのが南アフリカ共和国です

そうなんです、今日のワインは南アの辛口白ワインです

南アで栽培されてるブドウで最も多いのがシュナンブランで、その面積はロワール地方の2倍もあるんです
世界一の生産地なんです

有資格者は絶対覚えたであろうシノニム(同ブドウの異名)でもシュナンブランはお馴染みですね
南アでは古く、シュナンブランはスティーンと言う名前で通っていました
ですが、今では世界的に通用するシュナンブランと言う表記がほとんどです。

リベルタスを生産するディスティル社は老舗のワイナリーと酒造会社が合併してできた巨大企業です。
今日のリベルタスもそうですが、お手頃価格のネダバーグを作ってる会社です。

リベルタスのシュナンブラン、軽めの辛口で夏向けのいい感じだったんですが…

終売になっちゃいました

最後の在庫を超特価で仕入れましたので、
希望小売価格1078円税込のところ、店頭では2本で1200円税込で販売しています

(偶数買いが条件ですが)1本600円

休日のお昼から飲むのにぴったりです
良く冷やしてください

温度が高いと優しい甘さが感じられますが、酸味が控えめなのでこれからは特に冷えてた方が美味しいと思います
ソーヴィニヨンブランの青い味わいが苦手な方には是非

超お値打ちなので、あまり多くを求めないでね

シュナンブランの酸よりも柔らかさを感じられる辛口です
家飲みに是非〜
まだ30本くらいあります





posted by cave MITSUKURA at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月06日

アルバイト募集


今日は仕事、と言う方も多いでしょうか?
でもまた明日お休みですもんね。

今年のGWはようやくお出かけが許されるようになって、久しぶりの海外旅行や帰省のニュースなど見てました
次は夏休みまで無事でいられますように。


イベントページにアルバイト募集の案内を載せました

IMG_1566.jpg

詳しくは面接で説明しますが、

週に1日でもOK(できれば日曜または月曜)
ワインの知識なくても全く構いません


車で配達してもらいますので普通免許は必要です

小さいお店ですし、個人の適性や相性もあるかと思いますので、試用期間は設けております(3ヶ月)
5月後半か6月から勤務開始していただければちょうどいいですが、多少は都合に合わせる事もできます。

ご紹介もお願いします
応募はメールで。
info@cave-mitsukura.com
まで。











posted by cave MITSUKURA at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月04日

元は同じ 今は別


GW後半は快晴続きでお出かけ日和ですね

もう5月かぁ…
暑くなるのはもう少し先でいいんですけど

ここんとこブログ書いてませんでした
書こうと思う日(だけ)が忙しかったりして…



5月は新入荷もありますので、順次ご紹介していきます
今日はこちら。

レ・カルム・オーブリオン2.jpg

シャトー・レ・カルム・オーブリオン2019

このワイン、ご存知でしょうか?
アレと間違えてる方、多そうだな

今日のワインは、名前から想像できる通り、ボルドー、グラーヴ地区の赤ワインです
AOCはペサック・レオニャン

ペサック・レオニャンで最も著名&高額なワインと言えば、シャトー・オーブリオンですが
今日のワインは、オーブリオンの名前がついてるものの、別シャトーです

因みに、オーブリオンのセカンドワインは昔、バアン・オーブリオン、今、クラランス・ド・オーブリオンです。
今日のワインをオーブリオンのセカンドまたはサードだと思った方もいるかも
「あれ?、オーブリオンって新しくこんなの作り始めたんだ」みたいな ←違います

そうは言うものの、名前になっている通り、オーブリオンと全く無関係という訳でもないんです

このシャトーは先述のシャトー・オーブリオン、隣のラ・ミッション・オーブリオンの真向かいにあり、
大昔には畑の一部がオーブリオンの所有だった事もある由緒正しい一等地のシャトーです

フランス革命までは200年程の間、修道院の所有だった記録がありますが、これは1584年にシャトー・オーブリオンの領主だったジャン・ド・ポンタック氏がブドウ畑の一部を寄進した事によるものです。

フランス革命で市井に売りに出されたシャトーはレオン・コランが購入、その子孫が営むネゴシアンのシャンテカイユによって長らく所有されていましたが、2010年にボルドーで不動産業を営むパトリス・ピチェ氏が買収し、新しいオーナーとなり現在に至ります

ピチェ氏は元々、カルム・オーブリオンのご近所に住んでいて、いつも散歩しながらシャトーを眺めていたそうです
現在あるシャトーと呼ばれるシェは19世紀になってから建造されたもので、所有畑も10haととても小さなシャトーです。

こんな可愛らしいシャトーです ↓

lescarmes-phil-labeguerie-8126.jpg
HPより、以下同様

ここのブドウ畑は、ペサック・レオニャンでも一番北にあり、一部がボルドー市にかかっているので、
「ボルドー市内にある唯一のブドウ畑」と言われることも多く、塀に囲まれた「クロ」として古くから評価されてきた上級区画です

場所はここ ↓

レ・カルム・オーブリオン.png
市街地だね

もう少し引くとこうです ↓

レ・カルム・オーブリオン1.png

分かりますか?

そして、潤沢な資本がある不動産業者さんだけあって、買ってからの改革がすごい
歴史に敬意を払いつつもレ・カルム・オーブリオンでは、ブドウ畑を整備し直し、醸造所も新しくしたり、巨額を投じて変革を進めています。
コンクリートタンクは1つ1つがアーティストの作品になっています(権利の関係で載せられませんが、なんかすごい)
3階構造の醸造所で、とっても近代的です

作付けは、カベルネフラン39%、カベルネソーヴィニョン20%は正面の区画で、少し離れた場所でメルロー41%となっています
2011年から今のラベルになっていますね。

今日の2019は、一部全房発酵で、コンクリート発酵槽と木製発酵槽、ステンレスタンクを併用、84%新樽で18〜24ヶ月熟成のフルボディです
ここも、コンサルタントはステファン・ドゥルノンクールさん。
(流石にお歳を召したかな、忙しいだろうなぁ、一体いくつのシャトーの面倒を見てるんだ)

見学ツアーもありますね、行ってみたい
メリニャック(空港があります)からも近いので、到着した翌日一番の訪問にも良いかも

てんちょ、まだこれ飲んだ事ありません。
フルボディだけにまだ早いでしょうけど、意外とそこまで待たずに早くから飲めたりするかも(最近はみんなそうだ)

5大シャトーみたいなお値段ではありませんが、希少ワインなので(10haで年産25000本程度、少ない)価格は少しお高めです
諭吉さんが2人。

カーヴミツクラのネットショップからも購入可能です ↓
https://cavemitsukura.com/product/%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%ac%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%b32019/

うちのネットショップ、あるって知らない方の方が多いと思うんですが
宣伝してないしね…しかも何回かサイト変えてるし

全てのワインが掲載されてる訳ではありませんが、在庫確認にも使えます
なるべくまめに更新していますけど、たまに売り切れを反映できてなかったりしますので、どうかお許しくだされ。

ペサック・レオニャンのワインだと白の方に目がいきますけど、オーブリオン関連ならば赤もいいですね
6本しかありませんが、興味ある方是非〜














posted by cave MITSUKURA at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする