2022年04月20日

ジャドセミナー楽しかった


今日は日差しが眩しい

昨日は、ルイ・ジャドのセミナーでした

CDA3C00B-F37C-4AC2-B72E-62B9D39186B2.jpg
85F3491A-517D-4C28-BED8-84A2FFA571DE.jpg

参加してくれた皆様が熱心に話を聞いて、ワインと向き合ってくれたのがとても嬉しいです

バレルサンプルを飲む機会は一般の方にはまずないであろう事も皆様、意識してくれていて、貴重な資料と共に今後の役立てば幸いです

来月も違うセミナーを開催する予定ですので、詳細が決まったらご案内します



輸入元から著名ブルゴーニュの2020の入荷案内(先行予約)が来ましたが、
高い少ない

アンリ・ボワイヨムルソー・ペリエールが全部で12本しか入荷しない、って
は?
1ケースで終わり??

ピエール・ダモワブルゴーニュ・ルージュは希望小売価格で9900円もするし
レジョナルが1万円って…
因みに、同時に入荷するダモワ2018年のシャンベルタン・クロ・ド・ベーズは176000円です
どっひゃー

何を買っておけばいいのか…
(ほんと、昨日のジャドが非常に良心的に思えます

何か楽しい事考えよっと(現実逃避)
また次回〜





















posted by cave MITSUKURA at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする