2024年05月24日

グランドトカイ訪問


午後はもっと気温が上がって暑かったです🌞🌞🌞
車のハンドルが焼けてる。

午後からはまたまた近くのグランドトカイへ行きました🚗

サギという村にあります。
Szegi ←これでサギって読むらしい

IMG_3706.jpeg
ボドログ川を見渡せる丘の上にあって、道を走ってるとこの黄色のボトルが目立ってます。


余談ですが、ここは、ワインツーリズムから予約した時に飛び抜けて安かったので、ええんかい?と思っていたら…
やっぱり金額が改定されてないままだったそうで、追加料金取られそうになったけど、まぁ軽く抗議したら了承してもらえました。

至急、要訂正

グランドトカイはトカイで最も大きなセラーを持っており、年産200万本を誇る一大企業です⭐️生産能力は1000万本あるそうですが、今はそこまで作っていません
こちらも共産時代には国営のトップのワイナリーで、今でも契約農家を何百と抱えています。

それもあって、意外なことに自社畑は17haしかないんだそうです。

IMG_3685.jpeg

ショップ兼テイスティングルーム

現在、主要な醸造部門はオレムスがあるトルチヴァに移転していますので、ここは一部の熟成だけ行っています。

特筆すべきは、やはりそのセラーです‼️
こんな構造になってます ↓

IMG_3686.jpeg
 
地下二階までの構造で、フィッシュボーンみたいに縦横に広がってます

地下は涼しくて、今日みたいな暑い日には快適です😊

IMG_3688.jpeg
怖いくらいの広さです。
不適切でしょうが、写真だけ見て「旧日本軍の地下施設」って言われても信じそう

IMG_3689.jpeg

IMG_3693.jpeg
↑ ここがセラーの最古の部分で最深部でもあります
元は建材の石を掘ったり、鉱山として採掘が行われていたそうで、それをセラーに転用しています。

…出そう💦

IMG_3697.jpeg

IMG_3696.jpeg
テイスティングルームもあります

昔の醸造道具を展示して、今後、博物館にする計画だそうです。

地上に戻って試飲。

IMG_3707.jpeg
セミスィートワインを買いました✨🥂

明日でトカイともお別れです。
午前中に1軒、最後の訪問がありますが、早かったなぁ…

どこも大変良い経験になりました‼️





posted by cave MITSUKURA at 23:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディズノク訪問


時系列が前後しますが、先に訪問の記録を書きます。

昨日も今日も晴れて暑い🥵🥵
31度もありました。

来る前の予報では、イマイチ気温と天気がはっきりしなくて、寒さ対策をして来たら…
暑いじゃないですか💦

行きのフランクフルトやブダペストは寒かったのに。

ただ、トカイも夕方に雨が降ったりすると涼しくなりますが。
多分、トカイよりブダペストの方が寒そうなので、それはそれでよしかなぁ😩


今日は2軒のワイナリーを訪問しました🚗
どちらも泊まってるとこから近いので楽チン。

トルチバに宿を取って正解でした(たまたま)

午前中はディズノクへ。

IMG_3629.jpeg


ディズノクは現在、ピションバロンやスデュイローなどのワイナリーを傘下に持つ保険会社のアクサミレジムというワイン事業グループに属しています⭐️

期限は、19世紀の貴族のワイナリーで、今レストランになってるところが醸造所だったんですが、ハンガリーは第二次世界大戦後に共産化していますので、全てのワイナリーは国営になり、個人の財産は没収されてしまって、面影は全く残っていません。
これは他のワイナリーでもほぼ同じです。


現在のディスノクはとてもモダンなワイナリーです‼️
所有する畑は120haと広大ながら、全て一箇所にまとまってある珍しい蔵です。

まずは見晴らしの良い高台へ。


247.JPG
てっぺんに物見台があるの、わかりますかね?

IMG_3643.jpeg
これが、醸造所。
伝統的な山の斜面を掘ったセラーを模しています。有名な建築家のデザインだそうで。

IMG_3636.jpeg
雨が多いので、表土を流されない為に排水を考えてます。
夕立があると川になるとか。

IMG_3639.jpeg

↑ これがディズノクの語源になったです。
ディズノクとは「イノシシの頭」という意味で、この岩がそれに見えることから名付けられたそうです。
何百年も前からここにあります。

IMG_3638.jpeg
樹齢高めのフルミント。
昨日のペトラッチと同じく、伝統的な棒仕立てです。
ただ、こちらのディズノクでは、50年くらいでブドウのポテンシャルが落ちるので、それ以降は残さずに植え替えてるそうです。

醸造所はこちらもグラヴィティシステムを採用しています✨

IMG_3654.jpeg

IMG_3648.jpeg
設備を見学して、貴腐ブドウのでき方やトカイワインについての映像を見せてもらい、
セラーへGO❗️

IMG_3672.jpeg

こちらも寒くてワインの保存熟成には完璧な環境です。
壁一面にふわふわの黒カビが生えていて、ワインの熟成環境に貢献しています。

アスーの保存スペースは圧巻の眺め✨✨✨ ↓

IMG_3665.jpegIMG_3664.jpeg

エッセンシアもちゃんとあります

IMG_3669.jpeg
ガラス容器の中ではゆっくりと発酵が進んでいます、小さな泡(二酸化炭素)がポコっと、時々出てます。

5プットニュスの保管庫では、17年と18年ビンテージで見た目の色が全く違いますが、これは作柄によるものだそうです。
冷涼で難しい年の17年(左)はライトな色で、暑かった18年は(右奥)しっかしした色づきをしています ↓

IMG_3670.jpeg
そして、試飲なんですが、最初のショップの地下にあるセラー風のテイスティングルームへ。

IMG_3676.jpeg

雰囲気は最高ですが、暗い…
写真は携帯がお利口なので明るく見えてますが、メモ取るのも暗くて大変でした💦

IMG_3677.jpeg

案内してくれたスタッフさん、お名前聞きませんでしたが、とても親切丁寧、皆様にもおすすめしたいです❤️
(誰でも訪問可能です)


IMG_3679.jpeg
ワイン1本買いました〜
既に手持ち何本だ💦💦


そして、イエローハウスと言う元々の醸造所跡を改装したレストランへ。
同じ敷地内にあります。

畑を眺めながらテラスでご飯食べることができます🍽️🥂🥂
日陰だし最高‼️

IMG_3681.jpeg


伝統的な豆とソーセージのスープ。
カスレのスープバージョンかな、美味しいです(が量は多すぎる)

ハンガリー料理は、肉のスープや煮込みのお皿にサワークリームをよく使いますね、酸味はなくてまろやか、コクが出ます

スタッフの男性が日本のカルタ(百人一首?)を勉強してると言ってました。
どこでも皆さん、「ありがとう」くらいは話せて驚きのホスピタリティでした
日本人、どこでも沢山行ってるんですね。

午後へ続く〜











posted by cave MITSUKURA at 22:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トカイ散策


午後はトカイへランチに出かけました🚗
有名なビストロへ🍽️


IMG_3588.jpeg

IMG_3590.jpeg 
トカイの中心にあります

IMG_3594.jpeg

しかし、お店のメニューに書いてある沢山のグラスワイン、ないものばっかりで結局、3種類しかなかった💦
昨日のホテルのダイニングも、メニューのワインがなくて品種だけ合わせた別のワインを持ってきた😩
それで、ケロッとしてますね

どこも適当なんだなぁ
在庫管理しないとダメだよ🆖🆖🆖

お料理は美味しかったです❤️


その後、少し歩いて川の合流地点へ。


211.JPG

トカイの源、ティサ川ボドログ川がトカイの町で合流してます

トカイを貴腐ワインの産地たらしめている、貴腐菌はこの川からの湿度と霧の作用で生まれます。
今後、温暖化が進むと難しくなっていくでしょうか。
今のところは、どの蔵でも懸念の声はありませんでしたが。

左がボドログ川で、オレムスのあるトルチバの北からトカイまで流れて、ここでティサ川(右)に合流、大きなティサ川となってハンガリーを出てからドナウに合流しています。

今更ですが、トカイワインはトカイの村を南端に27(26?)の村に広がる産地です。
頂点を下にした凹んだ三角形(V字)をしています、結構広い産地なんですよ〜


見晴らし台があるので、また登った😅
もうね、こうなったら行くでしょ、って意地。


IMG_3599.jpeg
 
IMG_3600.jpeg
足プルプルしてます💦
明日はなるべく歩くのやめよう

戻ってセラーの表示のあるお店に入ってみました。

IMG_3607.jpeg

ワイナリー名が発音できません…

ハンガリー語(マジャール語)は本当に読めない
アルファベットなのに。

1本買ったら、セラー見てもいいよ、と。
是非‼️
という事で、また地下へ。

こちらのセラーは一方に伸びてる?なんか、変わった構造をしてました。
 
IMG_3606.jpeg

中にテイスティングルームがあって、それも素敵でした

IMG_3603.jpeg

期せずして良い体験ができました⭐️
夜はテイスティングです






posted by cave MITSUKURA at 00:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする