2021年09月14日

新作シャンパーニュ


愛知でも緊急事態宣言が月末まで延長になりました
まぁだ、半月もありまっせ



9月も沢山新入荷という訳ではありませんが、ぼちぼちワインの紹介しよっかな、と。
今日はこれにします

D4D7CAC1-EC8E-48CA-B954-5EEEEDD1B6D3.jpg

ローラン・ペリエ ブラン・ド・ブラン ブリュット・ナチュールNV

限定新発売です

ローラン・ペリエは有名なのでご存知の方が多いと思います

シャンパーニュの大手メゾンで、所在地はグランクリュのトゥール・シュル・マルヌ

ランスやエペルネにあるかと思いきや、違うんです。
トゥール・シュル・マルヌはマルヌ川の北側にある村で、エペルネの対岸から上流へ車で15分、めっちゃ近くです。
この村は集落があるものの、大きな町ではなく、のどかな環境です。
シャンパーニュの村は特級認定されていてもそういう所が多いですよ

グランクリュと言えども、トゥール・シュル・マルヌはちょっと特殊な認定なのを知っていますか?
ピノノワール(黒ブドウ)では100%クリュの認定で特級なのですが、シャルドネ(白ブドウ)では90%クリュ、つまり1級になるんです
しかも90%ってギリギリの1級なので意外(1級の認定は99%から90%まで)

トゥール・シュル・マルヌでは、生産の71%がピノノワール、シャルドネが29%です。

同じ様な逆の認定に、対岸のシュウイイがあります。
ここではシャルドネ(白ブドウ)は100%クリュで特級なのですが、ピノノワール(黒ブドウ)では95%クリュで1級です。
ブドウの出来に差があったという事なんでしょう。


ローラン・ペリエの創業は1812年、フランスではナポレオンが皇帝に即位して8年、2度目の結婚で長男を授かりますが、その覇権に暗雲が垂れ込めてきた頃です。

創業者は樽職人の親子でピエロ氏といい、シャンパーニュメーカーとしてではなく、ワイン商としてトゥール・シュル・マルヌに会社を設立したのが起源です。
その後、蔵はセラーマスターのウジェーヌ・ローランに引き継がれますが、彼の妻の名字がペリエといい、それが現在のローラン・ペリエの由来です。

多くのメゾンと同じく、1930年代には世界恐慌のあおりを受けて経営が悪化、ローラン・ペリエは資金援助を申し出たノナンクール一族に引き継がれて現在に至ります

第一世界大戦(ロシア革命)、世界恐慌で現存する古いほとんどのシャンパーニュメゾンは破産寸前になってます。
「よそもうちを買収するお金がなかったから今まで残っただけ」という、とある有名メゾンの言い草は本当なんです

シャンパーニュの景気と言うか販売の歴史は、

黎明期(18世紀後半)
普仏戦争(1870年)
ベルエポックの時代
第一世界大戦(1914年)
株の好調でアメリカ進出
大恐慌(1929年)
第二次世界大戦(1941年)
戦後復興・世界平和
コロナ(今ここ)

と、上下が激しいのです
今後は良くなってくれますように。


ローラン・ペリエが所有する畑は(グループ会社のものを含めて)150ha、うち12のグランクリュを持っています
ですが、やっぱり大手のメゾン(ネゴシアン・マニュピュラン)です
年産1600万本の内、買いブドウは89%にも及びます
まー、そんなもんでしょう。
これを自社畑だけで賄ってたら、シャンパーニュには独立したヴィニョロンがいなくなります

郊外のメゾンらしく広大な敷地に大規模な醸造所が立ち並んでいます
行ってみたいなー
今度シャンパーニュに行けたら絶対寄りたい。

シェは地味かも ↓

ローラン・ペリエdomain-1-650x920.jpg
HPより
もちろん設備は最新、地下のカーヴもあります。

生産してるキュヴェは8種類

ULTRA BRUTウルトラブリュットはノンドサージュ、白いカラーの花をイメージしてるそうです
BLANC DE BLANCS BRUT NATUREこれが今日の新発売
CUVÉE ROSÉ独特のボトルが可愛いロゼ
GRAND SIÈCLE大統領だったドゴールが名付けたトップキュヴェ、NVでも素晴らしい
ALEXANDRA ROSÉ 娘の結婚式の為に作られた特別なロゼ
BRUT MILLÉSIMÉ 2008ヴィンテージの現行は当たり年の08年
LA CUVÉEこれが一番のスタンダード
HARMONYハーモニーはドゥミセック、やや甘口です

あと、たまに特別ボトルが出たりしますが、これが全てです

今日のブラン・ド・ブラン ブリュット・ナチュールは日本では8月24日に新発売になったばかりの限定品です
これから輸入も増えるのかもしれませんが、初回は僅かだったみたい。

シャルドネ100%瓶熟は最低72ヶ月、かなり長めです

ローラン・ペリエでは81年に業界の先駆けとしてウルトラブリュットを発売、それから同じノンドサージュのブラン・ド・ブランを追求して今回のブリュット・ナチュールの生産を始めました
酸が穏やかな完熟したブドウを醸造所から近い良質の畑から得ることが出来るように、何年も準備して来たそうです。

瓶熟の長さを考えても、かなり美味しいでしょう

2021年のファインシャンパンマガジンで早速9位に選ばれています
1000以上のシャンパーニュから選考、因みに2位もグランシエクルです。

箱付きの限定品です、ギフトにも最適
シャンパーニュ好きの方は是非飲んでみてください〜










posted by cave MITSUKURA at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。