2021年10月20日

日本のアロマティック品種



阿蘇山が噴火しました
周辺は大丈夫でしょうか? 地下深くでは繋がってるでしょうし、桜島や御嶽も活動再開する?? かも…

名古屋もすっかり冬の気配ですねー、もう寒いです



今日は午前中に久しぶりの業界向け試飲会に行ってきました


9AAFB29F-EA09-4550-B021-23C5803D6CF3.jpg

今日のお目当ては50種類くらい出ていた日本ワインです

銘柄は知ってても初めて飲む物や、本当に初体験の品種もあって良かったです。

リースリングの交配品種って、日本だけでも色々ありますが。
今日試飲した品種を以下に紹介します、飲んだ事あるでしょうか??

リースリング・フォルテ

RF001.jpg
サントリーHPより

サントリーの登美の丘ワイナリーで開発された品種、リースリング甲州三尺の交配で、日本の気候に合うよう改良され、香り高いドイツのリースリングの個性を受け継いだブドウになっています。

同じ交配でリースリング・リオンと言う品種もあります。
こちらの名前を名乗っているワインもありました。

今日のワインではありませんが、他にも信濃リースリングも有名です

ヨーロッパでもリースリングの亜種や交配品種は色々あるので、リースリングは利用しやすい良いブドウだったんでしょう

その他にも美味しいワインが色々ありました。
入荷したら紹介したいです





posted by cave MITSUKURA at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。