2022年09月09日

上がるか下がるか天国と地獄



9月の新入荷

46A8A485-5224-4506-AB60-46FCE5BCA929.jpg

トロ・ボー
3種3本だけ うっそでしょ…


ド・ヴィレーヌ ↓

C7C11E68-7210-49F2-910B-FFC4986CEF5F.jpg
こちらも少なめ


何故か、山崎12年もあります ↓

590BAEBF-90D8-4BDC-9EEF-83FE247576D1.jpg

箱付きは4本だけ、箱なしならまだあります。
しかし、高いのでお勧めしません



ワイン関連のニュースでは、サンテミリオン2022年の格付けが発表になりました

メドックの格付け1855年から遅れる事100年、1955年に始まったサンテミリオンの格付けです。
その時から10年に一度見直しをすることに決まっていましたが、2006年の発表後は揉め事だらけ
裁判合戦になってましたねぇ…

今回は2012年の見直しから10年できちんと収まりそうです。

過去の見直しは、
1969年
1986年
1996年
2006年
2012年と5回ありました。

今回は、前回2012年の最高ランクのプルミエ・グランクリュ・クラッセAの3つのシャトー、
シャトー・オーゾンヌ
シャトー・シュヴァル・ブラン
シャトー・アンジェリュス

が格付けに参加しないと、「脱退」を表明していますので、このトップ3は入っていません

因みにクラッセBのラ・ガフリエールも不参加を表明しています。

格付けをめぐる思惑や評価が伝統や価値に反する、という考えです。
確かに揉め事だらけで色んな利権が絡んでるでしょうし、反目や不利益の元になっては何のために見直すのか、本末転倒ですね

と言う事で、今回唯一のトップに昇格し、クラッセAに選出されたのは、
シャトー・フィジャックです

Bouteille-Chateau-Figeac-2020-250x937.76824034335-c-center.png
HPより

おめでとうございます
でも、店頭にはないんだなぁ…

昇格したからめちゃくちゃ値上がりすんじゃないでしょうか

同じくAに残ったシャトーパヴィも今や手の届かない値段になりつつありますね。
こちらは店頭にあるよ、まだお手頃価格です。

そして、プルミエ・グランクリュ・クラッセBには12のシャトーが選ばれています

Château Beau-Séjour Bécot
Château Beauséjour Héritiers Duffau-Lagarrosse
Château Bélair Monange
Château Canon
Château Canon-la-Gaffelière
Château Larcis Ducasse
Château Pavie Macquin
Château Troplong Mondot
Château Trottevieille
Château Valandraud
Clos Fourtet
La Mondotte


てんちょ、ボーセジュール・ベコか、モンドットがいいな

実はヴァランドローを1回しか飲んだ事なくて(多分)、しかも結構昔、すごく濃厚でびっくりしました。
新世界みたいだったけど、今はどうなんでしょう。


えー、ところで、サンテミリオンのAOCと格付け、正しく理解できてますか??

多分これ書くの8回目くらいですが

サンテミリオンと名乗るワインは全て赤で、AOCは規制の緩い順に(下から)、
サンテミリオン
サンテミリオン・グランクリュ

2つのみ

この二つ目のサンテミリオン・グランクリュは格付けとは無関係で、収量制限を守れば比較的容易に取得できる名称です

そしてAOCワインである事は当然ながら、それとは別に格付けがあり、こちらも下から
サンテミリオン・グランクリュ・クラッセ
サンテミリオン・プルミエ・グランクリュ・クラッセB
サンテミリオン・プルミエ・グランクリュ・クラッセA

と、3ランクの格付けがあります。

この「グランクリュ・クラッセ」をAOCのグランクリュと混同してる方が非常に多いです

更に、通常、格付けシャトーとして言及されるのはAとBのプルミエ・グランクリュ・クラッセです
プルミエが付くか付かないかで、その価値は大違いです。

グランクリュ・クラッセは、今回の発表でも71シャトーもあるので、狭いサンテミリオンでは名誉とは言え、そこまで突出した評価とも言い難いかも。
英国ワイン雑誌のデカンターでは銘柄すら書いてないやん

フィジャック、もっと飲んでおけばよかったかなぁ…








posted by cave MITSUKURA at 17:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする