2020年06月30日

6月も徒然にお終い


2020年も半分終わったー
なんだ今年は3ヶ月くらいしか働いてないような気がする…

ワインの紹介があんまりできなくてすみません。
来月もきっとこんな感じ。

気軽なワイン会のワインを選んでみたんですけど、調子に乗ってるとすぐに予算が足りなくなるという
欲を出すと切りがありませんね。
落としどころが難しい


先日、イタリア・プーリア州のジンファンデルを飲みました

6F98019D-B0D6-4FFC-984F-BDB70CB78327.jpg

IGPプーリアです。
DOCなんかだと、地名を知らないもんだからどこのワインが全然分からない事が良くあります
イタリアの地理ももっと勉強しないとね。

で、飲んだワインですが、プリミティーヴォじゃなくてジンファンデルって書いてあります。
逆輸入か???
物凄ーくモダンなスタイル、甘くて濃いワインでした




posted by cave MITSUKURA at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

イタリアのエリクサー


今日は外出してる人が多そうですね


キャッシュレス決済の還元も今日を入れてあと4日です

5%は結構大きいですよね
ワイン買っておこうという方、是非お待ちしております



月末と言う事もあり、新たに入荷したワインはありませんが、店頭にあるちょっと珍しいワインを紹介します

748501FF-6C10-4876-A327-7DA689E0DE59.jpg

チェレット バローロ・キナートNV

このワインを飲んだ事がある方はイタリアワイン通ですね
今ではほとんど見なくなってしまいました。

バローロというワインは大変有名なので今さら説明の必要もないかもしれません。
イタリア高級ワインで「王のワイン、ワインの王」として知られる存在です

産地はピエモンテ州、ブドウはネッビオーロ100%赤ワインのみ

チェレット社はピエモンテ州では最大大手の一つで、甘口のアスティから、バルベーラ、バルバレスコ等沢山のワインを生産しています。
前にも黒くて長い円錐ボトルのモスカート・ダスティを紹介しました。

さて、今日のワインはバローロの名前がある通り、ネッビオーロ100%の赤ワインなんですが…
それだけではありません

ラベルにあるCHINATOキナートの文字、これが重要です
キナートをご存知の方はお酒に詳しいですね

キナートと言わずにキニーネ、と言えばちょっとは分かる方がいるでしょうか?
そうです、今日のバローロはマラリアの特効薬として世界中に広まったキナートを使った味付きのワインなのです

キニーネは南アフリカ原産の「キナ」という樹木の果皮から抽出される成分で作られた薬で、19世紀の半ばから世界中で使用されるようになりました。
特に植民地のアフリカやインド、東南アジアでは移民白人には欠かせない薬で、トニックウォーターにも入ってました。
ジントニックはマラリアがもたらしたカクテルですな

そのキニーネをバローロに入れて薬草酒にしたのが今日のワインです
味は甘口です。

えーと、これってベルモットみたいなフレーバードワインなのかと思いましたが、
アルコール度数が17%あるので、法的にはリキュール(混成酒)ですね
数種類の薬草をアルコールに漬けてエキスを移し、そのアルコールを糖分と共にワインに混ぜる、という製法です。

この薬草バローロは19世紀の末に、モンフェラートのカペリーニ医師とモンフェラートのザバルダート医師の二人が考案したものです

当時は正にエリクサーとして持て囃されたようです。

ラベルにあるようにキニーネ以外の薬草も入っていますが、レモングラス(シトロンなんとかの表記)っぽい物以外はさっぱり分からない…  ↓

52C277C5-446F-4750-A58F-454CB177A6A0.jpg

チェレット以外にも作ってる生産者はいますが、戦後すっかり廃れてしまい、今では数社のみ少量の生産を続けています


てんちょ、このキナートは飲んだ事がありません
他のはあります。

甘いんですが、苦くもあり(薬草なので)濃厚な味わいです
苦手な方もいるでしょうね、養命酒の濃いスタイルです。
赤ワインですし。

日持ちがしますので、ナイトキャップにもいいですよ
ほんと血行改良に良さそうです。
面白いワイン(の仲間)ですよね?

しかし、元がバローロだけあって値段は結構するんですよ
諭吉さんまではいりませんが一葉さんでは足りません。

ミツクラで開ける機会があるとすれば、2次試験対策くらいでしょうかねー
経験として飲んでみるのも悪くない

あなたのキャビネットにも1本どうかしら







posted by cave MITSUKURA at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

7月1日よりレジ袋有料になります


眩しい太陽
いつの間にか夏至過ぎてたんですね(今年は6月21日)
これから日が短くなるとはどうしても思えません


カーヴミツクラでも7月1日よりレジ袋が有料になります
サイズに関わらず1枚2円です、どうぞよろしくお願いいたします。

ワインは重いのでエコバックと言ってもちゃんとしたのじゃないと心細いかもしれません。
今までも袋は要らないと言ってくださる方がいて、助かります。
ごみは少なくどうぞご協力ください。



この前、とっても珍しいワインをサンプルとしていただきました
その内皆様とも飲む機会があれば。

てんちょ、歴代の珍品と言えば、
マダガスカルのヴァン・グリ
アメリカ・アラバマ州のロゼ
 マスカダインはヴィティスでいいのか
どちらも旅行のお土産のいただき物です。
ありがとうございました。

7月もあんまり大勢で集まるべきじゃなさそうですね…
もっと気楽に思っておりましたが、やはり試飲会も10月の周年も開催するのはやめておいた方が無難でしょうか

ワインの事書こうと思ったのに時間がなくて、また明日。

















posted by cave MITSUKURA at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

健康第一はブドウも同じ


今日も曇りでやや涼しい名古屋です


フランスのブドウ畑では既に実が大きくなりつつあり、平年よりも1ヶ月も早い生育状況です。
(20年前なら開花が6月下旬が普通でした)

6C5CCAF9-9C82-44CB-A718-15F77832E554.jpg
マルセルダイスSNSより

↑ この写真はアルザスですが、フランス全土で同じ様に早い生育です

一部、ミルデュMildouと呼ばれる病気が発生していますが、さほど深刻ではないようです。
ブドウも他の果樹同様に病気になりやすいのですが、様々な菌による腐敗が昔から大きな脅威になっています。

94046C79-4CC6-4073-9397-2E532CD7B494.jpg
Michael Grisard SNSより(オイディウム含む)

ミルデュは日本語でベト病と言いますが、フィロキセラと同様にアメリカから「輸入」された病害です。
葉にも実にも白いカビが付いて枯れさせてしまいます
湿度が高い畑で起こりやすく、名前の通りべとべとしたカビが原因です。

3C957CB3-0381-4392-96E9-4FAC04597E92.jpg
シャンパーニュのエリックロデスSNSより
「警戒が必要」
ブドウにうっすらカビが付いてます

南仏やアルゼンチンの利点として、「風が強い」「乾燥している」などが挙げられますが、こういう環境だとカビも発生しづらいので、病害が少ない、とはそういう事なんです
風通しが良いとブドウにもいい。

でも、一方では強風だと光合成の効率は下がります
今は温暖化で日照の心配があまり要りませんのでいいですけど、緯度が高い地域では夏は無風であることが必要だった時代もありました。


ミルデュは19世紀の後半にフランスで大流行し、フィロキセラと相まってほとんどのブドウ畑が壊滅しています
ベルエポックの時代に水を差し、それからすぐにグランドゲール(第一次大戦)が起こってフランスのブドウ畑は大災難に見舞われます
いい時ばっかりじゃなかった…

このカビの病気ですが、対策にはボルドー液という硫酸銅を混ぜた石灰水を散布するのが有効とされています
この液体は、青っぽい紫白色をしていますのでブドウ畑に行って葉や実がこの色になってると、「あ、ボルドー液撒いたな」と一目瞭然です

ボルドー液は元々ブドウ泥棒除けに考案されたそうです
収穫前のブドウを夜中に取っていく輩がフランスにもいたそうで(今とは違い、売ると言うよりも飢えの為でしょうが)、
ボルドー液の掛かったブドウを食べるとお腹を壊すので、取られないようにする対策だったとのこと。

このまま無事に夏が終わり、大豊作で高品質の伝説的ヴィンテージになりますように
↑ 欲張り過ぎ







posted by cave MITSUKURA at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

マルベックの本当の実力


曇り空でやや過ごしやすい名古屋です。
ブラジルや南部アメリカでコロナ感染者が増加してるようで、国際的な交流は当分先になりそうですね
日本でも一気に観光地や街中に人が増えてちょっと心配。




今日はちょっと特別なワインを紹介します

E790335E-B99F-4A40-BCA4-7929F3422C2C.jpg

カテナ サパータ マルベック アルヘンティーノ カテナ 2017

アルゼンチンの赤ワイン、マルベック100%です
メンドーサ産です。

すごいラベルでしょ。
詳しくは後半。

アルゼンチン最大のワイン産地であるメンドーサはアンデス山脈を挟んで、ちょうどチリのサンチアゴの反対側にあります。
なので気候的にも土壌的にもチリと共通点があり、豊富な日照と冷涼な気候のおかげでヴィンテージの差が少なく、毎年健全なブドウが豊富に収穫できる利点があります

デイリーワインとしてチリと同じようにアルゼンチンワインを飲む人は沢山いると思います

カテナはアルゼンチン最大のワイナリーです
3代目のご当主であるニコラス氏は、英国ワイン専門誌のデカンターで09年に「マン・オブ・ザ・イヤー」に選出されていますし、他にも世界で最も価値の高いワイナリーに選ばれるなど世界中で賞賛されている注目のドメーヌなんです

ニコラスさんはナパの高級ワインの影響を受けて、1980年代にチリワインと同じように低価格で親しみやすいワインがアルゼンチンのワインだと思われていた市場の意識を変えるべく、単一畑のワインや凝縮された高品質ワインの生産を始めました。
それが今でも高評価の結果に繋がっている訳です
現在は4代目のお嬢さんもワイナリーに参加して、特にマルベックのDNAや土壌の研究にも力を入れています。

ミツクラにも2018年9月にカテナ(&ラポストール)セミナーを開催しました
もう一昨年かぁ、二つのワイナリーを2時間程度で試飲・解説ってのはもったいないですね
とても良い機会でしたが、もっとお話が聞きたかった。

繰り返しますが、カテナはアルゼンチン最大にして最高のワイナリーです
安いだけのワインじゃない、アルゼンチンワインの意識を変えたい努力が非常に明確です。

ドメーヌはメンドーサにありますが、自社畑はその周辺に標高900メートルから1500メートルにもなる「高山」に点在しています

でもねぇ、この大会社、デイリーワインから単一区画の高級品まで沢山のラインナップがあるんですけど、
はっきり言って紛らわしい名前が多くて分かりづらい
もうちょっと簡潔にカテゴライズするべきだと思う

ハズキルーペみたいに「名前がややこして分からないっ」と叫びたくなる
きーっ

と言う事で、今日のワインを紹介する前にカテナのラインナップをおさらいしましょう。
ワインのカテゴリーは6つのヒエラルキーに分類されています
(なんかこれも怪しいんだけど)

お値打ちな方から、

アラモス・シリーズ

ミツクラの店頭にもあります、1000円台でも十分美味しい高品質です。
これは本当に文句なしのおすすめです
赤白泡ロゼと品種ごとに揃っています。

カテナ・シリーズ

あのさー、これがイカンと思うんだよ。
カテナっていう会社がカテナっていうワインを作る事は全然悪くないんですけど、数あるシリーズの中で限定して自社名が入ってるのって言うのが面倒の元ではなかろうか
そして品種ごとに何種類もあるから余計面倒。
カテナのカテナ、です。

カテナ・アルタ・シリーズ

これもだよ、アルタ(=高地の意味です)の名前の通り一部の区画のブドウのみを使用
こちらにも品種ごとにいくつかあります。

カテナ・サパータ・シングルヴィンヤード

ここからは特に高級品です。
これ以降は基本的に区画名が入りますが、ブレンドのキュヴェ名の場合もあり、これもややこしい
お値段も急に諭吉さんです。

カテナ・サパータ・アドリアンナ区画別ワイン

ホワイントボーンズなど、アドリアンナ地区の単一区画名が入っています。
メンドーサ市の南15キロくらいにあるカテナのドメーヌからさらに南へ行ったトゥプンガトという、標高1500メートルもある一帯がアドリアンナの畑がある扇状地です。

畑は細分化されてそれぞれに適した品種が研究され、植えられています ↓

C40FC817-5974-4025-B855-6864B901FA29.jpg
セミナーでいただきました。

標高が1500メートルもあるので昼間の日差しは殺人光線です
日照量は完璧、ブドウは種を守るために果皮を厚くするので一層凝縮した濃いワインが作れます

しかし高地なので気温が低く(特に夜)、ブルゴーニュと年間気温とほぼ同じという特異な気候なんです。
そして、雨が少なく乾燥してるので病害の心配が少ないと言う利点もあります。
(余談ですが、夏は元々雨が少ないものの、ここ何年も冬の雪が減っているので今後は地下水にも影響があるかもしれない、とのお話
気候変動は世界どこでも同じなのでした)

特別な自社畑は、このアドリアンナ地区以外にも、あと二つ、アンヘリカ地区ニカシア地区というところがある。

カテナ・サパータ・フラッグシップワイン

これも特別な区画の最高品質ワインです。
ニコラス・カテナ・サパータ
カテナ・アルヘンティーノ

…になってますけど、HPと違う
HPはもっとめちゃくちゃ種類があって、一層訳が分からない

どーなってんだぁぁぁぁ(切実に怒っておる)

もらった資料が間違ってる、それ以降に変更されたやもしれませんけど
4,5,6はもっと整理して販売するべきじゃなかろうか
ワインは細分化しすぎてるのも販売を難しくしてる原因の一つだと思う

すんごい濃いオーパスみたいなの1つあれば十分かもしれません、最初は。
まぁ、それは置いとくとして


やっと本題
今日のワインはカテナの拘りが詰まった高級ワインですよ〜

マルベック100%
アンヘリカ地区とニカシア地区のブドウを混ぜています。

ドメーヌの歴史にも重要な役割を果たしているマルベックの研究の集大成と言われるワインです

ちょっと脱線しますが、今やアルゼンチンの固有品種ともいうべきマルベックが何故ここまで定着したのでしょうか

ご存知の通り、マルベックは元々ボルドー周辺のブドウです。
中世以降、フランス・イギリスの宮廷ではマルベックで作られたワインが濃厚で香り高く、非常に人気でした。
当時はカベルネソーヴィニョンはまだ普及していなかったようです。

手軽に栽培出来ていいワインが作れる品種と言う事で、マルベックはとても持て囃されます
大航海時代を経て多くのヨーロッパ移民はブドウの樹も南米へ輸出することになりますが、その中にマルベックも入っていて特にアルゼンチンで成功していきます。

マルベックは雨や湿度に弱いので、標高の高いメンドーサ付近の乾燥した気候によく合ったようです
さらに、スペイン系の移民の食事であるアサード(炭焼き)にマルベックのまろやかさが好まれたのではないか、という理由もあるそうです

1850年代の前半には既に栽培の記録が多く残されているそうで、こうなってくるとフィロキセラがいないメンドーサではフランスよりも樹齢の古い「本来の」マルベックが根付いて残っていることになります
この本家を凌ぐ、下克上的な地位向上がアルゼンチンワインにはとても重要です
フィロキセラ以降にはアルゼンチンのマルベックをフランスに再輸入する試みもあったそうですし。

以上、アルゼンチンとマルベックの関係でした


今日のワインはラベルが怖いですよね
それには理由があります
2015年ヴィンテージから、この印象的なラベルに変更されています。
(ワイン名はARGENTINO=アルジェンティーノ、ですがスペイン語読みなんですね)

この派手で豪華なラベルには4人の女性が描かれていますが、これがマルベックの歴史を表しているのです

4468E3BD-58AF-4E1F-8B69-5519718E5D4C.jpg

C27B786E-6BE2-4E19-AEB3-382E8EC9D564.jpg

BEDAD381-6665-4F00-9E80-A9E99D739366.jpg

5228FBC6-896C-4389-BDF0-3840B06DFACC.jpg

エレオノール・アキテーヌ〜
移民の時代〜
フィロキセラ〜
アルゼンチンにおけるマルベックの再発見〜

頂いた原画もあります ↓

EDAF666B-27E7-41BB-8DF8-AF8A4605373A.jpg
こちらもセミナーでいただきました。

フィロキセラが怖い、死神だわ

凝縮感は完璧です
2割だけ全房発酵、フレンチオーク熟成18ヶ月
アルコール度数も14.5%もあります
さらに酸度も高くて(HP3.5)、しっかりした骨格にぎゅうぎゅうに詰まってます

店頭には今はありませんので取り寄せになりますが、こういう素晴らしいマルベックも体験してみて下さい〜
取り寄せ可能です。









posted by cave MITSUKURA at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

踊るポイヤック


昨日まで夜が寒いくらいでしたね

てんちょ、早速10万円の給付受けました
一昨日振り込まれてました。
早い。
「他を優先してください」にチェックしたんですけど。
ありがとうございます。


ハマグリとナーエ、デーンホフは感動でした

888AECB8-7631-48AC-8D2E-82A72755854E.jpg

繊細でありつつ、酒質のしっかりした芯のある作りです
全てトロッケンで、綺麗な酸が和の出汁にも調和してました。

最近の辛口ドイツワインのいい経験にもなりましたし、桑名さんの巨大ハマグリがもう美味しくて

64F6491D-C23E-4440-BDB4-E396B0BA83B3.jpg

幸せでした〜



さて、今日は王道ワインを紹介します
暑い季節には中々厳しいフルボディかもしれません。

8FA441EA-8FDB-4752-B88C-B1BD3730490D.jpg

パストゥーレル・ド・クレール・ミロン2010

クレール・ミロンのセカンドワインです
主に樹齢の若いブドウを使用しています。

クレール・ミロンは有名なのでご存知の方ばかりでしょう
ボルドーを日常で楽しんでる方は少ないかもしれませんが。

シャトー・クレール・ミロンはフランス、ボルドーの左岸、メドックにあるシャトーです。
メドックの中でも最も高貴なワインを生むと言われるポイヤック産であり、メドックの格付け5級に認定されています。

このワインは、1970年から1級のシャトー・ムートン・ロートシルトが作っています。
同じく5級のダルマイヤックの姉妹シャトーという趣です

シャトーはラフィットに隣接していて、同様に歴史は古く、18世紀には売却の資料が残されています。
セパージュは、
カベルネソーヴィニヨン 50%
メルロ 36%
カベルネフラン 11%
プティ ヴェルド 2%
カルメネール 1%

と、ほぼ作付け面積比と同じです。


今日のセカンドワインは初ヴィンテージが09年というまだ新しいワインなのですが、ラベルに描かれている二人の踊る男女の絵は83年からファーストに採用されたデザインと同じです
この踊る男女の抒情詩の事をパストゥーレルと言うそうです。

第二次大戦中にドイツ軍によって奥様を殺されたフィリップ・ド・ロスチャイルド男爵、このラベルには感慨深い物があったに違いありません。有名なユダヤ人であったが故に理不尽に家族も仕事も蹂躙された男爵は、戦後何年たっても決してドイツ人とは食卓を共にしなかったそうです。
男爵も既に鬼籍に入りましたが、シャトーの運営は順調の様です。
写真を拝借したかったのですが、コピーできません
HPはこちら ↓
https://www.chateau-clerc-milon.com/


今年はコロナの影響で、例年春に行われる新酒(=プリムール、今年は2019年の先行予約)の試飲会が開催されず、各シャトー共に値段をどうしようかと思案していたようです。
有名バイヤーや評論家、一流ソムリエ達の事前の試飲情報によって、シャトーの公表するヴィンテージ情報と一緒に大まかな値段が想定されるので、こうした試飲会が開かれないと市場価格が不透明なままで困ってしまう訳です

期待よりも高くしてしまうと売れ域に影響が出るだろうし、あまり安くして儲けが少なくなるのも避けたい、という難しところ
しかも先行販売も延期されているので、資金調達が出来ずに経営が難しくなるシャトーもあるかもしれません。

2010年はここ20年では最後のクールヴィンテージです

厳冬を春にまで引きずった遅い生育は6月後半の雨で夏の気候へと変化していくのですが、夏の気温も昼は高くなる一方で夜は下がり、うまい具合にブドウの成熟と酸の温存のバランスを取るのに成功しました
収穫開始は9月28日、ここ数年の早すぎる収穫からすると1ヶ月も遅い。

適切な雨量と乾いた夏、夜の涼しさが洗練されていながら凝縮した気品のあるワインに仕上げてくれた2010年、どこのシャトーでも非常に素晴らしい物が多いです

05年や09年、15年は収穫も多くてもっとお日様がいっぱいな前向きなヴィンテージです
ポジティヴという言葉が相応しい。

それに比べると少し大人しいのですが、じっくり味わう高貴さが2010年にはあります。
最初から最後まで満足のナパワインみたいな09年や15年よりも、てんちょは2010年の細やかさが好きです

収穫から10年が経ってあまり見かけなくなってきた2010年、是非今の内に買ってみてください
クレール・ミロンはセカンドと言えども流石の美味しさです
アルコール度数14%の表示の通り、エレガントではありますが強いフルボディです。

しかし、メドックはこうでいいかな、と思います















posted by cave MITSUKURA at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

太陽と月と地球のワイン


昨夜の名古屋はやや涼しかったです
朝晩の気温が低いと過ごしやすいですね。

6月ももう後半ですね
今年も半分終わりかぁ…



あまり仕入れを頑張る時期じゃないのですが、数ヶ月遅れのワインがようやく届きました
案内自体は去年の10月で、今年の1月に入荷予定だったものの…
コロナ以前に出荷が遅れてるとかで、3月の予定がさらに伸びて…
やっと届きました

もはや何を注文してたかも忘れたくらい

ワインはこちら ↓

815C57EA-2BCC-4715-B5B5-2CDF22C66908.jpg

ミッシェル・マニャン
左から、
モレサンドニ 1er ミランデ2002 3リットル
同 2000 マグナム
モレサンドニ1984


他にも色々ときました
そうだ、そうだ。
蔵出しのジャイアントボトルがあるから買いたいと思っていたんです
あと珍しい80年代も。

大きなボトルは本当に美味しいですよ
寿命長いですし。

84なんて20年以上この仕事してても、多分3回くらいしか扱ったことがない
もっとないのが80ですが、今回は80はなし。

ジェロボアムの蝋キャップが可愛いですね
同じ紫色になっている〜

00のクロ・ド・ラロシュやクロ・サン・ドニ、めちゃくちゃ美味しかったなぁ

これは過去のワイン会  ↓

583870F3-94C7-47AE-8B03-7EA8249B1AB7.jpg

またマニャン会やりたい
フレデリック、名古屋にも来てくれないだろうか。









posted by cave MITSUKURA at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

素晴らしきドイツワイン達


梅雨の中休みの名古屋、快晴ですが暑い

この前、出来心で買ってみたクロワッサンが美味しくなくて凹みました
それなりの金額払ったのに、デニッシュみたいで… バター感なし…
何年振りかに食べたというのに
もっとちゃんとしたお店で買わないとダメかなぁ

あと、別の日、マスカット味だと思って買ったゼリーが梅味だったのにも驚いた
いや、パッケージの絵がね… 大きなマスカットかな、と←梅の絵だった



今日はワインの備忘録とします
事情はお察しくださいませ。

888AECB8-7631-48AC-8D2E-82A72755854E.jpg

デーンホフ
左から、
1.ナーエ・リースリング・トロッケン2018
2.ナーエ・ヴァイスブルグンダー・トロッケン2018
3.クロイツナッハ・カレンベルグ・リースリング・トロッケン2018
4.ロックスハイマー・ヘレンプファート・リースリング・トロッケン2018
5.ヴァイスブルグンダー・S・トロッケン2017
6.グラウブルグンダー・S・トロッケン2017
7.ヘルマンスヘーレ・リースリング グローセス・ゲヴェックス2017


デーンホフは前にも1を紹介しました
こちらを参照ください ↓
http://cave-mitsukura.seesaa.net/archives/20200407-1.html

ドイツ、ナーエの優良生産者です。

ナーエは、東のラインヘッセンにつながる地域で、ビンゲンでライン川に合流するナーエ川の流域に広がっています。
蛇行するナーエ川の斜面は日当たりの良い丘があり、多くの銘醸畑があります。
ベライヒはナーエタール、ただ一つ。


今日のワインは全て白、そして全て辛口です
(生産は白のみでアウスレーゼなど甘口もありますが、輸入されているのは辛口だけ)

実はもう一つ、輸入されてるグローセス・ゲヴェックスがありますが予算の関係で割愛となりました
それがこちら ↓

14604E37-0EA9-47C5-8C8A-A4CB33F13227.jpg

デルヒェン・リースリング・トロッケン グローセス・ゲヴェックス2017

店頭で販売しますねー
ボトルにGGのエッチング入り、流石高級品です
因みに定価11000円税抜き。

デーンホフの情報は以下の通り。
輸入元のHPはこちら ↓
http://www.jeroboam.co.jp/wine_maker/donnhoff.html

生産者のHPはこちら ↓
https://www.doennhoff.com/#!/en

では、簡単に各ワインを見てみましょう
てんちょ、実は1しか飲んだ事がありません。
あ、そんな事ない。試飲会で他のも飲みました

1.これが蔵で最もベーシックなワインです。
スクリューキャップの気軽なワインですが、安価なリースリングとは全然違う旨みがあります
コクがあるけど辛口、深みのある余韻がいいですね。
香りも素直なアロマで、変な石油香がしない所も気に入っております。最近は早くからオイルっぽいリースリングが多くて残念
発酵はステンレスと大樽を併用してます、収量がかなり少ないのが勝因でしょう。

2.ヴァイスブルグンダー=ピノブランです。
こちらもトロッケン(辛口)です、リースリングに比べて酸味や鉱物感がはっきりしています
後味が少ない、きりっとしたタイプですね。夏は冷やした方がいいでしょう。
味わいの軽さで言えば、よりも2を先に飲むべきかもしれません。

3.畑名入りの高級ワインです。
カレンベルグはバート・クロイツナッハーという町の周囲にある区画で、この地域は一番の畑らしい
「スパイシーなリースリング」って書いてあるけど本当だろうか。

4.こちらも畑名入り、ロックスハイムという村のヘレンプファートという区画。クロイツナッハの北西にあります。
赤い砂岩の土壌らしく、こちらもスパイス感があるらしい。

5.こちらは2の上級品です。
同じヴァイスブルグンダー(ピノブラン)ですが、S(エス)=セレクションの名称が付いています。

このセレクションという名称や、7のワインのVDPなんですが、ドイツワイン法の混乱しまくってる大きな要因です

セレクションという名称はクラシックという名称と共に2000年から辛口のワインに導入されたカテゴリーで、トロッケンハルプトロッケン(半辛口)という分類の他に「確かな辛口」であることを表示する為に作られた名称です。
13の指定栽培地域で単一品種である事が前提で、クラシックよりもセレクションの方が規制が厳しく、より高級品と言う事になってます。

しかし、 この名称はその後何度も内容が見直され、今では結構無視されちゃってます
ソムリエ協会の教本には記載すらない。こらー
まぁ、より厳しい規制を受けた辛口、って事です。

6.こちらもセレクション=辛口です。
グラウブルグンダーと言う品種はあまり馴染みがないかもしれません
でも、ピノ・グリって聞いたら、なーんだと思うかも。
5も6もローム質(粘土)の入った火山性土壌なので、一層鉱物感があるかもしれません。
それがスパイシーさをもたらすのでしょう。

7.これが蔵で最高の辛口白ワインです
ニーダーハウゼンにあるヘルマンスヘーレという単一の区画から取れるリースリングで、こちらも辛口。

GG=グローセス・ゲヴェックスとは、VDP(ファウ・デ・ペー)という任意団体が作った畑の格付けの一つで、最高位の区画を差します
フランスワインの様に、ワインを区画で等級付けるようにしています。
格付けは4ランクあります。
グランクリュ、プルミエクリュ、コミュナル、レジョナルといった感じです。
なので、それまでのドイツの高級ワインが、カビネット、アウスレーゼなど味わいで格付けされていたのとは別の視点でワインを再評価している訳です。

しかしながら、もちろんカビネット等の名称も並行して使用可能ですので、ややこしくなっているのは間違いない
そして、この甘さの分類が余計にイカン
なぜなら、シュペトレーゼ、アウスレーゼなどの甘さの基準は出来たワインではなくて、果汁の糖度によって等級づけられているので、果汁中の糖分が完全発酵すれば当然しっかりしたアルコール度数の辛口ワインが出来上がる訳です。
それにより、シュペトレーゼ・トロッケンやカビネット・トロッケンといった、甘口なんだか辛口なんだか意味不明なワインが出来ちゃうんです
(トロッケン表記があるのは辛口ですが、カビネットやシュペトレーゼという名称で甘口と思う方がいても無理はない)

話をVDPに戻して。
この団体は1910年創立なんですが、別の団体を吸収したり現在までに数多の変遷を経ている為に、昔から知ってるてんちょみたいな人間には一層紛らわしいっていうかややこしいのです。元はラインガウだけに通用する団体が別にあり、畑の認証名もラインガウだけ、モーゼルだけと面倒な事この上なかったので、今みたいに統一されてるのはややマシになった感はあります。

この名称の重要な前提は、任意団体であって法規制ではない、という点です

他にもいっぱいあった、RSとかナーエシュタイナーとかはどーなったんだろう???
ドイツワイン協会で勉強しなくちゃ

世界的にも甘口市場が急速に縮小し、気候的にもアルコール度数の低い甘口やアイスワインが作れなくなっている昨今では、一層辛口に傾倒しているドイツワインです
それはそれで悪くはありませんが、急激に変化しているからには混乱もあるでしょうね…
団体は利権と分かち難く、理想の味を求めるロマンチストばっかりじゃありませんし。

で、上記の7つのワインですが、ハマグリを合わせてみようと思います

アサリやハマグリだと、きっと皆さま地中海沿岸の白やイタリアワインを合わせることが多いでしょうし、フランスワインでもソーヴィニヨンブランとかありがちなので、ありそうでなさそうなドイツワインを一気飲みしようと思い立ちました
デーンホフの経験にもなるし、貝のアルギニン酸や亜鉛とワインの鉱物感が上手くマッチしてくれるように期待しております。
はまぐりってドイツ語でMuschel(ムシェル)というらしい。

ドイツワインは地域の差はあるものの、概ね日本人の食にも合わせやすくてオススメですよ
再発見すべき素晴らしいワイン産地です
















posted by cave MITSUKURA at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

シェーブルチーズが呼んでいる


湿度は何とかならない物でしょうか
不快指数、ダントツの天井続き


今日も冷やして美味しいワインを紹介ます
特別価格ですよ。

C1EDBBE4-52E2-4458-AF9C-A89C71316054.jpg

アンリ・ブルジョワ プティ・ブルジョワ・ロゼ2017

アンリ・ブルジョワサンセール(フランス、ロワール地方)の一大生産者です
ドメーヌはサンセールからちょっと西に入ったシャヴィニョルの村にあります。

ロワール地方は沢山のAOCがありますけど、名前だけ知っててもあんまり見かけない物も多い
アンリ・ブルジョワでは、
メネトー・サロン や、
カンシ―
も作っていますよ
これがなかなか美味しいのですよ
でも正規輸入がない。

と、値打ちな物から高額なレア物まで、沢山のラインナップがありますが、今日のはお値打ち品です
法的には、ヴァン・ド・ペイ・デュ・ヴァル・ド・ロワール、です。IGPですね。
ピノノワール100%の辛口ロゼ
スクリューキャップ。

ロワール上流の赤またはロゼはピノノワールで作られていますので、中流域のカベルネフラングロロなどとは全然違って、軽やかでありながら洗練された優雅な物が多いように思います
ロワール地方全体では緯度にはさほど差がないのですが、サントルのワインは赤も白もがはっきりしてキレイな物が多いですね。
それが清涼感を持たせ、かつ洗練度を左右している大きな要因です
サンセール付近の土壌にも関係しています。

サンセールは白ばっかりが有名なので、対岸のプイイ・ヒュメの様に白しかないと思っている方が多いかもしれませんが、サンセールには赤もロゼもあるんです
店頭にも、デュ・ノゼのとても優れたサンセール・ロゼがあります ↓

3A68C367-9722-4F2B-9FFF-BD9AE1E01B12.jpg

このワインもピノノワール100%
香りが華やかです
味わいは非常にスッキリした辛口です、白ワインと同じように楽しんでいただけます。
(温度が高いと少し苦いかもしれません、なのでよく冷やして飲む方がオススメです)
しかし、やはりACサンセールだとそれなりにお値段もするんです

そこで、今日のヴァン・ド・ペイです
これなら気軽に試せて、ロワールのピノノワール(ロゼ)のイメージも分かる。
こちらはあんまり苦さは感じない、本当に軽いタイプです

綺麗な辛口ですよ
ふくよかさもあるので口の中では広がりを感じますが、余韻はそんなに長くなくてお料理の旨味も邪魔しません。
春の和食、タケノコのお吸い物やワラビの炊き込みご飯、貝にも良さそう。
〆鯖にもいけまっせ

ヤギのチーズ、特に若い物には最高のマリアージュです
(熟成が進んでセックになるとちょっとチーズが強すぎるのでご注意)
プーリニ・サンピエール
セル・シュル・セール
サントモール・ド・トゥーレーヌ
クロタン・ド・シャヴィニョル

早く税金無くなれー



アンリ・ブルジョワのお父さん、ジャン・マリーさんはお元気でしょうかね??
日本にもう70回は来ていらっしゃるはずです。
流石にコロナでどこかへ行くわけにはいかないでしょうけど、また名古屋にも来て欲しいですね〜
(でも高齢で疲れやすいし、セミナーとかは嫌なんだそうで

その、アンリ・ブルジョワからこちらのワインがコロナ救済で特別価格にて提供されました
12本しか来ていませんが、野口君二人でおつり来ますので。

ミツクラのお客様の間ではロゼワインが結構日常になってきていると思います
ロワールのロゼも是非飲んでみてください〜








posted by cave MITSUKURA at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

続 緑ワイン


東海地方も今日、梅雨入りしましたね
しとしと降るのはいいんですけど、cats&dogsはやめて。


店頭セールの4000円税込パイパー・エドシック・ブリュットが復活しました

16705550-0F73-4E29-9742-7A017BBC1169.jpg

まだありますよ〜、このお値段なら普段飲みにも使える



今日のワインを紹介します
夏の定番になりつつあるあのポルトガルワインです。

02212E8C-A080-42E7-94E6-695813A41BDC.jpg

カザル・ガルシア ヴィーニョ・ヴェルデNV

このヴィーニョヴェルデ、懐かしいです
今から10年以上前、まだ日本ではヴィーニョヴェルデどころか、ポルトガルワインなんて全く飲めなかった頃に初めて広まったヴィーニョヴェルデだと思います。
聞いた事ない小さな輸入元さんだった様に思うのですが、いつの間にか大手ビール会社に変わっている…

そして、前はもっと薄い青色のラベルだった。

カザル・ガルシア1無題.png
HPより、以下同様

カザル・ガルシアは1939年創業、現地でもNO.1ヴィーニョヴェルデの銘柄として現地でも有名です
御祝いのワインとして広まったのだそうで。

カザル・ガルシア無題.png
かわいいHP


ブドウ品種は、ロウレイロ、アリント、トラジャドゥーラ
やっぱり馴染みのない土着品種だった

さっぱり爽やかは間違いありません
軽ーい辛口、微発泡です。
余韻すっきり短め

今日は各時間がないのでこれにて。
昼から飲めますよ〜





posted by cave MITSUKURA at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

竜の落とし子ワイン


今週には名古屋も梅雨入りしそうですね、今日はカンカン照りですが
雨は必要だけど過分には要りません…



今日は今や希少在庫となった再入荷ワインを紹介します

E68054CD-2D4A-4055-B000-6ACE2CEBCD76.jpg

ニコラ・ジョリー クロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン2001

フランス、ロワールの辛口白ワインです
これを知らないとワイン通とは言えまい。

フランス5大白ワインの一つ
さて、後の4つはなーんだ??

イケム
モンラッシェ
シャトー・グリエ
シャトー・シャロン
です。

キュルノンスキーが(勝手に)選んだワイン達ですが、納得の渋い選択です

全部飲んだ事ある方はどのくらいいらっしゃるでしょうか
今だとグリエが鬼門ですな


クロ・ド・ラ・クレ・ド・セランは元はACサヴニエールの一つの区画でしたが、2011年に単独のAOCを取得して独立しました
ニコラ・ジョリーのモノポールです。
白のみ、セパージュはシュナンブラン100%
百面相のシュナンブランですが、ジョリーのクローンはヴーヴレイのそれとは大きく異なる様です。
少なくとも葉っぱは全くの別物です。

ニコラ・ジョリー20200605_3_1.jpg
輸入元より、以下同様

完熟してますね〜
手摘みの収穫時には非常に厳しい選別で収穫しない房が沢山あるそうです。

ニコラ・ジョリーと言えばフランス一番のビオディナミの伝道師です
地下のマグマとか惑星のエネルギーとか、お話がとにかく長くて難しい?事でも有名ですが、てんちょはお会いした事がありません。

02年からドメーヌに入ったお嬢さんのヴィルジニ―さんには2回お会いしてます。
ヴィルジニ―さんはお父様とは違って?明瞭なお話しぶりで、大変親切で魅力的な方です

ニコラ・ジョリー20200605_m.jpg
素敵な父娘

発酵はビオディナミなのでほったらかし、なーんにもしない。
澱引きもフィルターもなし
輸出用にSO2は2g/Lだけ使用しています。

本当にビオディナミを実践してる人は何が起ころうと動じることなく、成り行きに任せたまま。
温度がどーのとか、MLFが止まったとか、ぜーんぜん気にしない
なので1年経っても発酵が終わらないとかあるそうで、そうした場合には今年の収穫分はどうするんだろう??

902BD955-62B2-4409-9447-A39FC1092C76.jpg
畑は草ボーボー、18年の訪問

B743E6CE-9860-4D4B-ADDD-E79558C01A48.jpg
ミツクラにてワイン会

F10D37C1-FEF2-4F04-8501-74F18A94C99C.jpg
何年前だろう、このワイン会は。

ニコラ・ジョリーさん曰く、
飲む3日前くらいに抜栓してほしい
そうです。

正直言って、瓶差はあります
そしてコルクが心配なボトルもまーまーあります。

E4F6096D-4336-4541-836E-FC9EEA261C4F.jpg

が、それもニコラ・ジョリーのワインの個性の一つだと思います。そういうスタイルなんです

日本人はちょっとした事で大騒ぎしすぎです
ワインは農産物なのでヴィンテージや固体に差があるのは当然ですよ。

夏は気温にちょっと注意した方がいいですけど、確かに3日くらいじゃ全然ヘタレません
てんちょが蔵で飲ませてもらったヴェルジュリーは5日前に抜栓した物でしたが、とても美味しかったですよ。

そして、ビオディナミなのに豊かなアロマがあるんですよね〜
みかんの花やアプリコットみたいな甘い香りがします
味わいも深い、甘口ではないけど甘さも感じるし酸もちゃんとある。

変な香りのビオって、ただ下手なだけなんじゃないだろうか…健全な発酵に至っていないというか

熟成すると鉱物感がより顕著になると言うヴィルジニ―さん、なかなか古い物には出会えないんです
そして、テイスティングにはあまり冷やさない方がオススメだとも。
確かに冷やすと香りが沈むので確認しないで終わってしまう要素が出てくるかもしれません。
とは言うものの、今の季節は冷たくして飲みたいのは当然です。

今回蔵出しの正規品で来ました、2001年
19年目の熟成の希少品
18年の新リリースに合わせてきました〜

今回は珍しく、06年以来の輸入となる2番目のキュヴェ、クロ・ド・ラ・ヴェルジュリー2018も入荷しました

47DB6931-F329-43FE-B400-3C32242F168A.jpg

シュナンブランを知るにはこれも飲んでおかなければいけない1本ですね
各12本しかありませんが、そんなにすぐには売切れないでしょう。
是非挑戦してみて下さい。










posted by cave MITSUKURA at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

シャブリとは似て非なる


日差しが強い夏って感じ、まだ梅雨入り前なのに

こんな陽気でもフルボディの赤ワインを飲んでいられる健啖家の皆様、お若くていいわね
てんちょはもう、さっぱりした樽のない白か泡しか飲めません(寒くても)


そんなさっぱり好きな方の為に、今の季節に相応しい1本を紹介します

EACE9C17-FE1D-4300-B578-43D614E0C7B0.jpg

ウィリアム・フェ―ヴル サン・ブリ2018

サンブリの名前を聞いて品種が分かるあなたはワイン通ですね
これはてんちょも何回も飲んだ事あります。

今日の白ワインはフランス、ブルゴーニュ産です
シャブリ・グランクリュの最大所有者であるウィリアム・フェーヴルが作っています。

でも、シャブリじゃありません

サン・ブリはシャブリと同じく、ブルゴーニュでは北の外れに当たるヨンヌ県にある村の名前です
サンブリはここ ↓

サンブリ201910koutsuukisei_ippandou.png
シャブリやイランシー(セザールで作られる赤ワイン)の場所、分かりますか

因みにヨンヌ県はこんなに大きいのです ↓

サンブリ.png

サンブリはグラン・オーセロワの中で村名として単独のAOCを持ち、ソーヴィニヨンブラン100%でなければなりません。
(村の名前はサン・ブリ・ド・ヴィヌー、ブドウはソーヴィニヨングリも可)
当然ながら白のみ、辛口だけに認められた名称です。

シャブリをはじめ、ほとんどのブルゴーニュ白ワインがシャルドネで作られるに大して、サンブリはソーヴィニヨンブランなのが大きな特徴です
ロワールの影響を受けているでしょうか。

この村の地下には広大な空間が広がっていますが、これはシャンパーニュと同様にパリの建築用に石材が掘られた石切り場の跡が残っているためです
今ではセラーに最適なのです、レストランもあるみたいです。
古き良きフランスの農村の面影を残す村です

この村で作られるワインは日当たりの良さから非常にフルーティで、キメリジャンの土壌もある事から鉱物的な味わいと綺麗な酸を持つ、きりっとした辛口になっていて、あんなに海から遠い場所にも関わらず、牡蠣や鯖、サフランを使った料理にも良い相性です
魚貝全般にいけますね、あまり手の込んでいないお料理の方がよいかも。
ソーヴィニヨンブランなのでヤギのチーズにも非常によく合います

サンセールやプイイ・ヒュメと比べると青さが少し控えめでしょうか。
パッションフルーツの香りは十分しますが、完熟感というか肉厚な印象が多少はあるかと

樽を使用しない、非常に爽やかなスタイルなので今の時期にはとってもいいですよ
シャブリ同様にとてもいいワインに仕上がっているのは、流石のウィリアム・フェーヴルです。
余韻も心地よく、美味しいですね〜

ボルドーでもロワールでもないソーヴィニヨンブラン、ぜっひ一度お試しください

くれぐれもシャブリと買い間違えませんように







posted by cave MITSUKURA at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

謎のカベルネ


暑い
と言う事は店内は寒い
これから半年はこの矛盾した非エコなる環境を甘受せねばなりません。

レジ袋もどうするか思案中。
バイオマス原料ってワインを入れて耐久性は大丈夫かな。
プラ削減ならペットボトルや、スーパーのあの過剰包装を何とかするべきじゃなかろうか。
食品トレイやラップで、うちのごみは大半がプラ容器包装です


名古屋でもまだコロナへの警戒感を持ってる方が多いですね。
大人なんだから周りへの影響に配慮するのは当然ですが、皆様の用心の根底の心理を見ると、日本は圧倒的な他責社会だと感じますねー
「お前のせい」
「政府が悪い」
もちろん一番にはコロナに感染して苦しみたくない、大事な人に移したくない、があるんですけど、
その上で、「何かあったら会社に居られない」「袋叩きに合う」と、半ば冗談でもそっちを真剣に恐れてる人はかなり多い

感染者も被害者だと思います。
1回出かけて感染したら、それだけで不心得者なんでしょうか。
あたしゃ、違うと思うよぉ(まるこ調で)



おお、3日連続でブログが書けておる
どーせ続くまい。期待は禁物で。

では飲んでないワインを紹介します

0A6678E3-988E-43C6-9744-04CBB13C5FE0.jpg

81CF4133-2E0B-41C1-95FA-109CB282B6B2.jpg

ベルンハルト・コッホ カベルネドルサ Qbaトロッケン2017

ドイツ・ファルツの赤ワインです。
ベルンハルト・コッホはファルツのハインフェルトにある家族経営のワインナリーです

ハインフェルトってどこだろう…
(BAは分かっても流石に細かい地名が分からない、ここら辺はフランスよりもドイツ弱いなーと自分でも思う)

うっ、HPがドイツ語のみじゃん…
珍しいですね、ドイツ人はみんな英語堪能だし大抵のHPは英語も選択できるのに。

ワイナリーはここです ↓

ベルンハルト・コッホ.png
毎度な縮尺、大都市の名前は分かっていて欲しい読者諸君

ブドウ栽培家としての歴史は1610年に遡ることが出来る長い歴史のある一族です
現当主がシャンパーニュに旅行して以来、優れたスパークリングを作る事に情熱を傾けているそうで、素敵なゼクト作ってますねー
輸入もされてますので今度挑戦したい。

HPにあんまり写真がないのが残念

今日のワインはカベルネドルサというブドウで作られています

カベルネドルサ、って初めて聞きました
これはドイツで交配された新しい品種です。
ブラウフレンキッシュドルンフェルダーの交配だそうで。

交配品種…
試験を受ける時に一番苦手だった
今でも苦手
全然覚えられんーっ

えー、交配をやみくもに覚えてる方が大半だと思いますが(負け惜しみ気味)、そもそもブドウの交配ってどうやるかご存知でしょうか??

ブドウは多くの果実と同じく自家受粉で果実を形成します
あの小さな花は開花と程同時に受粉するので、他品種との交配には開花の直前に一方の雄しべを取り除き、残った雌しべに他種の花粉を人工的に受粉させます。
上手く行かない事も多いんだろうなぁ
こうしてできた新しい品種、商用化されない物もあるでしょう。

そして、ブラウフレンキッシュ×ドルンフェルダー、ってカベルネの名前はどっから来たの?って思いませんか
どっちも母系も父系もカベルネじゃないんだけど…
あんまり、よく分からないわ


新しいカベルネドルサ、どんな香りなんでしょう??
樽で18ヶ月熟成されていますので、樽の香りもあるでしょうね。

よく分からないままに、ただ写真を載せただけになってしまいましたが、もうちょっと調べてみます
それもこれも、飲んでみなくちゃね



別件ですが、どーしてもブルゴーニュの畑の場所が分からず、知り合いのソムリエとあーでもないこーでもないとやった挙句に、ドメーヌにメールしたら無視されたまま(悪意ではなくのんびりしてるのです)、輸入元から連絡してもらっても長らく返信なし
でも今日めでたく返事が来たという連絡が。
区画一つくらい分からなくてもいいっちゃいいんですけど、仕事ですし、分からない物をそのまま放置していてはイカンと思う










posted by cave MITSUKURA at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

香りを想像してみて


曇りでも暑い名古屋です。
暑さは気温よりも湿度ですよね


今日も飲んでないけど新入荷ワインを紹介します

68FF532D-ECEC-4C14-A52F-6129FEA483BC.jpg

安心院ワイン アルバリーニョ2019

珍しく日本のワインです
白ワインだよ。

清々しいラベルですね🌟

アルバリーニョを集めてワイン会をやりたくて国産も買ってみたという訳。
リアス・バイシャスやヴィーニョヴェルデだけじゃなく、世界中のアルバリーニョの飲み比べがしたい

安心院ワインは有名だと思いますし、てんちょ以上にご存知の方も沢山いそうです
なので簡単に。

安心院、これで「あじむ」と読みます
が、読めませんよね??
かろうじて「あ」にだけは賛成できそうですが…
地名、人名は読めなくても仕方ないです

主税町水主町という地名が名古屋市内にもありますけど、読める県外人はまずいないでしょうね〜
(主税町=ちからまち、水主町=かこまち)

安心院ワイン(安心院葡萄酒工房)は大分県宇佐市安心院町にあります
地図は自分で見てちょ

焼酎のいいちこを作っている三和酒類が持っているワイナリーです。

大分かぁ、はるか昔に別府に行ったくらい…

安心院ワインは1970年代に始まったワイナリーですが、本格的になって来たのは2000年以降でしょうか
生食用の品種から醸造用の品種へと栽培を転換し、安心院産のブドウを100%使用するようにしました。
安心院の名前が前面に出たワインになったのですね

今では赤白スパークリング、甘口、ブランデーと28種類も生産があります
泡だけで3種類もあるわ。

シャルドネや甲州、メルローなどはお馴染みですね
デラウェアやナイアガラ、マスカットベリーAもあるある

でも、アルバリーニョを作ってる日本のワイナリーはほとんどないですよね
め、珍しい。
2011年から自社畑で試験栽培されていたそうです。
初ヴィンテージはいつかな??

アルバリーニョはイベリア半島の固有品種で、スペインのガリシア地方ではDOリアス・バイシャスとして、ポルトガルのミーニョ地方ではDOヴィーニョヴェルデで有名です
どちらの産地も赤白ロゼがあり、品種もアルバリーニョ100%ではありませんが、リアス・バイシャスでは90%以上がアルバリーニョで作られる白ワインで占められています。

ガリシア地方には大都市サンチアゴ・デ・コンポステーラがあり、ここには(なぜか)聖ヤコブの遺骨があるとされ、エルサレムがイスラム教徒に支配され訪問が危険な時期にはここを訪れる巡礼の旅が大変人気でした
ドイツやベネルクス3国など北方からの巡礼が多く、みんなヤコブの象徴である帆立貝のシンボルをつけて各地の修道院を回りながらサンチアゴ・デ・コンポステーラを目指したんですねー

因みに、その巡礼の中継地として栄えたのがサンテミリオンです
巡礼が泊まれる簡易の宿泊所を持ち、巡礼は出発の前に自分の革袋(水筒)にワインを詰めることが出来たそうです。
ワインが出る蛇口があったらしい。
いいわね〜、ポンジュースか
その修道院は世界遺産になってます。

しかし、なんでヤコブの骨がわざわざあんな遠くまで運ばれていったんでしょうねぇ??
地中海を船で行ったそうですけど。
スペインは確かにゴリゴリのカトリックなので聖遺骸や聖遺物が集められるのも分かるんですけど、ヤコブの骨だと思われているのはきっと誰の物かも分からないんだろうなぁ…

…冒涜?
敬虔なカトリックの皆様、どうかこの不信心者を見逃しくてください

そもそも、アルバリーニョ自体もドイツの修道僧が巡礼の際にイベリア半島へ持ち込んだという説があります

リアス・バイシャスでは圧倒的に小規模な家族経営の農家が多く、自家農園のワインが沢山作られています。
湿度の高い土地なので低い棚作りにすることが多かったアルバリーニョですが、今では垣根栽培も採用されています
ここの話はまた今度。

アルバリーニョの特徴はその華やかな芳香とはっきりとした強い酸味にあります
房は小さめ

香りの高いブドウと言うと、ゲヴェルツトラミネールヴィオニエなど、あーあの香りね、とすぐに思い出せそうな品種がありますが、アルバリーニョも同様にくちなしの花やユリの様な「白い花」の香りとリンゴや洋ナシなどの(南方系じゃない)フルーツの香りが複雑に交ざり、かつボリュームがあります

ゲヴェルツの欠点がもしあるとするなら、酸が少ない事かもしれません
個人的な好みですけど。
酸が少ないが故に、ワインがボヤっとしてしまったり、寿命が短くなってたり、とたまーにありますね…
ヴィオニエは酸はあるんですが収量が少ないし、病気に弱い

その点では、南の海岸で逞しく育ってるアルバリーニョは香りも酸も収穫もクリアできてる優良品種なんです
繊細なのに逞しい
スペイン最高の白ブドウ高貴品種です

湿度にも適応してるアルバリーニョ、だからなのか日本の土地でも上手く行くのですね
気候よりも日本は土がねぇ… ブドウよりもジャガイモやキャベツ、トマト畑がいいって土地が多い。

さて、19年の出来立てアルバリーニョはどうなんでしょうか
あなたも是非飲んでみてください〜

アルバリーニョ会やろう、あと何本か欲しいけど













posted by cave MITSUKURA at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

ジュラと一緒にしちゃだめよ


もう6月かぁー
コロナが無かったら今頃はフランス行きの支度をしてる所だったのに…

まだ夜の外食は控えてる方もいらっしゃるようですが、昼間はかなり人も車も多いです。


カーヴミツクラ6月も試飲会はお休みします
参加者を完全に把握するのが難しいこともあり、大事を取りまして休止。
7月からは通常通り開催する予定ですのでどうぞよろしくお願いいたします。



店頭にセール品以外の超特価ワインが入荷しました

2B82E354-A5A5-4E2B-AB57-5AD7044502BD.jpg

適当に集めて写真撮りましたが全て品質等に問題ありません

せーんぶ1000円以下
700円とか800円とか
赤も白もスパークリングもあります。
12本しかないワインもあるので、お早めにご来店ください〜



最近は飲んでいない新入荷ワインを紹介していますが、今日もそんな一つ

8ED6DC67-2759-43F2-AB22-3B062AC354FD.jpg

145BA74E-D35A-408D-BDA3-5D37F7C7A408.jpg

ジャン・ペリエ クレマン・ド・サヴォワNV

フランスのスパークリングワイン、白です。
フランス8番目のクレマンです

クレマンってよく聞きますけど、どんな物か知ってますか??

クレマンは法規制されたスパークリングワインで、フランス国内に8つの産地が認定されています。
(フランス以外のルクセンブルクやベルギーでもクレマンと呼ばれる発泡ワインはあります)
ブドウ品種は各土地に根差した品種で、瓶内二次醗酵によって得られた泡でなくてはなりません。
瓶熟の期間は概ねの産地で9カ月以上と、シャンパーニュの12ヶ月と比べると短くなっています。

アルザス
ブルゴーニュ
ジュラ
リムー
ボルドー
ロワール
ディ


上記の7産地に、2015年から新しく加わったのがサヴォワです

因みに、先に認定されている7産地ではディを除き全て白とロゼの生産が可能で、瓶熟期間は9カ月以上。
ローヌ中部のクレマン・ド・ディだけは白のみ、瓶熟12ヶ月以上です。
ディではクレマンよりも、甘口のクレレット・ド・ディの方が有名ですね

リムーはラングドックの西にあり、シャンパーニュよりも古い瓶内発酵のスパークリングワインの歴史があります
フランス発泡ワインの祖はリムーです。

そして、新たなクレマン・ド・サヴォワですが、こちらも白だけ
瓶熟期間は12ヶ月以上とより厳し規定になっています。

これには、元々サヴォワにはヴァン・ド・サヴォワ・ムスーという発泡ワインがあり、それが瓶内二次醗酵で瓶熟9ヶ月以上が義務付けられていたので、上級品になるクレマンではそれを上回る規定になったという訳です
ムスーやペティアンという単語はフランスのビストロではとても馴染みがある言葉ですが、日本ではあまり聞かないかもしれません。
「泡」「微発泡」という意味。
そうでもない??お馴染みですかね

使用できるブドウは、

ジャケール 40%以上入っていなければならない
アルテス
アリゴテ
シャルドネ
モンドゥーズ・ブラン ←これに白ブドウあるの知らなかった
シャスラなど

ここまで白ブドウ
黒ブドウでは、

モンドゥーズ
ピノノワール
ガメイなど

土着品種のジャケールとアルテスが主体になる事がほとんどの様です。
アルテスはルーセットとも呼ばれています。

どっちも実はあんまりよく知らない
これがジャケール ↓

ジャン・ペリエ・エ・フィス1920x1440_cepage-jacquere-190.jpg
生産者HPより、以下同様

樹齢が高そうですね〜

そもそもサヴォワは陸の孤島というか、秘境的な地域で冬には雪に閉ざされる山岳地帯です

こんな感じです ↓

ジャン・ペリエ・エ・フィス1920x1440_mg-5180-186.jpg
グラニエ山、スイスじゃない側でもこんな

ジャン・ペリエ・エ・フィス1920x1440_domaine-perrier-au-pied-du-mont-granier-196.jpg
美しいですが冬が大変そう

スイス、イタリアと国境を接する冬のリゾート地で、冬季オリンピックが開催されたアルベールビルがあります。
有名な都市では、フレンチベルモットで有名なシャンベリーや少し南にはグルノーブルがあります。

が、正直言ってそこまでワインの一大産地、って感じではないかも

リヨンから西へ100キロくらい?
チーズに代表される酪農のイメージかも。

と、新たに認定されたクレマン・ド・サヴォワですが、意外と輸入というか生産がないみたい
買ってみたいなーなんて思いつつ、やっと入荷して来ました。

今日のクレマンは、ジャン・ペリエ・エ・フィスというドメーヌです

ドメーヌがあるのはここ ↓

ジャン・ペリエ・エ・フィス.png
行ってみたいです

1853年にブドウ栽培を始めたというご一家は今、5代目です。
先代時代にはサヴォワで初めて元詰めを始めたという、このドメーヌは家族経営でも現在サヴォワでは最大級の生産者です

13.5haの自社畑を所有、3分の2が白ワインです。

ジャン・ペリエ・エ・フィス1920x1440_site-administratif-de-jean-perrier-et-fils-198.jpg
立派なドメーヌ

サヴォワには350余りのドメーヌがあるそうで(それだけしかないと言うべき?)、大企業が進出してない素朴なイメージの残る地域です。

今日のクレマンのセパージュはジャケール85%、シャルドネ15%
丁寧な選果でいいブドウだけを選んで大事に作られてます。
最低でも瓶熟12ヶ月なら酵母の香りが十分に移っていそうですね。

瓶内二次醗酵のロゼも作ってますが、クレマン・ド・サヴォワは名乗れないのでヴァン・ド・サヴォワになっている

ジュラに比べてサヴォワは飲む機会が少ないので、貴重な1本です
(まぁ、ジュラワインを日常嗜んでる方は少ないでしょうが)

お手頃価格ですし、是非お試しください〜





















posted by cave MITSUKURA at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

自根とは


穏やかな雨ですね
明日から6月です、車はかなり増えてますので人出も徐々に戻っていくでしょう。

業界の試飲会やセミナーも当分は開催されませんので、中々新しいワインを試す機会もありませんが、
出来る限りご紹介していきたいと思います


前回紹介しました、デコイのスパークリングは非常に色の濃い、まるで淡いロゼみたいな外観でした
ピノノワールは半分くらいなのに、オレンジ掛かった色合い
香りはそこまでこってりしてないのですが、流石の瓶内二次醗酵。良い香りでした
美味しかったです


店頭のセールはまだ継続中です

ボランジェのコトー・シャンプノワ、ラ・コート・オーザンファンはすぐに売れちゃいましたね〜

これ ↓

ボランジェ 559d490d43d16.jpg
HPより、以下同様

売っていたのは2013年、木箱入りでかっこいいし
普段はコトー・シャンプノワを買いに来るお客様なんてまずいませんけどね

コート・オーザンファンは単一畑のピノノワール100%で作られた赤ワインです。

このピノノワールはロゼにも使われます。
こんな急斜面だ ↓

ボランジェ 559e3dc505a1e.jpg

アイにこんな場所あるんですね、北側でしょうね。
steapというより写真が…んー、斜め?

コトー・シャンプノワはシャンパーニュ地方で作られる非発泡性のワインです。
要するに普通のワイン、って事です。
シャンパーニュには泡しかないと思ってる方も多いかもしれませんが、れっきとしたAOCで二つのスティルワインが規定されています

コトー・シャンプノワ

赤白ロゼあり、シャンパーニュ全体で生産可能
優れたものはやはりモンターニュ・ド・ランスのピノノワールに多い

ロゼ・デ・リセイ

リセイというオーヴ県の村を中心にした一体で作られるロゼワイン、ピノノワール100%でなければならない
こっちはロゼだけ。
残念ながらてんちょは今の所、素晴らしいと思うロゼ・デ・リセイには出会っておりませんが、ロゼブームの昨今なので今後に期待したい



さて、ボランジェ繋がりで、しばらくぶりに入荷した高級品を紹介します
こちらは発泡してます、シャンパーニュです。
飲んだ事ある方、少ないだろうなぁ…

ボランジェ 559d39ba497d3.jpg

ボランジェ ヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズ2009

ラベルが何度か変更されますね、昔のフレンチトリコロールの大きなラベルが良かったなー

店頭にあるんですけど、木箱入りでさらに包装されていますので写真にとれない
なのでHPから拝借。
木箱にもお金がかかってます。

全てのシャンパーニュが値上がりしていますが、これも格段に高くなりましたねー
完全割り当てで定価165000円
5年くらい前でも10万円はしてましたが、それよりも高くなってて

このシャンパーニュが何故これほど高額なのかといいますと、極めて生産が少ないからなのです
そして毎年あるとは限らず、これからも生産が続くかも分からない、という貴重な存在なんです。
年産2000本くらいかなー

ヴィエイユ・ヴィーニュの名前の通り、ピノノワールの古木から取れたブドウを使用したブラン・ド・ノワールです
ヴィンテージ表記がありますが、このシャンパーニュは必ずヴィンテージ入りで作られ、他のグランダネRDとは決して一緒にされることなく生産されています。

それには訳があります

このシャンパーニュのブドウはたった二つのクロから取れるブドウだけを使用してるからなのです
しかもその二つの区画は、自根のブドウ樹で接ぎ木をしておらず、フィロキセラがいない畑なのです。

Ungrafted、これって造語?
何故フィロキセラがいないのかは不明、謎のまま
不思議ですね〜

二つと書きましたが、実は昔は三つだったんです
てんちょがボランジェを訪問した2006年当時、このヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズはアイにある二つの区画とブジーにある区画の合計3つの畑から取れたピノノワールを使用していました。
当然すべて接ぎ木なし。しかも全てグランクリュの畑。

しかし、ブジーの畑はその後フィロキセラが侵入して接ぎ木が必要となり、ヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズにはもはや使えなくなったのです
フィロキセラがシャンパーニュ地方で確認され始めたのが19世紀の終わり、第一次世界大戦中にはは戦争でもフィロキセラでも踏んだり蹴ったりの悲惨な状況に陥ったシャンパーニュ地方ですが、それ以降もちゃんと?フィロキセラって土の中に広まって居続けたんですね
そりゃそうです。

当時、今頃になってなんで? と思った物ですが仕方ないですね…
人の出入りもあるでしょうから、どこかから入って来ちゃうんでしょうね、それまでいなかったのが奇跡だわ。

と言う事で、
現在ではアイにあるクロ・サンジャッククロ・ショー・ド・テールの区画を大事に管理しているボランジェです

てんちょ、ショー・ド・テールの畑は見せてもらいました
シェの真ん前にあって広々してました、ブドウは半分も植えてなくて斜面の下の方は車が停めてあったのには驚いた。
これらの区画は道路からは見えないように高い塀で囲まれていて扉には鍵が掛けてありました。
「クロ」だし、囲われているのは当然。

今、シャンパーニュ地方では公式にプレ・フィロキセラの区画がいくつあるのか知りませんが(多分あっても極僅か)、
貴重な自根のピノノワールを味わうチャンスが続きますように祈っております

しかし高いけど…

ボランジェ以外にもプレ・フィロキセラの自根の畑を持ってる人いたけど、どうなっているんでしょう??
確か、ミッシェル・マイヤールが自根のシャルドネのコトー・シャンプノワ作ってたような…

流石にてんちょも09年は飲んでおりませんが、
97、99、00と続けて飲んだ事があります

はっきり言って、接ぎ木していないかどうかの違いは全然分かりません

よくあるブラン・ド・ノワールに比べるとかなり繊細でした。
RDとも違いますねー
瓶熟が非常に長いのに酸味が十分にあって、まだ全然熟成していなかったです。

あと、この繊細さは、プロヴィナージュによる植樹のせいかもしれません

ヴィエイユ・ヴィーニュ=樹齢の高い樹から取れたブドウを使用している、と謳っていますけど、二つのクロの樹はプロヴィナージュと言って、枝を土中に埋めて根を生やし、その後に枝を切り離して苗とする方法で増やされています。
自根ですからこうするのが一番早くて確実なのです。
取り木、っていう方法です。
ブドウ樹って簡単に根が生えるんですよ、うちの庭で根付くだけなら簡単。
(その後ん栽培は簡単じゃない)

が、結果として十分なヴィエイユ・ヴィーニュになっていないんじゃないだろうかなぁ…なんて感じるんですけど

ボランジェで聞いてみたんですけど(喧嘩売ってるような質問ですよね、命知らずでした)、
「そんなことない」だそうで。
(ちゃんと丁寧に聞きましたけどね)

なーんか釈然としないまま、現在に至る

あなたも飲んで確かめてみてちょ
















posted by cave MITSUKURA at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

鴨ラベルの泡


5月も終わりですね〜
何故か「安倍のマスク」がお店にも届きました無駄やん



コロナで落ち込んでる飲食業界をサポートしようと、色々なインポーターや生産者から特価のオファーが来ています
価格の面でも嬉しいですし、通常ない物が入って来たりしてます。

そんなイレギュラーワインの中から素敵な泡が入荷したので紹介します

A4AE9EF5-9A7A-427A-A6B3-95DAFE369D47.jpg

デコイ ブリュット・キュヴェNV

カリフォルニアのスパークリングワインです

デコイは安定の美味しさで人気です
ダックホーンのグループの中の一つのブランドですが、メルローの評価を確かなものにした功労者です。

昔のカリフォルニアではメルローはブレンド用の品種だと思われていて、単体でワインにすることがなかったんです。
今となっては意外ですが
そんなメルローを単独で採用して大成功したのがダックホーンです。

今ではカレラも傘下に収める大企業になってます

デコイはその弟的なブランドで、ダックホーンよりもリーズナブルな品揃えで普段飲みにもとてもいいですよ

今回、そのデコイからスパークリングが新入荷して来ました
スティルワインと同じ、デコイ(狩猟の囮)のラベルです。

セパージュはシャンパーニュと同じ、ピノノワール49%、シャルドネ47%、ピノムニエ4%
一次発酵は樽で、瓶内二次醗酵の本格派です
あ、でも瓶熟の期間は書いてないな…

ダックホーンが作っていて不味いはずがない
お値段はちょっとしますけどね

新しい泡を試してみたい方は是非どうぞ








posted by cave MITSUKURA at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

セールやってます


今日は暑い

セール初日からお越しいただいたお客様、ありがとうございます

E7FF5CA0-842F-4DFC-92F7-1C0993B690B6.jpg

なんせ2ヶ月以上ぶりに合う方が多くて(そりゃそうだ)、お懐かしゅうございます

「在庫処分」ってあまり良い響きではありませんね
なんて名前のセールにするか悩んだんですけど…

緊急事態宣言解除祝 ← 長い
コロナ収束祈願 ← ワイン屋のセールにはちょっと
甦れ日常 ← 重い

特に急いで「処分」しなければならない物は全くないのですが。

セールは多分6月いっぱいやってますので、何回も覗いてくださいね〜
早速、5大シャトーも追加してみました


来週はもう6月ですね
早い。



posted by cave MITSUKURA at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

明日からセールやります


そろそろ気温が上がって来ましたね
ワインの持ち歩きには気をつけないといけない季節です。

緊急事態宣言も解除されて以前の生活が少しずつ戻って来たように思います
まだ油断はできませんが、ちょっと浮かれた気持ちで、

在庫処分セールやります

明日の5月24日日曜から6月の後半くらいまでの予定です
今ならセール特価に加えてキャッシュレス決済のポイント還元もありますので、一層お得です

ブルゴーニュが中心ですがそれ以外もあります。

是非ご利用ください〜


追加:明日が25だと勘違いしてました
セールは明日、24日日曜からです




posted by cave MITSUKURA at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

懐かしいワイン


街中の人出も結構増えてるように見えます
第2波には用心しつつ、外出もしたい。


先月から必要なワインしか買っていませんので、新しいワインの紹介がほとんどできませんが、
今日は久しぶりに見たワインを買ってみましたので紹介します

A971B327-2C59-472D-BDE4-D1928A0B9257.jpg

シャトー・ド・ヴィラール・フォンテーヌ

ブルゴーニュ・オー・コート・ド・ニュイ・ブラン1999


今時珍しい99年

この生産者、20年振りくらいに見ました。
こちらのワインは、ブルゴーニュでもオート・コートと言って、ジュヴレイやヴォーヌロマネの斜面の西側、丘を越えた場所にある畑から作られています。
向こう側ってやつ。

生産者名のヴィラール・フォンテーヌという村にシャトーがあり、醸造所の周り、ごく近くにブドウ畑があります。

ここ ↓

ヴィラールフォンテーヌ.png
航空写真だと一層分かりやすいかも

オーナーのベルナール・ユドロ氏が1970年に起こした蔵です。
(ユドロ姓のドメーヌは他にもいくつかあります、この土地のお名前ですので)
彼は残念ながら19年に鬼籍に入りましたが、蔵は若き後継者のピークールさんに受け継がれています。

ユドロ氏はこんな方 ↓

ヴィラールBH%20en%20Cave.jpg
HPより、以下同様

貫禄あるなぁ〜

ユドロ氏はこのヴィラール・フォンテーヌ村の生まれで、学校を卒業後に兵役を経て高校の数学教師を務めていましたが、
69年に兄と共に故郷の村へ帰り、荒廃したブドウ畑の再建を始めます

同時に大学へも通い、科学と栽培の博士号を取得。
農薬を多用する「近代的な」農業が主流だったブルゴーニュで、農薬に頼らない伝統的な手法でブドウ樹を栽培、ワインを醸造する事に努めた人です。

80年代までは除草剤を撒いたり、病気の予防に農薬を使うのがごく普通のやり方で、オーガニックなんて言葉はまるで知られていなかった時代に、彼は農薬の使用をできるだけ減らした栽培を志した奇特な存在です。
ニコラジョリーやダイスがが変人扱いされた時代です。

ブドウ樹の畝を3メートル以上離して、背を高くすることで風通しが良くなり、カビや細菌の病気を減らすことに成功しました。
オート・コートという広域アペラシオンしか名乗れないにも関わらず、収穫をずっと減らし、3500キロ/haというグランクリュ並みの低収量を守りました。

ヴィラール・フォンテーヌP1000026.jpg
間空いてますね

彼は、ブルゴーニュの隆起土壌ではニュイのグランクリュの丘を挟んだ反対側、つまりヴィラール・フォンテーヌでも同じ土壌が露出しているはずだと考え、ロマネコンティをはじめとする銘醸畑の反対にある自分の畑でも同様にポテンシャルの高いワインができるはずという理念のもとにワイン作りをしていました

山のあっち側とこっち側は同じ、っていう考え

その一方でディジョン大学で20年以上も電子工学を教え続けたという、多才天才なすごい


今日のシャトー・ヴィラール・フォンテーヌ以外にもドメーヌ・モンマンという素晴らしいワインがあったのですが、確か今は作ってないはず。HPには名前の記載はあるけど。

そしてこんな素晴らしい蔵があまり知られていないのは、ベルナール・ユドロ氏の時代にはメーリングリストの顧客にのみ販売を行っていて、輸出や大手の業者への卸がほとんどなかったからなんです
今では少しの輸出やネット販売が始められて、こうして店頭にやって来たという訳ですが。

そして、この蔵では十分に熟成したワインを出荷したいという考えで、今でも貴重な90年代や2000年代の前半のワインが買えます
シャトー・ド・ヴィラール・フォンテーヌではブルゴーニュ・オー・コート・ド・ニュイだけを販売しています。

てんちょが買ったのは99年の白、シャルドネ100%です(赤も輸入されています)
新樽3分の1を用いて18ヶ月熟成。
ルアールってどこの区画の事か分かりませんが

99年ですが液面や外観には全く問題ありません
そして一葉さんでおつりが来ます、良心的な価格で嬉しい

輸入元には僅かしか残っていません、飲んでみたい方はお早目に〜










posted by cave MITSUKURA at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする