2020年07月19日

一度に飲むと理解が早い


今日は晴れて、夏っていう感じの名古屋です
暑い


7月も下旬になりますが、フランスでは早くもブドウが色づき始めています

F26D3DFA-DB38-4801-B8DD-3F9E89F4291B.jpg
ニコラ・ロシニョールSNSより

色づきの時期をフランス語でVeraison=ヴェレゾンと言います。

早い
いいブドウですねー
これはヴォルネイのピノノワール、もう1ヶ月待たないで収穫できそうです。



昨日は念願のアルバリーニョ飲みました

5803B276-3558-4461-A84E-3D8C0EBA370F.jpg

0AF69D81-511B-4289-B23F-46898C62D9A5.jpg
上の写真と同じ順番

どれも本当に良かったです⭐️
やはりリアスバイシャスが典型的なアルバリーニョと言った趣です

ちょっと酒質は弱いかもしれませんが、安心院も非常に美味しかったです
白桃の香り、優しい酸味でこれからのヴィンテージが楽しみです。

コングスガードはMLF無しでバトナ―ジュしてるので結構リッチで肉厚になってました
それでもやはりいい酸味があって、芯のある良いお酒です。

全て良く冷やして飲んだので今の季節にはピッタリでした
午後からは晴れてましたし。
少し温度が上がってくるとアロマが広がっていい感じになります。

とっても面白かったです
最後はただの飲み会になってましたが(いつも通り)



小さな会で次はヴィレーヌのブーズロンの垂直がやりたいです





posted by cave MITSUKURA at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

白いラベルと白キャップ


久しぶりの快晴です、名古屋
まだ梅雨明けにならないようですが。

名古屋市でもコロナ感染者がまた少し増加してます。
人が動けば当然広がるんでしょう、またみんなが用心して出歩かなくなって来たように思います
政府もせっかく税金使うんだったら、もっと生かせる時にドカンと注ぎ込んだ方がいいのに。
「出かけるかどうかくらい自分で決めろ」っていうネット記事を見ましたが(タイトルだけ)、そんなの当たり前でしょ



今日も新しいワインを紹介します

1129EE39-0AD9-4F89-B385-813E3E70978B.jpg

メゾン・ルロワ マコン・ルージュ2018

何年振りに買ったんだろう… ルロワ(当然白キャップですけどね)

ルロワもマコンもピンと来ないけどワイン通になりたい方、道はまだ長いねぇ
ワインに詳しくなりたい訳じゃない方はそのままで大丈夫。

今日のワインはフランス、ブルゴーニュの南部、マコンの赤ワインです
ブドウはピノノワールガメイ

ブレンドの割合は非公開
「セパージュの割合を気にするべきではない」と言う方針らしい。
流石はルロワ様。

ルロワはロマネ・コンティの所有者の片方でもある超有名高級ドメーヌです
高島屋さんが株を持ってますので日本への輸入は高島屋さん(のグループ会社)です。
4月にプリューレ・ロックの新ヴィンテージが入荷した時にもルロワに言及しましたね ↓
http://cave-mitsukura.seesaa.net/article/474653709.html

マダムはそれは厳しい方らしい…

今日のワインは自社畑のドメーヌ物ではなくて、買いブドウで作るネゴシアン物です。
ネゴス部門をメゾン・ルロワと言います。
ドメーヌ物が赤い蝋キャップなのに対して、ネゴス物は白いアルミキャップです。

とにかく恐ろしく高いルロワ、メゾンのレジョナルでも3万とか5万とか…
なぜ???

買いませんでしたが、
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ赤201452000円(しかも税抜)
オークセイ・デュレス20166万円(同上)
ネゴスだよ、ドメーヌじゃない方だよ
そしてこれは業界の話ですが、条件も悪い

うーん。
高島屋さんへ行ってルロワを眺めてからカーヴミツクラへ来ると、安いなぁって感じますよ、きっと
バーゼルのウォッチフェスで5000万円の時計を見た後だと、150万円くらいの時計が安く見える、って言うアレと同じ。
だはは💦



今回は、お客様からご注文いただきまして、店頭にもお値打ちなのを買ってみたという訳です。
マコンは高くないからご安心ください

今日は少しマコンの勉強しましょう

マコンはシャロネーズの南に広がる大きなワイン産地です

その南に繋がるボジョレーも広いですが、細い丘にへばりつくような畑が連なるニュイやボーヌと比べると、起伏はあるもののだーっと広がっているのがマコネ地区です。

この地域はクリュニュー修道院があった事で(909年建立)多くの畑が修道僧によって開墾されています
16世紀までロマネ・コンティの畑を所有していたクリュニュー会は赤の頂点があるので、白の頂点を求めて南へ向かったと言われています。
マコンは当時「もう一つのモンラッシェ」と言われる程人気があったみたい。
(建立の命令はアキテーヌ公ギョーム1世です、因みにノルマンディ公ギョーム1世とは別人、他にもギョームはいますが)

今ではこの修道院は観光名所になっていますね〜
てんちょ行きませんでした、遠くから眺めただけ


マコネでは圧倒的に白の生産が盛んです、85%が白ワイン=シャルドネとなっています。
中心都市のマコンは地区の南にあり、この周辺に独自のAOCであるプイイ・フュイッセやサン・ヴェランがあります。

ブルゴーニュワイン委員会の地図、開けますか? ↓
マコン30312.pdf

マコンは特定の村(とその周辺)にだけ認められたAOCがあるのが、ちょっと混乱するところかもしれません

まずは、全体に通用するのがACマコンです
赤白ロゼとあり、赤とロゼはピノノワールとガメイ、若しくはその一方で作られています。
白はシャルドネだけ。
マコネの白は全てのAOCでシャルドネだけが認められています
アリゴテは使えません。

このACマコンの名前に一部の村名をつけてもいい事になっていますが、これも面倒の原因かも

名乗っていい村は26あり、赤白ロゼでそれぞれ個別の認可になっています

えー、つまり、
マコン・セリエールといって、セリエール村の名前を付けると赤とロゼしか作れません。
(どこだ、セリエールって。 ←ボジョレーとの境界ギリギリの村だった)
マコン・ヴェルジッソンと言う名前だと白しか名乗れない。
あと、白とロゼに認められてる村があったり…

もぉー、よーわからん村が多過ぎじゃろ
ってなります

めげずに続けますと、
要するに、

大きくマコン、またはマコン+村ってなると赤白ロゼがあります、って事

赤とロゼはこれでしか生産できません。
後のは全て白ワインです

そして、同じく大きなAOCとして巷で最も目にするのがマコン・ヴィラージュと言うAOCです
このワインには白しかありません。ぜーったいに白だけ=シャルドネ100%
マコネの認定の白は必ずシャルドネ100%です。
(マコンよりも広域名称としてブルゴーニュ・アリゴテとかありますけどね ← こういう事書くと余計混乱するかなぁ)

そして個別の村の名前を付けた、ちょっといいマコン・ヴィラージュの上級品的なAOCが5つあります。

ヴィレ・クレッセ
プイイ・フュイッセ
サン・ヴェラン
プイイ・ロシェ
プイイ・ヴァンゼル


はっきり言って下の二つは忘れててもいいかも
(生産者の皆様すみません)

余談ですが、カタカナの表記で、「ヒュイッセ」でもイーじゃん、って思うのはてんちょだけ??
Fuisseなのでフュイッセなんでしょうけど(Fだからフ)



ヴィレ・クレッセはマコネの真ん中辺りにありますが(ヴィレ村とクラッセ村周辺の認可なので二つの名前をつなげています)
てんちょが訪問したボングランはちょうどその間にありました
マコネもまた行きたい。

やっぱりマコンは広大です
ちょうどいい縮尺で分かり易く全ての村が地図には収まりませんねぇ
自分でご覧ください
何事も、求めよさらば与えられん、です。

なんか途中ですがお終い

マコン、どんな香りと味でしょうね
一葉さんでお釣り来ますのでお試しください〜



















posted by cave MITSUKURA at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

黒い石と言えば


ずーっと雨ですね
きのこが生えてきそう…

政府がGO TOキャンペーンを主導するのはまだ早いのではないでしょうか
結局、個人頼みって事なら無責任だよ。
ならば、「止めはしないけど、積極的に行けとも言わない」くらいにしておけ



今日のワインを紹介します

6939EEC3-CDEF-4503-A4B3-69801D0055D3.jpg

サントリー 登美の丘 ビジューノワール2018

この品種を飲んだ事ある方はどのくらいいるかな??

実はてんちょ、ブログの購読層がさっぱり分からないので、読み手にとってどんなワインだと未知の世界なのか、いつも手探りです
一応誰にでも分かるように基本的な事から書いてるつもりです。
流石に全てを説明しておくことはできませんが、このブログがさっぱり理解できない方はそんなにいないでしょうけど。
(たまに輸入元のSNS等見ていて、「これはそもそも、どこの国のワインなんじゃ?」って思ったりするので。
語るのは自由だけど、大前提は書くべかと思っております)

今日のワインは日本の山梨県の登美の丘ワイナリーで作られています

知ってる方ばっかりでしょう ↓
https://www.suntory.co.jp/factory/tominooka/
https://www.suntory.co.jp/wine/nihon/wine-cellar/tominooka.html

サントリ―の経営ですが、元々は1909年に鉄道参議官の小山新助という方が登美農園を始めたのが起源です。
1909年は明治42年です、日露戦争の勝利の5年後で、伊藤博文が暗殺された年なんですね

その後1936年にサントリーの前進である寿屋が経営を引き継ぎ、川上善兵衛と共にブドウ作りに注力します。
しかし、今の様な成功はごく最近の事で、戦後もワインの認知は低く経営は必ずしも楽ではなかったでしょう

サントリーってビールもですが、よく止めないで続けたよなぁ、っていうのが多い
売れるウィスキーだけで行こう、ってなりそうなのに。
この辺の経営って後から吉に転ずればいいけど、そうでない事も多いはずなので不思議というか。


ワイナリーへは行った事がある方も多いでしょうから、あまり立ち入りません
日本語のHPなんで(当たり前)誰でも簡単に調べられますから。

今日のワインは、その品種が面白いですね
ビジューノワールとはフランス語で「黒い宝石」の意味で、山梨県の果樹試験場が交配した品種です

米や野菜、酵母もそうですが、試験場で試験交配、試用されたものの、日の目を見ず世に出なかった物は相当な数に上るでしょう
そんな中で勝ち残った貴重な品種です。

栽培が容易な山梨27号と言う品種(甲州とメルロの交配)とマルベックを交配して作られました
山梨26号や25号は何がダメだったんでしょうねぇ、そう言う事ばっかり気になる。

あと、この名前がなんか変(すみません
27号からいきなりビジューノワール??


メルロー半分とマルベックの交配だとすると、味わいも自ずと想像できそうですね
南半球やフランスのシュッド・ウエストに比べると、もう少し甘い香りと軽やかなスタイルです。
ベリーAみたいな甘いジューシーな香りと、コクのあるまろやかな味わいで欠点のない、中々のフルボディになっていますよ

ブドウは全て登美の丘農園の自社畑から供給されています。
18年の生産は僅かに4080本だけ

登美の丘にもみんなで行ってみたいですね〜
…でもまずは椀子に行かねば

この18年はまだ飲んでいませんが、期待できる仕上がりです
飲んだ事ない方、そんなにお高くないので一度お試ししてみませんか










posted by cave MITSUKURA at 18:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

大西洋を臨むブドウ


風が強すぎる台風か春一番か、こんな時期に。


先日のサンチャゴ・ルイスですが、輸入元から丁寧な返信があり、現在は輸入がないと言う事でした。
どこか引き継いでも良さそうなのですが。
お返事をもらえた事はありがたいですが、残念過ぎる…

でも、ひょんなご縁で違うリアスバイシャスを買ってみたのでそれで飲み比べしちゃおうと思います

ホントなら各2本ずつ用意して16名くらいの会にしたかったんですけど、まだお店として大々的にイベントやる訳には行きません
夏のシャンパーニュ祭りもヌーボー会も多分なし
あーぁ



買ってみたアルバリーニョはこちら

マル・デ・フラデスbottle-vino-mar-de-frades.png

マル・デ・フラデス リアスバイシャス2018

写真はHPより、以下同様です

英国のワイン雑誌デカンター飲むべきアルバリーニョか何かに選ばれているのを目にしたんですが、この生産者、たまたまボトルが綺麗だしSNSをフォローしていたので日本へ輸出があるかメッセージ送って聞いてみたら、
あるよ
との返事で、早速ネットで買ってみました

輸入してるのイオンなんですよ…業務販売ないかなぁ???
まぁとりあえずの購入です

青いボトルにカモメのエッチング、波模様のラベルが綺麗ですね

この蔵は1987年創業のまだ新しいワイナリーですが、「アルバリーニョの歴史的首都」であるサルネス渓谷で先進的な取り組みをしているそうです
ワイナリーはここにあります ↓

マル・デ・フラデス.png

先日のサンチャゴ・ルイスはオ・ロサルという南にありましたが、こちらはヴァル・デ・サルネスというサブリージョンに属しています。
リアスバイシャスのサブリージョンは5つ ↓

マル・デ・フラデスhistoria-mapa-galicia-01.png
HPより

北から
1.リベイラ・ド・ウリャ
2.ヴァル・デ・サルネス
3.ソトマイオール ここは極少地帯
4.コンダード・ド・テア
5.オ・ロサル 


マル・デ・フラデスとは「海の修道僧」という意味だそうで、12世紀にサンチャゴ・デ・コンポステーラに向かうクリュニュー修道僧がドイツのライン渓谷からアルバリーニョを持ってきたという「伝説」に由来しています
(現在はフラデスという地名になってます)
海の〜なら、逆でフラデス・デ・マールじゃないの?

アルバリーニョの実際の由来はよく分かっていませんが、サルネス渓谷にはウミア川という川が流れていてブドウはここに沿って伝わって来たようです。
ここに限らず、ガリシアは川だらけですが。

マル・デ・フラデスでは今日のワイン以外にも青いボトルでエスプモーソや違う白ワインを生産しています。
輸入はないみたい…

本当はポルトガルのアルバリーニョも探さないといけないんですが、正直気に入った物がない
アンセルモ・メンデスさんのワインが最良かなぁ。

と言う事で手元にある5,6本で飲み比べる事にしました
熟成したワインじゃなくて若いのをもう飲んじゃいたいので。
リアスバイシャスは好きで結構飲んでますので、ナパやNZ,安心院との比較が楽しみです

5803B276-3558-4461-A84E-3D8C0EBA370F.jpg

ワインの話、ちゃんと聞いてくれるのは恐らくお二人くらいだろうなぁ
私は自分の経験になればありがたいです












posted by cave MITSUKURA at 19:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

ブルゴーニュ希少品まただよ


梅雨明けまでまだ1週間以上ありそうですね
災害にあった地域でも雨が続いていて、気の毒この上ない。

コロナも再拡大してますし、外出を自然と減らす心理も納得です

毎年の事ですが、早くもボジョレー・ヌーヴォーの予約が始まってまして…
今年は1杯300円イベントは出来なさそうですが、仕入れどうしようかなぁ
2020年、ヨーロッパでは良い天候と早い成長で、今年も今の所は成功しています
もう1ヶ月もしたら早くも収穫始まるんじゃないだろうか。



今日は2つ、ちらちらっと紹介します
まずはワインじゃないこれ。

2CBDC52E-899F-4D58-AAD2-91BA7CDF12EF.jpg

ジオフーズ 白トリュフオイル

イタリア、ウンブリア州のジオフーズ社が作っています。
ウンブリア州の中でもトリュフの産地として有名なチッタ・デ・カステッロという町にあるそうです。

チッタ・デ・カステッロ?? どこそれ?
ここです ↓

ジオフーズ.png

アペニン山脈の真上。
ウンブリアってトリュフ、有名なんですね
知らなかったわー
特に白トリュフでは圧倒的にピエモンテのアルバが有名ですよね
エミーリア・ロマーニャやウンブリアの様な中部イタリアでも採れるそうです。

トリュフの香りを付けた食品ってオリーヴオイル以外にも、塩やチーズなどがありますが、やっぱり白トリュフは格別の香りがします

この前、会食の席でトリュフ塩が出てきたのですが、それが食材の美味しさを一層引き立ててくれました。
その流れで、トリュフオイルも便利に使えるよーという話になったのですが、家に帰ったら残り少なくて…
早速取り寄せました

おすすめは生のマッシュルーフとルッコラのサラダに掛ける、という超簡単なレシピ
塩味が欲しい時にパルミジャーノを削るって言うのも最高に美味しいです。
ワインにめちゃくちゃ合いますよ

やっぱりトリュフは黒よりも断然、白です

個人的な好みですが、水分の少ない野菜や食材の方が合うと思います。油ですからね。
なのでお豆腐やレタスにはあんまり…と思う。

これがあれば、ただのバゲットとチーズの食卓も格段にガストロノミックになります

ちょっと良いトリュフオイルだと、小さな瓶でも諭吉一人はしちゃいますが、今日のジオフーズなら半額以下
取り寄せですが、欲しい方いればお申し付けください〜



もう一つ、新入荷の超限定ワインを紹介します

7A77C7A1-65B0-406A-AED8-381A2F3AD133.jpg

フランソワ・ミエ・エ・フィス2017
ブルゴーニュ・ルージュ
ジュヴレイ・シャンベルタン
シャンボル・ミュジニー
ヴォルネイ


フランソワ・ミエ、というお名前を聞いてどこの誰か分かる方はブルゴーニュ通ですね

フランソワ・ミエさんはブルゴーニュ高級ワインとして誰の反対も受けないであろう、
コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエの醸造長さんです

彼は勤続30年以上という大ベテラン、他のドメーヌで働く二人の息子さんと一緒に作っているのが今日のワインです
シンプルなラベルですね。
ネゴス(買いブドウ)ですが、ミエ氏の人脈と功績があればそれは信頼できる良い栽培家のブドウなのでしょう

2017年がファーストヴィンテージですが、生産量が少なすぎて…
全部で10樽だそうですが、10樽って
「全部で」ですよ
225リットルのピエスで2250リットル、つまりぜーん合わせても3000本しかない、と言う事です。

そういう訳で、我が店頭にもそれぞれ数本しかありません
試しに飲むには結構立派なお値段ですけど、初物ですし。

ワインマニアの方、是非お待ちしております〜





posted by cave MITSUKURA at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

WANTED


ずーっと雨ですね
名古屋は昨日は晴れましたけど、まだ当分雨が続きそうでげんなり…


昨日はもはや定例会となりつつある、グルメとワインの会(勝手に命名)でした

6FC99607-933D-4DBB-8FBF-0E84D7CC5378.jpg

16553006-BB06-41F3-8949-D254BC8810D2.jpg

ワインは今回は適当
いやぁ、ワインに気を使わないでいいと楽だなー。
それもこれも、お値打ちにレベルの高いお料理を出してくれるお店と一緒に飲んでくれる皆様あってのおかげです
ありがとうございます。
昨日は会えなかった方もまた次回は是非ご一緒してください。



今日は探してるワインの話です
このワイン、ご存知でしょうか?

サンチャゴ・ルイスsr-copia.jpg

サンチャゴ・ルイス

写真はHPより、以下同様です。
かの地を代表する歴史のあるワイナリーで、この品種の第一人者でもあります

このワインは、スペインのガリシア地方のDOリアスバイシャスです
サブリージョンのオ・ロサル産ですが。

はい、そうです。
アルバリーニョなんです

正確には、

82% Albariño アルバリーニョ
9% Loureiro ロウレイロ
4% Caiño Blanco カイーニョ・ブランコ
3% Treixadura トレイジャドゥーラ
2% Godello  ゴデーリョ

と、ガリシアの土着品種が色々と混ざっていますが

スペイン王室の御用達であるこのワインはサンチャゴ・ルイスさんが作ったのですが、ルイス一族の歴史はリアスバイシャスの歴史と言ってもいいくらいです。
彼はアルバリーニョの父として広く知られた存在なのです。
こんな方 ↓

サンチャゴ・ルイスsantiago-ruiz-el-hombre.jpg
かっこいいなぁ

19世紀からブドウ栽培を行って来た一族でしたが、当のルイス氏は長年ワインとは無関係の仕事に就いていました。
70歳になってようやくワイン産業に専念することになるのですが、その際、新しい品種を植えるのではなく、土着のアルバリーニョを尊重してより品質の高いワインを作ろうと努力します
新たな設備を導入したり、この地のワイン作りのパイオニアとして周りの尊敬を集めました。

84年になってようやく自分のワイナリーを持ったルイス氏、初めての白ワインは大成功しスペイン国内だけでなく世界で賞賛を受けました
そのワインには誇りをもって彼の名前が付けられました。

それが今日のワインです

このワインは中身もですが、ラベルが有名です
ちょっと変わってますよね??

このラベル、実はルイス氏のお嬢さんが結婚式の案内状に添えた自宅までの地図なんです
しかも手書きの。
ちょっと我々には読みづらいかも。
それをラベルにしちゃうお父さん、良いですね〜

ワイナリーはポルトガルの国境近く、海にも近い場所にあります
ここ ↓

サンチャゴ・ルイス.png

棚作りのブドウ、樹齢の高い樹が並んでいます ↓
綺麗な風景ですね

サンチャゴ・ルイスbodega06.jpg

と言う事で、

アルバリーニョ会をやるならこのワイン無しではイカン
と思ったのですがどうも輸入が無くなってる???

ワイナリーにメールしてみましたが今の所返信ない。
輸入元(だった?)会社にもメールしてみました、返信待ち。

どっかで買えないかなぁ〜

ラショーのアリゴテも買えないかぁ〜

どなたか売ってる所をご存知でしたら是非教えてください










posted by cave MITSUKURA at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

ラッキーセブンなシャンパーニュ


昨日の湿度は耐え難い不快さだった

自宅で浴室乾燥と洗濯機の乾燥を併用して掃除機かけたら、ブレーカーが飛んで驚きました
電子レンジもエアコンも使ってないのに〜
何年ぶりだろう、ブレーカー落ちたなんて

災害がなくて名古屋は良かったですが。
今日は今のところ晴れています



今日は限定のシャンパーニュを紹介します
新入荷です。

65540E42-8050-48B8-831F-FA4E93266A37.jpg

DBFDC6E4-FB3F-4CEB-B2C8-65EE0C86417E.jpg

アヤラ コレクションNO.7

アヤラ、ご存知ですか?
中堅メゾンと言ったところでしょうか、年産90万リットル(750ミリで120万本)
グランクリュのアイにカーヴがありますが、現在の経営は同じアイのボランジェの傘下に入っています

HPには載せられる写真が全然ありませんねぇ
素敵なシェなのに残念。

アヤラの創設者はスペイン系の貴族の家系です。
コロンビア外交官だった父を持つエドモンド・ド・アヤラ(爵位があるので名前と名字の間に「ド」が入ります)が1860年に起こした蔵です。
この年、エドモンドはマレウイユ子爵の娘と結婚して、アイのカーヴやマレウイユの素晴らしいブドウ畑を手に入れました

彼のシャンパーニュはイギリスで特に人気となり、その後3人の息子に恵まれて彼らが後を継ぐんですが、1929年の大恐慌の際にギネス銀行に差し押さえられて売却されてしまいます
新しいオーナーは、同じくシャンパーニュのモンテベロの経営者でもあり、ワイン・マーチャント・アソシエーションやCICVの代表となり、アヤラを盛り立てます。
そして2005年に新たにボランジェに買収され、今に至ります。

余談ですけど、アヤラはもちろんNMですが、買いブドウ率が98%という高率です
今の自社畑は僅かに1ha、この辺は過去の買収のせいもあるでしょうね。
良い畑は売却して負債の返済に充てたんでしょう

さて、05年以前のアヤラを知ってる方は、今のアヤラがスッキリし過ぎている様に思われるかもしれませんが、これはボランジェとの差別化というか役割分担を進めた結果です
てんちょ、昔のアヤラの方が良かったなぁ…
クリーミーというか柔らかいというか、コクがありつつ慎ましやかな味だった。

今は、ピノノワールを多く使い重厚な味わいのボランジェに対して、シャルドネを主体にした爽やかでキレのあるアヤラ、という感じですね
よりアペリティフに相応しいように、らしい。
(因みに今のエノロゴは女性です)

そんなアヤラから、新しく限定シャンパーニュが発売されました
それが今日のNO.7です。
流石の限定品、カッコいいギフトボックス入りです
(これの前にNO.8ロゼって言う限定品もありましたがてんちょノーマークだったなぁ)

このシャンパーニュはメゾン創立160周年の記念でもあり、7と言う数字に拘りまくったシャンパーニュなんです

まず、2007年のヴィンテージシャンパーニュです

ブドウは7つのグランクリュからのみ調達しています

コート・デ・ブランの5つのグランクリュ
■ シュイイ : コクのある風味、 繊細さ
■ オジェ : フルーティー、 芳醇
■ アヴィズ : チョーキーなミネラル感
■ クラマン : ストラクチャー、ワインらしさ
■ レ・メニル・シュル・オジェ : 躍動感、凛とした印象

モンターニュ・ド・ランスの2つのグランクリュ
■ アイ : コクのある風味、繊細さ
■ ヴェルジー : 躍動感、カリスマ
(輸入元資料より抜粋)

箱にも書いてある ↓

7F274C55-1198-4F57-8683-9A20687F14FF.jpg

セパージュはシャルドネが3分の2、後の3分の1がピノノワールです。

瓶熟は王冠ではなくコルク栓で11年も寝かせています
きっと落ち着いた黄金色をしてる事でしょう

わたくし、シャンパーニュは断然ピノノワール派なのですが、黄金色のシャルドネは結構好きです
ゴールデン・シャルドネ・シャンパーニュ会やりたい。

こちらのアヤラ、お値段も限定品としては結構お手頃です
今のプレステージクラスが高すぎるんですよ
だからこういうのは嬉しいです。
素敵なギフトボックス入りですしプレゼントにも相応しい

博打の前の縁起担ぎにどうかしら(こらこら)








posted by cave MITSUKURA at 15:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

懐かしサンテミリオン


よく降りますね〜
百年の孤独だわ

街中でも雨の匂いがしますけど、ワインでも「濡れた石」が香る事がありますね
テイスティング環境の湿度には無関係ですが、決してカビっぽいとかではありません。
(濡れた子犬の香り、という表現がありますが私が想像する柴犬じゃないだろうなぁ、一体なんだその表現は)

アリゴテやシュナンブランが熟成した時の金属っぽい香りかな。
石を割った時の火薬っぽい感じに近いですけど、あんなにはっきりは感じられません。
フルーツのアロマが落ち着いてから現れるので、新しいワインでは顕著ではないですし。

コンドリューのブラックマイカを濡らすとそういう香りで、これが僅かですがワインの中にもちゃんとあるのが驚きです。

1D9CAB63-A3C9-4BBE-8E4C-BD5CEB6EAAC5.jpg

この写真、あんまりブラックマイカ含まれてないなぁ
雲母が香るんだろうか??そうは思えないけど。

どちらにせよ、きちんと説明できない表現は使わなくていいと思います
だって自分で何か分からない、って事ですからねぇ
テイスティングのゲシュタルト崩壊
「何言ってんの??」でしょ



くだらない話は置いといて、ワインの紹介します
この前、書いたのに消えちゃったサンテミリオンです。
ワインは別のですが。

516F0D41-FD50-4D84-965B-B0D49E5F54A5.jpg

シャトー・ダッソー2000

このワイン、飲んだ事ある方少ないだろうなぁ…
てんちょも、もちろん名前は知ってますけど記憶にないです
飲んだ事があるだろうけど。

ラベルをよく見ていただければ分かる通り、このワインはフランス、ボルドーのサンテミリオン産です
なので赤ワインです。

グランクリュ・クラッセに格付けされています

サンテミリオンの格付けとAOCはもうしつこいくらい書いてますので、皆様のご理解はきっと完璧かと思いますが、
今一度、簡単に書きますね

サンテミリオンには
(ただの)サンテミリオン
サンテミリオン・グランクリュ
という二つのAOCがあり、全て赤ワインです

絶対に赤しかありません
(ロゼや白、または泡だと「ボルドーまたはボルドーなんちゃら」になります)

メドックに遅れて100年後の1955年にサンテミリオンでもシャトーの格付けが行われましたが、
この時グランクリュから2つのランクにシャトーが選抜されました

上位がプルミエ・・グランクリュ・クラッセ
下位がグランクリュ・クラッセ
です。

上位のプルミエ・グランクリュ・クラッセ(日本語だと第一特別級と書くことが多い)の中で、特に優良であると認められた
シャトー・オーゾンヌ
シャトー・シュヴァルブラン

の二つの蔵だけはAというクラスに、それ以外はBというクラスに分けられたので、厳密にいうと格付けが3つ出来た事になります。

AOCのグランクリュは言葉の響きこそ立派ですが、収量制限を守れば意外と簡単に名乗れますので(申請制)、ブルゴーニュの様なありがたさはありません

これと(プルミエを含めた)グランクリュ・クラッセを混同してる方が実に多いですね〜
ご注意くださいね

さらに、サンテミリオンならではの問題もありまして。
メドックの不動の格付けとは違って、サンテミリオンでは10年に1度見直しをする、というチャレンジャーな規定が盛り込まれていたのがその後のすったもんだの原因です

現状に則さないシャトーを外して、新たに活躍してるシャトーを入れる、と言うのは大変フェアな事に思えるのですが、
そんな聖人君子ばっかりじゃない、商売と名誉と金の世界なのはワイン業界も政治も同じ。
落とされたら売り上げに響くからどんな手を使っても阻止したい、格付けに入りたいが故にわざと高値で販売する、とか消費者置き去りの行為もまま、あったりします

と言う事で見直ししても揉めまくって裁判沙汰は常套手段、中々新しい認定が施行されなかったりする中、なんとか収めて今日に至る訳です
あっちを立てればこっちが立たず、そろそろ次の10年じゃないかしら。

現在は、2012年に決着した格付けに従っています
今日のダッソーは、プルミエじゃないクラッセなので、あんまり知らないかもしれませんね。

プルミエ・グランクリュ・クラッセは18シャトーしかありませんので、どこも有名なんですが、ただのクラッセだと64シャトーもあるんですよ〜
イタリアのDOCGか。
多いなぁ、サンテミリオン全体の半数弱をカバーしてたりするんだろうか??

で、今日のダッソーですが、すみません、シャトー名よりも2000年というヴィンテージを重視して買ってみたんです
やっぱり「〇〇年のワインありますか」というお問い合わせは結構いただきますので。

ダッソーは1955年、戦闘機のミラージュを作るフランスの重工業の中心会社を経営するダッソー家が購入したシャトーをダッソーと改名したのが始まりですが、現在ではポムロルの希少人気シャトーであるラ・フルールも傘下に収めて、さらにラフィットグループとも提携しています

サンテミリオンの伝統的なコンクリート発酵槽で発酵後、新樽を多めに使って熟成しています。
リッチな超熟スタイルですが、ワインは実は大人しいとの評価をもらっています
70%程度がメルロー、25%カベルネフラン、そしてカベルネソーヴィニヨンのブレンド比率の年が多そうですが、00年の資料がない。

ラベル通りの小さめの美しいシャトーですが、こちらも写真が載せられません。
ベルリケに似てる
ダッソーはコート地区の丘の北側にあります。

なんか、イマイチちゃんとした紹介にならなくてすみません…

ミレニアムワインお探しの方、お待ちしてます



今日のワインとは無関係ですが、
シャトー・ヴァランドローのテュヌヴァンさんが早朝のサンテミリオンの写真を載せていらっしゃるのを紹介して、今日は終わりにします

00438F4D-973E-431E-A64B-F70F3AD5342B.jpg

観光案内所の前の教会広場から取った眺めです。
綺麗ですね、サンテミリオンの中心は丘の上にあるので急坂なんですよ。
見えませんがこの先にオーゾンヌがありますよ〜

あーまたサンテミリオン行きたいです

















posted by cave MITSUKURA at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

大西洋を越えたシャルドネ


豪雨災害って毎年どこかで必ず甚大な被害になってますね
これから台風の季節も来るし、心配です。


今日は東京都知事選、立候補者って22人でしたか??
主要な4人くらいしか分からないし、今選挙どころじゃないような…

感染者が増える一方なので、名古屋から出ないとは言え、てんちょも外出は用心したいと思います
あと少ししたら、って毎月思ってますけど全然収束しませんね
残念ですが7月も試飲会はやりません
8月にはシャンパーニュ祭りやりたかったですが、おそらく無理だろうなぁ…



ワインの紹介しまーす
このワインをご存知の方、一部の詳しいファンだろうなと思います。
8C95B76B-DBDD-428C-B102-D7A219A6C699.jpg

7F2FECD3-2D33-46A9-8B69-5737CF8F91CF.jpg

トアー カーネロス・シャルドネ ハイドヴィンヤード ウェンテクローン2016

このワイン名に含まれた情報を4つ、いや3つでも説明できる方はかなりナパワインに詳しそうですね

トアー、久しぶりに入荷しましたがラベルがちょっと大人しくなった。
上品なシンプルラベルでいいですね

今日のワインはカリフォルニア、ナパにあるトアー・ケンワード・ファミリーワインと言う会社のシャルドネです
トアー・ケンワードさんが2001年に創業した蔵です。
彼は27年間ベリンジャーで働いていて、シャルドネ・リザーヴやカベルネの扱いには大変造詣が深い人物です。

あの頃(今から20年くらい前)のベリンジャーのシャルドネ・プライベートリザーヴがあまりにも濃いので、てんちょはのけぞった記憶があります
新樽で発酵、バトナ―ジュもしっかり行う、抽出の濃いコクがあるある、っていうスタイルで香りはまさにバター、ミネラルや塩気、鉱物感は隠れちゃって酸味もどっかへ行ってしまったような、蜂蜜バター飴の様な白ワインでした

今のコングスガードとどっちがリッチだろう。
噛める噛める、咀嚼する白ワインです

正直、ムルソーやモンラッシェが霞むくらいのインパクトですよ
グラス1杯の品評会では、それはそれは高得点を収めるでしょう、って香りと味。
(てんちょには正直、食事のお供には重すぎるし2杯目を飲むには疲れるかも)
余韻ものもすごく長くて、その点は流石だと思います

あの味わいを安く簡単に作る事は到底できません。
やはり手間暇掛けた栽培と丁寧な醸造の賜物でしょう

で、そんなベリンジャーでワインを作っていた彼が自分のシャルドネとカベルネをつくり出したのですから、
ワインはいきなり最初から大変な評判になりました

トアーの方針はとても単純、最高の区画からブドウを得る事だ

と彼が言う通り、ナパでの長年の功績のお陰で彼がブドウを分けてもらえる区画はベストの希少区画ばかりです
お金を積んだだけでは決して手に入らない信頼があるからこそ、なのでしょう。

今日のワインはカーネロスのシャルドネです。
ハイドヴィンヤード(ハイドさんが持ってる蔵の畑)のシャルドネを使ってます。
ハイドも素晴らしいワインですね、DRCのオーナーのヴィレーヌさんとコラボレーションしてハイド&ヴィレーヌのワインも作っています。
(余談ですが、ハイドさんも高齢になって来たのでヴィレーヌ氏と同様に後継者が中心になっています)

畑の場所はここ ↓

TOR_Map_Hyde_RGB-1500x855.jpg
HPより、以下同様

うーん、あんまり分からない。

カリフォルニアワイン(アメリカワインと言ってもいいかもしれません)を知る上で決して避けて通れないナパバレー、ナパの中にも重要な地区がいくつもあり、独自のAVAに認定されているのは皆様きっとご存知でしょう
(ボルドーの中にメドックやサンテミリオンがあるのと同じ)

カーネロスはナパ渓谷でも南にあります。

主要AVAなら北から、
サンタヘレナ
ラザフォード
オークヴィル
スタッグスリープ

と続き(他にもありますが)、
ナパの市街地があって、南西にカーネロスがあります。

載せられる地図が無いですが、自分で調べてね

畑はこんな風景 ↓

TOR_Hyde_DSC09519_rev_flat_RGB-1500x1087.jpg
右がラリー・ハイドさん、左がトアー・ケンワードさん

ナパで最高のシャルドネと言えば、コングスガードオーヴェールキスラ―がありますが、同じハイドヴィンヤードのシャルドネを使っているトアーもやはり最高のワインの一つで間違いありません

歴史的にも重要なこの区画はとても小さく、供給できるブドウは限られています。
今日のシャルドネは伝説の区画からやって来た大変貴重なブドウから作られています
因みにトアーの蔵はサンタヘレナにあります。

更に、ナパの優れたシャルドネはほとんどがウェンテクローンなのですが、これも歴史がある話です。
ウェンテというワインはご存知でしょうか?

ドイツ移民のカール・ウェンテさんが19世紀の半ばに始めたブドウ畑が起源の大変古いワイナリーなのですが、こちらの2代目が父親とフランス・モンペリエからシャルドネを輸入して植えたのがウェンテクローンの始まりですこれが1912年。
彼らはカリフォルニアの土壌や気候に合うようにシャルドネの選抜を行います。
品種改良ですね。

その後アメリカでは1920年から禁酒法によってほどんどのワイナリーが経営困難となって閉鎖される中で、ウェンテはミサ用のワイン作りを許可された数少ない蔵です。
ワインが作れず荒廃したナパの畑にこのシャルドネを配り、ブドウ畑を存続させた功績者でもあるのです。

そんなウェンテ由来のシャルドネをウェンテクローンと言い、「あの」いかにもアメリカスタイルの白ワインを作る大事な品種として今に至ります
1973年のパリ試飲会で、誰もがコクのある深いシャルドネをブルゴーニュだと思ったようですが、ところがどっこい、モントレーのカリフォルニアワインだったというのは、結構痛快な話。

で、今日のシャルドネ、かろうじて1本来ましたけど。
そーです。
1本しかありません

諭吉さんとちょっとなので、そこまで恐ろしい値段じゃありませんが。
なんせ1本なので、てんちょも流石に飲めません
16年、少し値下がりしましたがどんな味でしょうね。

店頭のコングスガードや今度来るオーベールで「噛めるシャルドネシリーズ」というワイン会。
きっとやりません
(すみません)


好きな方は本当に喜ぶでしょうね
どうぞお早めに〜











posted by cave MITSUKURA at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

パカレ来ました


一昨日書いたブログが消えちゃってますね…
あーぁ
同じ事、もう書く気がしない

写真だけ貼っておきます ↓

F10CF509-40AB-419B-A2A5-85D3653E80AB.jpg
サードが来たので3兄弟揃ってます ↓

AA74C501-3A66-4DAD-8DD9-0B506A99FB1B.jpg


なので、違うワイン紹介します

35044F96-AB87-44FE-9B88-5719B77BACB5.jpg

フィリップ・パカレ 2018
左から、
ビュル
コート・ロティ
ブルゴーニュ・ピノノワールVV
ジュヴレイ・シャンベルタン


人気のパカレ2018年がリリースされました。
他にも来たんですが、今店頭で販売できるのはこれだけです

白が先に3月くらいに販売されていましたが、今回は赤が入荷です。
割り当てで厳しい本数のワインが多いです…
レジョナルのブルゴーニュ・ピノノワールVVも割り当てで、ヴォーヌロマネなんてたったの2本しか来ませんでした
ヴォーヌロマネはお店が使う事にしましたので、パカレ会やる時に一緒に飲みましょう

今回初めて買えたビュルはスパークリングワインです
18年だけのアリゴテとピノノワールを使ったエクストラブリュットです。
瓶熟など詳しい資料がありませんが、輸入が僅かに600本という貴重な泡です。
(店頭の残りもあと数本です)

今回、同じく少量入荷(168本)のコート・ロティもありますので、17年のコルナス、18年白の初リリース、コンドリューと一緒に飲んでみるつもり
ローヌデシラーやヴィオニエに挑戦してるパカレさん、友人のドメーヌで醸造したワインをブルゴーニュへ運んで熟成させているんだとか。
てんちょ、ブルゴーニュよりもローヌのラインナップが気になります

ラドワが作られるようになったりと、ますます種類が増えてます。
値段も上がってますけど


18年も乾燥して暑い夏が続いたブルゴーニュ(というかフランス全体でそうでした)、収穫も8月下旬からと早くて、もはやこうしたスケジュールが当たり前になって来たようです。
雨が少ない夏を過ごしたブドウが如何に良い酸を温存しつつ、糖度とのバランスを持って収穫できるかが非常に重要です。

パカレ氏曰く、18年は欠点のない成功したヴィンテージになったようですが、ニュイよりもボーヌの成熟度が高かったそうです
一般的にシャルドネの収穫の方が先に行われることが多いのですが、パカレではピノノワールの後に収穫したシャルドネもあったとの事。

全房発酵を行うパカレでは、茎や種も成熟している事が重要ですが、早めの収穫でも十分な成長で酸も理想的だったそうです
種が茶色になるまで待ってると、今度は酸が足りなくなってしまう危険がありますので注意が必要。
アルコール度数は12.5または13.5と平均からするとやや高め。
ブドウ自体にもカビや腐敗はほとんどなく、畑で選別する必要がないくらいの良好な状態でした。

17C63489-F30E-4730-90D6-9FE3ED91AF3B.jpg

さて、こんなに早く飲んではいけないという意見もあるでしょうが、とりあえずヴィンテージとポテンシャルは確認しておきたい

セラーに取っておきたい方、早くても飲みたい方、どちらにしてもお早目にご来店くださいー








続きを読む
posted by cave MITSUKURA at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする