2020年12月06日

年末年始営業案内です


12月なのに紫外線が気になる
冬至まであと2週間ちょっと、早く日が長くなって欲しいような。



お客様に「店長さん、変わったんですか?」と言われてびっくり
いーえ、変わっておりません。
10年以上もわたくしです。

誰かてんちょの名前を騙ってる人がいるんでしょうか??
そんなことするメリットないと思いますが。
何かご存知の方がいたら教えてください



イベントページに年末年始の営業案内を載せました

年末年始営業案内.png

どうぞよろしくお願いいたします。


来年の話で恐縮ですが、1月にはまたシャンパーニュ福袋を販売致します
多分1月10日前後から、また改めてご案内いたします。










posted by cave MITSUKURA at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

アーモンドの辛口白ワイン


今日もいい天気の名古屋紫外線が強いのが難です。

皆様の周りは12月っぽいでしょうか?
てんちょの周りはまだですねぇ


今日のワインを紹介します

10BE2B85-70A3-4BB9-A5BB-E03313A188B2.jpg

オレムス マンドラス・トカイ2016

白ワインです。
ハンガリー産、フルミント100%

トカイの名前は知名度高そうですね

やっぱり甘口ワインとしては非常に長い歴史がありますし、中世では病を治すエリクサーだったくらいですから。
ただ、トカイワインの詳細をご存知の方は少ないでしょうね


今日のワインの詳しい話の前に、トカイというワインを復習しましょう

トカイは中央ヨーロッパのハンガリーの地方名です
首都ブダペストから東へ200キロくらい。

ここです ↓

トカイ.png

ハンガリーはドナウ川が国の真ん中を縦に流れているのが特徴です。
ホントに真っ二つ。

紀元前にローマ人がこの地を征服するずっと前からブドウ栽培が行われていたパノニア平原では、独自のブドウ品種や呼び名があります。
2000年以上の歴史に渡って、その時々の支配者によってワイン作りも奨励されたり、禁止されたりと翻弄されてきました

現在、ハンガリーでも産地呼称制度が取り入れらていますが、うーん、はっきり言ってほとんど知りません
独特の音を持った単語や地名に馴染みがないので余計覚えづらいかも。

ちょっと話が逸れますけど、
マジャール語と日本語の共通点について昔、お客様が教えてくれたんですが
ハンガリーで酔っ払いの事を「ヨッパライ」、塩が足りない事を「シオッタラン」というらしい。
調べても出て来ないけど…
本当なんだろうか。


で、話を戻しまして、
ハンガリーワインではトカイが圧倒的に有名なんですが、もちろん他にもワインはありますよ

次に有名なのは、多分エグリ・ビカヴェールでしょう
トカイの西隣の産地の赤ワインです。
ワイン名の意味は雄牛の血、スペインのトレースが作ってるサングレ・デ・トロと同じですね。
国の西側には細長く広大なバラトン湖があり、この周辺でもワイン作りは行われています
上掲の地図見てちょ

さて、トカイですが、元はトカイ・ヘジャリアと呼ばれる地域でのみ生産されてきました。
現在この名前は単にトカイと改正されておりますが、産地保護の名称としては1737年に既に確立していたほどの重要産地です

トカイの名前をかたる偽物が多かったんでしょうね
混ぜ物をした偽物は本家トカイの品質を疑わせるものであり、絶対に排除しないといけない訳です。
これには王侯貴族の保護があった事も重要な一面です。

トカイはフルミントと言う品種が主要なブドウですが、この貴腐はそれはそれは甘露なワインとなり、中世の王侯貴族に非常に持て囃されました
砂糖が新大陸から入る前、甘いものは非常に貴重だったんです。

ルイ14世が「王のワイン」と呼び(バローロじゃないわよ)、マリア・テレジアやピョートル大帝にも献上されていた甘いトカイは、庶民の口には決して入らないとっても高価な「薬」でもあったのです

まぁ、そりゃーそうでしょう
甘いと言っても薄い甘さの物が多かった中世で、あの極甘口の貴腐ワインが登場すれば、それは群を抜いた甘さだったに違いありません
みんなが飛びつくのも納得。


2002年に世界遺産に指定されたトカイは、法的には現在、辛口から極甘口まで、スパークリングを合わせると9種類に分類されており、それぞれに収量やアルコール度数、製法など規定されています

そんなにあるんだー(呆然)

甘口の最高峰であるエッセンシア
次に甘いアスー
辛口のサモロドニ(サラーズ)、などは聞き覚えがありますが、
見た事ないワインもあるなー

マーシュラーシュ:トカイの搾りかすにワインまたは果汁を加えて発酵させたもの、澱の再利用だね
フォルディターシュ:こちらも同様に澱の再利用ワイン、アスーの搾りかすを使用、イタリアのリパッソみたいな感じです
ペジュグー:スパークリングです

なんか、どれも魔法使いの名前みたいだわ
これらのワインが流通してるのに逢った事がない私、あんまりトカイを扱ってこなかったしなー

今では、桶で貴腐ブドウを追加するプトニュス(2杯入れると2プトニュス、6杯入れると6プトニュス、1から6まであった)の規定も変わって、記載義務が無くなったようです。

知らなかったー
すっかり浦島太郎になってるわ


はい、お待たせいたしました。
ようやく今日のワインです

オレムスはトカイでも指折りの老舗です

オレムスimage-moyen-oremus_winery_old_cellars.jpg
HPより、以下同様

17世紀にはトランシツヴァニア公のラコッシュ1世に献上された記録があり、その所有する畑オレムスを受け継いでいるのが現在のワイナリーです
牧師の記録によれば、1630年にこの畑のブドウで作った甘口ワインを「トカイ・アスー」と呼んだ事から、アスーの名前があるそうです。
へー、江戸時代の初めですね。

その後オスマン帝国との戦いや、
ハプスブルグ家の支配、
第一次世界大戦による帝国の消滅、
社会主義による産業の不振など色んな事がありました。

1993年にこのワイナリーはスペインのベガ・シシリアに買収され、今に至っています。

前回のブログに登場したベガ・シシリアですが、なんでまた、トカイを買ったんでしょう???
歴史上、重要なワイナリーだから??
謎だなぁ


緯度はそんなに高くないのですが冬にはマイナスにもなるこの地で、ベガ・シシリアはサステイナブル農法を取り入れています。
耕作も馬を使っています。

蔵の様子は見ごたえがありますねー
このストックの色を見よ

オレムスimage-moyen-img_9478_79_80.jpg

オレムスimage-moyen-library.jpg

甘露だー、飲む飴だね。
紅茶キャンディたくさん

貴腐ワインが並んでるとすごい色ですね

現在蔵では甘口以外にもワインを作っていますが、 ↓

オレムスimage-moyen-oremus_32.jpg

今日のワインは辛口です(写真の一番左)

ブドウは甘口と同じフルミント100%
マンドラスとはアーモンドの事で区画の名前でもあります。
それでラベルがアーモンドグリーンなのかしら。

タンクと樽を併用して発酵、6ヶ月バトナ―ジュしながら熟成させた若いワインです。

スッキリフルーティ、柑橘系の香りとバトナ―ジュによるコクがあります

バトナ―ジュ、分かりますか?

樽やタンクの中で澱をかき回す事です、白ワインに行う手法で澱からコクや旨味を抽出するのが目的です
でも、やりすぎるとワインの酸化が進み過ぎて寿命が極端に短くなるので要注意です。
(ブルゴーニュはこれのせいでプレモックス=熟成前酸化が起こり、今では多くの蔵が止めています)

トカイの固有品種であるフルミントは、元々は甘口用のブドウだったのをオレムスが初めて辛口として発売したのですが、今ではみんなが作ってます
酸がちゃんとあるブドウなので、辛口にしても香りよし味よしです

その背景には甘口の需要低下もありますが…
今、極甘口のワインはフランスのソーテルヌでさえもそうなんですが、そこまで売れないというのが正直な所です
(甘いものが溢れている現在、そこまで有難みが無くなって来たというのもありますし、糖分が悪者になってる側面もありますね)

固有品種の良さが伝わると思います

甘口でなくてもいいワインです、もちろん甘口も素敵だけど
たまにはシャルドネやソーヴィニヨンブランなどのメジャーなブドウじゃない物に挑戦してみませんか??
世界中どこにでもあるってのも、つまらんでしょ

お手頃価格なんで気軽にお試しいただけますよ〜










posted by cave MITSUKURA at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

イベリアのみなもと


あー、もう12月かぁ
2020年も早かった、何もしてないのに1年が過ぎてしまったような…



今日も買えないワインのお話です、ごめんなすって
最新のヴィンテージなら買えますよ。

AE760F8C-B2D3-42F7-87DE-EB489ACFA42B.jpg

ベガ・シシリア バルブエナNO.5 バーティカルセット&2013

2009年からラベルが変わっていますね。
ボトルのエッチングが美しい


知ってる方にはウニコじゃなくてすみませんが…
もしこれがウニコだったら50万円超えでしょう

上のワインは、2006〜2011までの6本のセットと2103年の単品です。
こちらがバーティカルセット、豪華木箱入りの特別品 ↓

E7993ED9-2C85-42FF-989C-CA0DEB8CC26F.jpg

591FCB24-EED1-4B70-ACE4-9919619DAF6E.jpg



ベガ・シシリアはスペインリベラ・デル・デュエロにある老舗のワイナリーです
ワインが世界的に人気になるずっと前から、スペイン最高峰の赤ワインを作って来ました

今時のウニコの値段、びっくりですよ
20年前と比べてはいけないとは思うものの、高くなりましたー

20年前でも2.3万してましたので、
これはスペイン国内で流通してたワインの価格を考えると、とんでもない高額ワインだった訳です

てんちょ、2002年くらいにマドリードのレストランで8000円くらいのワイン(確かペスケラ)を頼んだだけで、カマレロが3回くらい聞き直してきました
「本当にこれ飲むのか?」って
そんなにお金なさそうに見えたのかねぇ(きっと違いますが)
当時のマドリードの方々は、毎日お水みたいに飲むワインに高いお金を出す、っていう気持ちがなかったのでしょうね、
日本の昔のお茶やお水と同じです

そんなかつてのスペインでした。
今では、プリオラートリオハなど新しく人気で高額のワインもありますが、それを差し置いてもベガ・シシリアはスペインでは文句なしの一等賞、エースです

蔵のトップはウニコ

ウニコには2つあって、
一つが、レゼルヴァ・エスペシアルというNVのブレンドタイプ、
もう一つが、シングルヴィンテージ物です。
こんなの ↓

ウニコmedias.jpg

ミツクラにもありますよ、マグナム
過去のブログに書きましたが、まだ売れておりません ↓
https://cave-mitsukura.seesaa.net/archives/20181008-1.html

姉妹ワイナリーもマカンも紹介しましたね ↓
(ワインはマカン・クラシコ)
https://cave-mitsukura.seesaa.net/article/459191549.html


ベガ・シシリアとしてのワインは上記の2つのウニコと今日のバルブエナの3種類だけです
隣にこれまた姉妹ワイナリーのアリオンがあってブドウ畑は共有していますが、ベガ・シシリアのワインは3つのみ。

ベガ・シシリアの歴史は19世紀に遡るのですが、バルブエナの初ヴィンテージは1915年らしい。
それ以前のワインは、1890年からボデガス・レカンダの名前で売られていた記録がありますが、詳しいセパージュなどは不明。

ワイナリーの名前の一部であるベガとは、スペイン語で氾濫原を意味し、森林のない低地でありながら、デュエロ川の恩恵で豊かな土地になった場所を差しています。
バルブエナはバヤドリッドにある町の名前です。
140haも広がる石灰岩の大地が、このワインに大きく貢献しています


今日のバルブエナは熟成を5年経てから出荷されるのでNO.5という番号が付いています
確かこの番号、昔は無かったと思う。

発酵はサーマルジャケット付きのステンレスタンクで行い、天然酵母だけを使用します。
その後、2万リットルの木桶に移されワインを落ち着かせ、更に225リットルの新樽に移して18ヶ月前後熟成させます。
これで終わらず、更に新樽でない樽で3ヶ月熟成。

何回移し替えてるんだー

で、瓶詰めした後も更に2〜3年置いてからようやく出荷です。

蔵では飲み頃のワインをリリースする事を重視、それで上記の様な長い過程を経ているんです
すぐにお金に変える事よりも大事なことがあるって訳です。


で、この貴重なバーティカルセット、発売とほぼ同時に完売してしまい、弊店でも2セットしか買えませんでした
買ってくださったお客様が、「とても美味しかったからもう一度買いたい」と言ってくださいました

セパージュは、ティント・フィノ(テンプラニーリョ)95%、メルロー5%
現行ヴィンテージは2015、14も買えますが13は既に完売。

中に入ってる冊子には丁寧に各ヴィンテージの説明書きがあります

EA2CE30F-5380-47C4-BFAD-1FF03F77BE5C.jpg

538AA3C6-D408-4B5D-9918-B8662B25E811.jpg

簡単に書いておきます。

2006年
暑い夏で9月上旬から収穫開始、古典的なヴィンテージ、熟成させてから飲むべし
2007年
例年よりも涼しい夏で収穫も10月と遅め、シビアなヴィンテージ
2008年
乾燥した暑い夏の後で急激に冷えた9月が来た、収穫は10月10日開始、控えめなヴィンテージ
2009年
春の霜害が心配された年、夏は昼夜で寒暖差が大きくいいブドウになった、突出した傑作のヴィンテージ
2010年
5月の霜でやや成長が遅れたものの夏には回復、バランスが取れた素晴らしいヴィンテージ
2011年
夏の暑さでブドウが文句のない成熟を遂げた、バランスが良く力強いヴィンテージ

2013年
春が遅くゆっくりした成長でしたが夏の暑さで一気に回復、凝縮したヴィンテージ
(輸入元資料より)

12がなくて、またもやロイヤルストレートフラッシュを逃してしまった
こういうパターン多い

10年以上熟成してるワイン達、きっといい香りがするでしょう
飲み頃のワインの一番の魅力は香りですよ

若いワインにはないあの香り、ブケと言うあれですね。
期待したい
お料理も大事、だけどまずはワインかな

バルブエナ2014、店頭にもあります〜














posted by cave MITSUKURA at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

ガメイも好き


晴天続きの名古屋ですが、気温は流石に少し低め
もう12月ですもんね。


昨日のブルゴーニュワイン試飲・販売会では参加者の皆様に楽しんでいただけて嬉しいです

D34D4391-952C-4435-BC45-1B20705D64CE.jpg
ありがとうございました。
満席で諦めた方には申し訳ありませんでした。

てんちょはポンソが一番好きでした

来年も何か小規模でもイベントやれたらなーと思っております



昨日のおまけのワインを紹介します
ただし、買えませんが(すいません)

armand-heitz-2020-beaujolais-nouveau_295x.jpg

アルマン・ハイツ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2020

既に発売になったボジョレー・ヌーヴォーです。
これはヴィラージュ(収量などの規制が厳しい)
今年の分はもう買えませんので、来年の参考にしてください

意外に皆さん、知らないみたいだったので紹介します

アルマン・ハイツはブルゴーニュ、シャサーニュ・モンラッシェのドメーヌ・ハイツ・ロシャルデの2代目です。

それ以前、元々ボーヌでワイン商を営んでいたロシャルデ家が1857年にフィロキセラでブドウ栽培が出来なくなった畑を購入した事に起源を持っています。
その後、1983年に婚姻によってハイツ家の名前が加わり、ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデとなりました。
なので、畑の取得から数えると現当主のアルマン氏は4代目です。

こんな若い方です ↓

アルマン・ハイツHL.jpg
爽やか〜

ドメーヌはシャサーニュ・モンラッシェにあり、グランクリュのシュヴァリエ・モンラッシェを筆頭にムルソーやポマール、ヴォルネイなどを生産しています。
さらにサントーバンやシャロネーズにも畑があり、少量ですがクレマンも人気があります

アルマン・ハイツvolnay-vigne-drone-vue-chemin_1728x.jpg
HPより、ヴォルネイらしい

栽培はサステイナブル農法と再生農業、出来るだけ人工物や人の手が入らないようにしています。

「ワイナリーでするべき最高の仕事は椅子に座って何も干渉しない事」
というアンリ・ジャイエの言葉がHPにも載っています。
それだけ、畑でのブドウの出来が重要だという事ですね

アルマン氏は当初からビオディナミでブドウ畑を維持する事を決めていたそうで、2013年に自分の初めてのワインをリリースすると途端に評判になりました
毎年、新しいワインを出すたびにファンが増えていますが、生産量がそんなに多くないので割り当ての高値の花になりつつあるのが残念です

ミツクラの店頭に来た昨年のコラボワインもすぐに売り切れてしまいました。
若いアルマンさん、色んな事がやってみたいんでしょうね〜


で、今日のヌーボーなんですが、2018年アルマン氏は義理の兄と共にジュリエナに畑を持ちました
(義兄はドメーヌ・ラ・コンブ・ヴィヌーズという蔵を持っています)

ジュリエナはクリュ・ボジョレーと呼ばれる、ボジョレーでも北にある畑で、10個の独自のAOCを名乗る事が出来る村の一つです。
10の内、最も北にあるのがサンタムール、その南に続くのがジュリエナです
(10のクリュ・ボジョレー、北から言えますか?)

価格の高騰や、栽培の限界など様々な理由で、コート・ドールからマコンやボジョレーへ進出するドメーヌは多いですね
名声のあるドメーヌの進出で注目されるのはいい事ですが、あんまり過剰にならないでほしいかも。

そして、今年初めて、そのジュリエナのガメイを使ってボジョレー・ヌーヴォーを作ったんです
それが今日のワインです。

マセラシオンカルボニックで作られたこのヌーボーですが、元々アルマン氏は全房発酵を行っていますので違和感なく取り組めたでしょうね

今年飲んでみた2020年のヌーボーでは最も優しく軽やかです

色も黒くない。
透明度も高め。
香りもイチゴっぽいフルーティさが前面に出てます。
味わいもエレガントです、口の中でもイチゴキャンディな香りが抜けていきますね〜

自然な美味しさでピュアですよ

今年の凝縮したヌーボーも全部美味しかったですが(固くないし)、これもいいですね
ジャドやドミニク・ローランとは対極のスタイルだけど。
(とは言え、どっちも良いですよ、本当に)

参考上代は4400円、高い?安い??

来年までゆっくり考えよう〜











posted by cave MITSUKURA at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

11月はブログさぼろう


明け方、寒くて目が覚めました
来週はもう12月ですもんね、それなりに寒いのは当然か。


暫くブログ書いてませんでしたが、一度書いたものが消えちゃって…
それで間が空いたのです
同じ事書く気がしなくて

そして、これと言って紹介したワインが無い…
こんなにワインあるんですけど



明日はブルゴーニュ試飲・販売会です。
感染防止に努めてっささっと終わらせたいと思っております
posted by cave MITSUKURA at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

良くなったかな


今日は風がちょっと冷たい名古屋です

この3連休で行楽地の人出は相当多いみたいですね
テレビ見てるだけでもあちこち人だらけ。


そう言えば、お気づきの方も多いと思いますが、
少し前にHPのデザインやイベント欄等、改正いたしました

ずーっと直したいなと思っていたのですが、ようやく着手。
特にイベント欄は写真が載って、以前の記事も見やすくなってます
あと少し改正したいことがあって、それが出来たら完璧です

もしかして、どこが変わったのか分からないって方、います??





posted by cave MITSUKURA at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

お肉焼いて〜


今日は少し風が冷たい、お店の前が落ち葉だらけ

今日から3連休ですが、外出には十分お気をつけてください〜



19日木曜のボジョレー・ヌーヴォー他新酒の試飲会は、いつもよりかなり小規模ではありましたがご来店いただいた皆様ありがとうございました
久しぶりにお顔を拝見できたお客様もいて嬉しいです。
店頭にはあと少しだけヌーボーございます
残り3本。

って、書いてるとこで全部売切れました


SNSなど見てて、ちょっと気になるんですけど…
この時期、ボジョレー・ヌーヴォーを飲んだ、買ったという時に「ボジョレー」って言ってる方が非常に多い
まぁ、時期が時期なんで通じますけど。

略すなら「ヌーボー」って言った方が良いと個人的には思います。

ボジョレーにはヌーボーでない普通のワインがある訳ですから
特に販売する側や飲食店の従業員がこうした表現を使ってるのは残念な気もする。

「ボジョレーください」って言われてシェナとか売ったら「違う」って言われるんですかねぇ

こういうの、サンテミリオンの「クラッセ」と同じくらい、浸透しませんな
↑ ボルドー右岸の格付けがちゃんと分かってる人は意外と少ない。




では、サンテミリオンを紹介します

22A7ECA7-9888-4EE4-AAAE-7695D1F6163B.jpg

シャトー・クロ・サンテミリオン・フィリップ
サンテミリオン・グランクリュ2016

サンテミリオン・グランクリュ キュヴェ111 2011

同じシャトーの二つのワインです。
右がスタンダードで、メルロー80%、カベルネフラン2%
キュヴェ111はメルロー99%、フラン1%

もちろんどちらも赤ワインです、フルボディですがエレガントですよ
サンテミリオンは隣のポムロルと同様に赤しか名乗れないアペラシオンです。
(ここで白ワインを作るとただのボルドー・ブランになってしまうのですが、そうしたワインだとモンブスケがありますね)

随分前にも07を仕入れた事がありますが、今回久しぶりに再入荷です

二つのワインはキュヴェ違いですが、どちらも「サンテミリオン・グランクリュ」です
サンテミリオンのグランクリュは申請すればほとんどが通る収量制限があるだけの名称です。
なので正直そんなに有難みがない。

この上のクラスである、
グランクリュ・クラッセ
プルミエ・グランクリュ・クラッセA・B
に入るには大変な努力が必要でしょうが、ただのグランクリュだとそんなに難しくないのです。

↑ これ大事

それを知らずに、
「わー、グランクリュだって、すごいね」となってるお客様もいるでしょうけど、
(すごくないとは言いませんが)思ってるのとはきっと違う、であろう内容

お気をつけあそばせ



シャトーはサンテミリオンの南端、リブルヌに近い場所にあります。
ここ ↓

クロ・サンテミリオン・フィリップ.png

ほんとギリギリ。

ワイナリーは現在4代目のご夫妻とそのお子さんで経営されています。
畑は8.19haのやや小さめシャトーですが、樹齢100年越えの素晴らしいメルローがあります

クロ・サンテミリオン・フィリップmage.jpg

それが写真の右のボトルです

67E5CAD3-2D03-48FD-B01B-414F1107F9C8.jpg

キュヴェの後の数字はブドウの平均樹齢を表しています

2001年にキュベ101を発売したのが始まりで、2002年にはキュベ102トなってゆき、
2011年で111なのです

黒いラベルですし、パワフルそうなんですが、そこまで強くありません
とても丸いボディに長い余韻、香りもベリーやチョコに少しスパイスが入ってる感じです。
ニューワールド程の果実味ではありませんが、嫌いな人はまずいないであろう味と香り

著名な格付けシャトーでなくてもとても美味しいです

焼肉屋さんやステーキハウスに置いて欲しいですね〜
やっぱこれはお肉です













posted by cave MITSUKURA at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

昼から試飲

暑い‼️
今朝は雨が降ったようで驚きました。
そのせいか、とても蒸し暑い名古屋です🌀



ボジョレーヌーボー他試飲始まってます⭐️

7501813F-AF12-4D57-88EA-00BC44556001.jpg

今年は全部、外観が黒く濃いのですが、味わいはまろやかです‼️
やはり、定点観測は有意義です⭐️

マコンのコクは今年も健在♥️


posted by cave MITSUKURA at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

2020年プリムール出揃いました


今年は寒くなるのが早いと思っていましたが、ここへ来て暖かい日が続いていますね

久屋大通公園の芝生で日向ぼっこしてる方も多そう、お店よりも緑を増やせばいいのにな
地下の新しい青果店の混みようにはドン引きですが… 初日なんて100人位かご持ってた
(あの辺りは生鮮食品が買えるお店が少ないので、丸栄の地下2階が無くなって悲しい)



29日、ブルゴーニュ試飲・販売会のワインはこれです

D34D4391-952C-4435-BC45-1B20705D64CE.jpg

早々と満席になってしまいすみません…



新酒が入荷してきてますが、販売は19日木曜からです
ホイリゲはもう売ってます。

パカレ、ルイ・ジャド マコン、など予約でほとんど売れてしまい、試飲の1本を確保すると…
販売があと1本しかない物もありますので、買いたい方はお早めにご来店ください

試飲は定番の8本に、飛び入りのドミニク・ローランを入れて9種類です

D3F4EE28-E3A5-444B-9817-0CB204ABE9FD.jpg

今年もマコンが良い色してます
ジャドのノンフィルターは流石の醸し(マセラシオンカルボニックではなく普通に作ってます)で、色が濃そう

明後日が楽しみです



昨日も今日は色々追われる仕事が多くて、あっという間に一日終わりなってしまった
もうヌーボー終わるまでちゃんとした記事か書けないかもしれません

posted by cave MITSUKURA at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

オリジンワイン


いかん、29日のワインの写真撮るの忘れました
撮りました(16日加筆) ↓

D49726A7-7103-4B62-BF25-F1BE30EB2146.jpg


ブルゴーニュで毎年開催されるオスピス・ド・ボーヌの競売を含む栄光の3日間のイベントが全て、コロナの影響でキャンセルになったそうです
フランスはロックダウン中ですし、仕方ないでしょうか…

去年の試飲と競売の様子 ↓

66187C5C-CDDD-4C72-901B-88B5BFFB48A0.jpg

9CAF37AE-4FBE-4DFF-9B37-849F63B62BDA.jpg
vin de bourgogne SNSより

1853年から行われている(51年や59年という説もあるらしい)このチャリティオークション、過去にオスピスの競売がなかった年と言えば、最近では68年かな
この時はあまりに気象が良くなくて、雨続きの年でした。
ワインの出来がダメダメだったから…という恐るべき理由です
(過去には戦争で開催のない年もありました)

68年生まれの皆様、ブルゴーニュはドボンですが、バローロやポートがありますから
てんちょの生まれ年もフランスでは比較的ドボンの年です…




オリンピックの開催も確実とは言えないままですが、先日金融機関で記念硬貨の両替を勧められました

6EC9A30D-5DAF-43CE-A200-FFA8A3A3DF93.jpg

3D88BFBD-389D-4BF9-99EB-6AEA26543B36.jpg
500年玉で2種類、風神雷神です

どちらが表なんでしたっけ??
綺麗だとなんだかおもちゃみたいですね

普通にお店でお釣りに使います〜
券売機とか自販機に入るのかな??



では、オスピスにもオリンピックにも無関係ですが、スターなワインを紹介します

NV_Rubicon_340x740.png

イングルヌック ルビコン2016

店頭にあるのですが、HPから写真を拝借しました。

このワイン、ご存知でしょうか?
今の名声もさることながら、このワインの持つ歴史や背景を知る事はカリフォルニアワインの発展に欠かせない要素かもしれません

カッコいい紋章ですよね??
何か、フリーメイソンぽく見えるのは私だけ??

カリフォルニア、ナパを代表する高級・銘醸ワインです
カベルネソーヴィニヨン93%、カベルネフラン7%(vintageにより変動します)

一時は消滅したこのワイナリーは、映画監督のフランシス・フォード・コッポラによって復活しました

カリフォルニアで高級ワインを作る人たちは他業種で成功した大金持ちが多く、トロフィー的なイメージでワイナリーを持つんですが、
(不動産王のハーラン、スケアクロウも映画会社MGMの一族)皆さん、志と理想がしっかりしていて素晴らしい
コッポラ監督ももちろん映画で大成功したお金持ちなわけで、今では沢山のワイナリー、ブランドを持っていますが、
やはりカリフォルニアワインに貢献したい、アメリカの新しい産業と歴史にできる事をしたいという情熱がある人です


イングルヌックは船乗りとして船長にまでなったフィンランド人のギュスターヴ・ニーバウムが1879年に作ったワリナリーです

ニーバウムはロシア・アラスカ航路の船長としてベーリング海峡を越えて、アメリカに購入されたアラスカで事業を始めます。
毛皮で稼いだ沢山の財産をもってカリフォルニアへ移住し、アラスカと外国の貿易会社を持ち更に富みを蓄えた成功者となりました。
そのお金でワイナリーを作る夢を実現したのが1879年。

その少し前、ナパには最初の入植者となるジョージ・ヨントがラザフォードの隣に土地を購入しています
この頃の人物は現在でも区画や土地に名前を残す人が多い。
イングルヌックの畑もまさにそうした「コージーコーナー」にあったのを、ニーバウムが農場ごと購入したのがワイナリーの始まりです
ワインはすぐに評判となり、カリフォルニアワインの先駆者としてとても高い評価を受けます。
(スタッグスリープがここから樽を購入していたり)

その後も順調に評判を高めたイングルヌックなんですが…

1906年に起こった西海岸の大地震でアラスカの事業所を含めて、ワリナリーもかなりの損害を受けてしまいました
その2年後にギュスターヴは逝去、禁酒法の時代が来てワイナリーは苦境に陥ります。
息子たちが注いだイングルヌックですが、評価は高いものの財政難のせいで、ついに1964年に身売りします。

その後、イングルヌックの名前は大量生産のジャグワインとなってしまう、という悲劇が

てんちょ、この業界に入る前にイングルヌックのワインを知ってましたけど、正直言って「安いけど不味いワイン」だと思ってました
イングルヌックと聞いて、安物なイメージしかありませんでしたので、歴史を知って驚きました
しかも、その後にワインに造詣の深いお客様に60年代のイングルヌックを飲ませてもらったのですが、熟成してても美味しくて感動しました
何で、あんなふうになっちゃんたんだろう…ってくらいに違ってました

で、75年に今のオーナであるコッポラ監督に買われたんです。
こっから復活が始まります

イングルヌック.png
HPより、以下同様

地震を免れて残った少ない建物。

コッポラ監督の下では、1978年には最初のルビコンが作られています
ボルドーブレンドのこのワインは、カエサルの渡ったルビコン川に因んで名づけられています。
元老院の脅しに屈せず自分の意思を貫いたカエサルに尊敬の気持ちを込めて、革新のワインとして発売されました。

毎年、所有する畑の中で最上の区画を選別、ブドウも吟味した物だけを使用するという、特に拘ったワインです

今では近代的なセラーを備えたすごい蔵になっています ↓

イングルヌック1.png

このワイン、お値段は結構ご立派(諭吉さん3人以上は必要)です
しかし、西海岸を語る上で絶対に避けては通れない重要なワインでもあるんです。

これを飲まずしてカリフォルニアワインのコンプリートはあり得ません

アルティメットにどうですか??














posted by cave MITSUKURA at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする